2017年09月18日

夏の出来事

0917pool.jpg


「狡知にたけたネコ型生命ケアル・・」そこで少し笑ってしまうのだが、ふと「オールタイム・ベスト級の傑作宇宙SF」という惹句にひかれて手にする。
名作傑作という言葉に弱いのだ。
だからむやみにそんなことを言ってもらっては困る。
そんな傑作だったのなら若いころ読んでいてもおかしくなかったのだが、1964年刊のA.E.ヴァン・ヴォークトの『宇宙船ビーグル号の冒険』
もちろん私が当時中学生のころなら(1970年代か)楽しく読めたかもしれないが、今となっては難しい。
50ページで止める。
オールタイム・ベスト級ではない。

最近つくづく思うのだが、よいものは時代を超える。
その時代だけに輝きを放つものは単なる流行である。
それが悪いとということではない。
そういう事なのだ。

時代を超えるものってそうそうはない。

レコードクラブで委員長が持ってきたLP、ビートルズの『ラバーソウル』を聴きぶっ飛ぶ。
改めてビートルズの凄さを知ることになる。
今だから余計に感じることがある。
ジャケット写真の良さ。
モノラル録音の素晴らしさ。
ステレオの方がいいと思い込んでいた私には目から鱗。
もちろん楽曲の素晴らしさ、曲順。
A面B面。
まさに名曲、傑作アルバム、名盤である。
さっそく同じものを購入聴いている。

これが1965年にはつばい発表されたもの。

まったく古くはない。

むしろ輝きは増していると言っていい。

わたしは子供のころ、ロックを聴きながら自分も大人になったら演歌やジャズが好きになるのだろうか?と思っていた。
そうじゃないんだね。
演歌が好きな人は最初から好きなのだ。
わたしは未だに演歌や「日本人が好きなジャズ」が好きにはなれない。

話はそれたがオールタイムベスト級というのは、そういう時に使う言葉である。

『この世の春 上下』宮部みゆき
期待はずれ。
なんというか物語が平板。
作者ならもっとうまく出来るだろうに、と思うのだが。
新潮社の売り方にも問題あり。
装丁もだめ。
(60点)

『フロスト始末 上下』R.D.ウィングフィールド
この本の出版を何年待っていたことだろう。
著者は2007年この本が出版される前に亡くなっている。
だからもうこの作者のフロストシリーズは読むことができない。
ただ遺族の許可を得てジェームス・ヘンリーという作家が、シリーズを再開したという朗報もある。
シリーズ全編無類の傑作。
笑いし、涙し、少し寂しく、哀しい。
また時間があれば読み直すことにしよう。
(あえて100点、点が付けられないのだ!)


この夏何をしたのか思い出せないくらい忙しかった。

一反の畑を鍬一本で耕し、その他の事情で両腕を壊しカメラを持つのも苦しい。
左足中指は床の箱にぶつけヒビが入る。
放置しているがそろそろ治るはずである。
靴を履くとまだ痛みが・・・ヒビが入ってからは3度革靴を履いただけ。
あとは全てスリッパ。
8月お盆過ぎについに大型プリンターを導入。
A0でスタジオに写真を飾ると自分の写真が見えてくる。
8月下旬にTV局の突撃取材があり、9月に入ってもカフェは忙しい。
でもこの台風の後は落ち着いてくるんじゃないだろうか。

あと何があったんだろう?

そうそうHanakoというそれなりに名前の知られた雑誌の表紙にかき氷の写真が載る。
娘が見つけ「これウチの器じゃない?」と怒る。
そこに載った器は紛れもなく私の器だ。
正確にいうと、私とミチエ〜ルが高知在住の作家さんに頼んで制作してもらったラフディップオリジナルのかき氷用の器なのだ。
もちろん載っているのは、他のかき氷屋さんのオリジナルの器としてなのだ。
その新参もののかき氷屋は、そうそうたるかき氷さんと並び、主役で特集されている。
ちょっとおかしいんじゃないの?って話だが、まあいい。
事情はここに書くと長い話になるので割愛。

ウチはすでに県内では、かき氷屋と認知されてしまったけど、そうじゃない。
ラフディップは写真スタジオでそこに併設されているカフェのかき氷が少し有名になったというだけである。
あくまで、かき氷屋さんではない。

写真もかき氷も作るならオリジナルなものを目指しているだけである。


夏は過ぎてまた新しい季節がやってくる。

カフェの方も客層が代わり、ゆっくりしたいお客さんが帰ってくる。
本来のカフェに戻ってくる。
ところがミチエ〜ルは次々に新しいかき氷のアイディアが浮かんでくるようになったらしい。
オリジナル限定かき氷が順番待ちである。
その中には究極の(私が今まで食べ歩いた中で一番美味しいってだけですが)お茶かき氷が入ってます。

ますますかき氷屋専門店と思われるラフディップ、ではある・・・(^−^i)

posted by tadakov at 04:17| 高知 ☔| Comment(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

過ぎたるは・・・

0817hands.jpg


朝8時事務所に電話がかかってくる。

「今日は氷屋さんは、やっていますか?」

11時オープン前に列が出来、ラストオーダー17時30分まで満席行列。

氷屋さんではないのだが、否定しても現状が許さない。


いつの間にか待ち遠しかった夏は怒涛の夏となり、疲れ切って過ぎてゆく。

何事も限度を超えると・・・喜びからは遠ざかる。

幸いにも今年の夏は、まだいる感じがする。

秋の気配はまだしない。


なんとか夏を満喫したいのにカフェに釘付け。

唯一それなりに時間がもてた夏が、なんでこんなことになってしまったのか。

そんなつもりじゃなかったと愚痴を言わず、短い夏を何とかしなきゃいけない。

両手は腱鞘炎、左足中指はヒビ。


今日は大型プリンターが搬入されてくる。

気分を変えて

がんばろう・・・




posted by tadakov at 08:26| 高知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

夏の消毒

0802heli.jpg



朝6時過ぎヘリの音に起こされる


今年もそんな時期になり


そしてまた過ぎていく。
posted by tadakov at 08:37| 高知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

サマースクール

0801hanabi02.jpg


去年うっかり撮り逃がした行事に行く。

暑い。

そして蚊がいっぱいいたこと。

滅多に蚊に刺されることはないのだが、いやあもう、群がってくるという感じで大変だった。

火の撮影は好きだ。

一瞬の光。

同じものは決してない。

怖くて美しい。

posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

巣立ち

0731tsubame.jpg


あさ巣を見上げたら子ツバメたちの姿がない。

昨日まで6羽のツバメが窮屈そうに巣から顔やお尻を出していたのに・・・

夕方巣の隣にある庇を見てみると雨の中2羽のツバメが。

子燕か?


スタジオを建てて5年目やっとツバメが巣をかけてくれて巣立ってくれた。


いいことあるかも。
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

物部川河畔にて

0730yosikawa.jpg


去年は夏らしい夏ではなかったと記憶している。
今年は間違いなく「夏」だ。
ただ梅雨明け宣言以来、夏というより、空梅雨のような天気。
蒸し暑い。

それはそうとしてやはり夏は花火を一回は見なきゃ気分は出ない・・・
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

川上さまの夜

0727kawakamisama02.jpg

景気のいいひとがいるのだろうか?
それともそれだけ重い願いがあるのだろうか?


0727kawakamisama.jpg

出店は、スタッフの都合がつかず断念。
もう一つカキ氷屋さんが出るらしいから(うちが出なくても)いいだろうと思っていたら、そのお店も当日キャンセルだったそう。
本業を置いて出るのはなかなか大変。
今年はのど自慢大会が無くなって少し静かな夏祭り。
ちよさんは占いをやっていた。
いい本のチョイス。


0727kawakamisama03.jpg

店が賑わうのは悪くないが連日の疲れが取れない。
夜の国道わきをとぼとぼととカメラを抱え帰る。

撮りたいと思う光景がそこここに、三脚が欲しかった・・・




posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

マナーモード

0708star.jpg


ここ一月ばかり週末になると徳島市に出向いて撮影していた。

昨日はバレーボールやフットサルの試合。

観戦に来ているわけではないが、バレーボールの試合は見ていて面白い。
とくに女子の試合はラリーが続く。

前方で高級な望遠レンズを構え撮っている男が一人。
なかなか熱心に撮影している。
私の担当大学の選手のみを撮影している。
しかしよく見ると少々スポーツ撮影にしてはオカシイのだ。
シャッターを切るタイミングが、変。
そして全て縦位置で撮影。
なんかポートレート撮影というか、盗み撮りみたいだ。

基本動きのあるスポーツ撮影で縦写真はない。
私の担当大学には確かに俗にいう可愛い選手が何名かいるのだ。
写している写真を確認したわけではないので誰をどんなふうに撮っているのかは分からないが
撮ってる感じで自ずと撮れているであろう写真は分かるのだ。
そこまでは許そう。
個人の趣味ということで・・・

しかし途中から気持ちが入ってしまっているのか、観客席から仁王立ちで撮影している。
じゃまなのだ。
見ている人にも目障りだし、私にとっては障害物。

1セット終わり2セット目、ついに私の我慢の糸も切れて注意させてもらいました。

そういうヤカラを二人ほど優しく注意して排除いたしました(^−^)


最近ミチエ〜ルに「どう見てもアンタの顔は堅気のひとには見えんで・・・」と注意されるほどの面構えになっている私・・・言うことを素直に聞いてくれる人たちで助かりました。

人のふり見て我がふり直せで、私自身も日ごろから注意せねばと考えた次第でありました。

posted by tadakov at 15:28| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

バーチャルひこ星

0707planet.jpg



手作りプラネタリウムで星空。

織姫見えず。
posted by tadakov at 07:44| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

ホウネンエビ

0607honenebi.jpg


今日から梅雨入りだそうである。

最近早朝畑に植えた苗に水をやるのが日課とかしていた私には恵みの雨。

これで適度に降ってくれればありがたいが、そうもいくまい。


さて今頃の季節よく田んぼに「今年もホウネンエビが・・・」などというニュースを聞くものだが、本当に見たことはない。

近所でも生まれてこの方聞いたこともない(70越えのおふくろに聞いても知らないと言う)。

それがうちの田んぼに沸いているのだ。

20mmほどの大きさ。

足を波打たせながら逆さに泳ぐ。

なかなか癒されるのだ。

教えてくれた人によると去年もいたらしい。

なんかレンゲの種をまいておくとそれに卵が混じっていることがあることのこと。

昔は当たり前だったが近年レンゲを撒くところも珍しいのだ。


写真に撮ったのはメスでよく見ると卵を持っている。

posted by tadakov at 12:37| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする