2020年05月14日

ピンチはチャンス

0515hara.jpg



明るい話題はどこにもない。
バアちゃんに教わって草刈り機を操作していると
久しぶりにお世話になっている美容室の大先生がふらっとカフェにやってくる。
訊けばウェディング業界は壊滅的なことになっている。

今日一件フォトウェディングが決まり、お客さんに6月のカレンダーを見せると何も書かれていない。
正確には4件書かれていた撮影も消されている。
写真の収入はほとんどなくなっていると考えてよい。
撮影日が決まり衣裳屋に電話すると休業しているのだ。
これは本当に驚く。
しかし結婚式が無くなっているのだからレンタル店も休みなのだ。

銀行に融資を頼んでいるがいくら借りられるだろうか?

一年後は見える風景が全く変わっているだろうか。
私は台風がやってくればわくわくするタイプだ。
どうせ一度の人生である。
試されてやろう。
posted by tadakov at 00:00| 高知 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

種まき

0513roma.jpg

昨年の12月末ローマを訪問した。
見学者でびっしりだったヴァチカン美術館の中でもマスクをしていた人は記憶にない。
こんな景色が見れたのは最後かもしれない。




これから仕事をどういう風にやっていくか、考えなくてはいけない。

少なくとも今までの延長は終わった。

昨年から始動していた事業を本格的に始めなくてはいけない。

朝8時からバアちゃん、新入社員ケータ(ラフディップ初めての男性社員)と畑仕事。

畝を作ってビニールマルチを張り種植え。

夕方は一人で山下の去年栗の木を植えた畑を鍬で耕しに行く。

10m足らずの畝を作っただけなのに体はバリバリである。




posted by tadakov at 00:00| 高知 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

日日是猫猫

0512cat.jpg


不評に終わった「春の階」展(本当に世の中暗くなり)密かにスタジオの店内は『日日是猫猫』展になっている。

ついにやっちまった猫写真展を(^−^i)世の中に癒しというより、まず自分たちに、少なくともミチエ〜ルと私自身が少し

癒されなくてはと、猫にした。

じわじわとこの20年間の武内家の猫をオンパレードする予定。




前日うちに2年前から岸豆を入れてくれている〇松さんが種を持ってきてくれた。

今年の分の種を撒いたということで朝ミチエ〜ルと見せてもらいに行く。

posted by tadakov at 00:00| 高知 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

誤解ハレルヤ!

0422kariyagano.jpg




前日の日記「いやなこと」に書かれていたことを訂正しておかねばならない。

連絡のつかなったテイクアウト弁当の件は思わぬことで解決した。

偶然、誤解はこんなことから生まれるのかと笑ってしまった。

内容は書けないので、事故でもなんでもなかった(ある意味事故だが)と訂正しておく。


ただいろいろ大変なことになっていることは、相変わらずである。



カフェをテイクアウトのみでやっているが、窮状を察して常連さんが次々来てくれている。

ありがたいことだ。
posted by tadakov at 00:01| 高知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月26日

いやなこと

0423yamanokami.jpg




三脚を立てて撮る撮影がいやだ。

そもそも写真を撮るという行為が好きでないのかもしれない。

素敵な場面に出合えた時、瞼でシャッターが切れれば最高だ。

カメラを持ち歩くのも嫌だ。

そんなだから三脚を立ててとるのが嫌なのだ。

そもそも三脚を立てなければいけない場所は、手持ちでは撮れない状況、そのうえ三脚が立てづらい場所だったりする。

もちろん自分がカメラを据えつけたい場所に置くことも簡単ではない。

だから嫌だ。

楽しくないし、そんなことしているうちに当初の感動はだんだん薄れていく。

面白くない。




0425sugi.jpg




歩いて15分直線距離ならスタジオから300mほどの山の中、数日前に驚いたので三脚を担いで行った。

別段面白い写真が撮れるわけではない。

二度目の感動は薄い(〜=〜)

超広角レンズが嫌で持っていかなかったので新たに見つけたシダの原が撮れず。

そもそもネイチャーを取るつもりはないと自分を騙す。



:::::::::::::::::



このご時世。

夜テイクアウトで頑張っている店に電話をかけ弁当予約。

1時間後に行くと、店はもぬけの殻。

連絡先のケータイもつながらず・・・事件か事故か夜逃げか?

そもそも電話の応対が不自然であったのが気にかかる。


世の中は、そんなことになっている。

posted by tadakov at 10:57| 高知 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月21日

本『新型コロナ・・・真実』の真実

0420persimmon_tree.jpg



夕方ミチエ〜ルと散歩するのが、日課になりつつある。

カメラを持って1時間ほど歩く。

今日はついでに毎年お茶を栽培してくれる方のところに伺う。






『新型コロナウイルスの真実』岩田健太郎 ベスト新書

コロナウイルスのことは、平易な文章で書いてありよく理解できた。
個人がとりうる対策も納得。
ダイヤモンド・プリンセスで起こったことも良く分かった。
ただ日本政府の対策についてのところは、少し感え方が少し違った。
というより、少し気をつけなければいけないのは、この本は3月中旬以前に(おそらく3月初旬までに)書かれている。
後書きも3月23日だ。
3月24日にオリンピックの延期が表明され、感染者の数が全く異なって来ている。
東京がそれまで検査を抑えていたことは明白であり、爆発的に増えている現在でも検査を抑えていること。
岩田氏はまだ情報不足だったようだ。
また今の厚生省のデータを鵜呑みにしているところがる(矛盾を読み込んでいない)。
政治的なことに関心が高くなく、そのせいで現状分析が浅くなっている。
そして今はコロナそのものも大変であるが、それによる(ちゃんと対策をとらないことによる)経済的損失も無視出来なくなってきている。
悪夢は始まったばかりでこれからそれが現実になるのかもしれない。
                              
posted by tadakov at 02:36| 高知 ☁| Comment(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

ヴァイラスの真実

0420barking_dog.jpg



世界中で今まで見たことのない夢を見る人が増えていると言われているが、ご多分にもれず

自分も毎日新しい悪夢が見ることができている(^−^i)


むか〜し昔、自分が高知県展に出品し、初めて賞をいただいた作品が『終わりの始まり』というタイトルで、

意味が分からんと多くの人に言われました。

今だったら「そういう今だったのか⁉」と理解されるかも。



新型コロナウイルスの真実 (ベスト新書) - 岩田 健太郎
新型コロナウイルスの真実 (ベスト新書) - 岩田 健太郎


基本的コロナのお勉強です。











posted by tadakov at 16:04| 高知 ☁| Comment(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

2日続けて今まで見たことない夢を見た。

0417tonjo.jpg



大栃は頓定の枝垂れ桜を見に行く。

話には聞いていたが、初めて。

昨日行った旧知の写真クラブの方が、もう終わりだったと寄ってれる。




どうもオカシイと思っていたが、厚生省や東京都が出しているデータはデタラメらしい。


いやあ本当にヒドイ。


まったく現状が分からない。


未だに検査数を抑えている。


現実に目を閉ざしている。



posted by tadakov at 23:51| 高知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

比べるものじゃないもの

0410anger.jpg



夕方色々考えながら散歩。

同じ道を歩くのが嫌いで写真を撮りながら歩いていたら2時間もかかってしました。

最後は日が暮れてミチエ〜ルにピックアップしてもらう。




コロナ対策と経済対策ではない。

コロナ対策が、経済対策なのだ。

コロナを早く収束させることが、一番経済的損失を少なくできる。



posted by tadakov at 23:46| 高知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

花見

0407hanami.jpg



入学式撮影の後、峠を越えてミチエ〜ルと二人で花見をしていく。

偶然にも、櫻がキレイだったから、という知人とすれ違う。

人生で初めて就職したそうだ(それまではずっと稼業)。

顔が輝いていた。


見渡す限り誰もいない。

時折豆粒のような人を見つけ、あれは人か地蔵か、男か女かなどとミチエ〜ルと想像する。

一時間余りのなか、ジョギングをする人が一人、犬を散歩させる人が一人。

今年は会社での花見はなし。





首相の会見を見、嗚呼終わったなと思う。

そして終わりのない戦いが始まるのだと改めて思う。

数か月後・・・終わってないだろうな、ピークも来てないかも。

世界は収束に向かっていても東京は。


久しぶりに東京の感染者数が2日続けて落ちた・・・ように見える。

なんか少し安心した人がいるかもしれないが、実は全く検査をしていない。

全国の検査数で4/3が4685名、4/4が3305名、何故か4/5が271名、4/6が218名・・・2日間で落ちるはずだ。

10分の1も検査していない。

緊急事態宣言に合わして落としたのか、アリエ〜ル。

そして今日宣言の日、過去最高のPCR検査数7876件の実施。

出てくる感染者数が、恐ろしい。

国民に意図的にショックを与えるためか。

これも意図的な検査数であろう。

もちろんこの検査数も公式に出ているものなので、「あてにならない」(^−^i)大事な数字はあてにならない国なのだ。

まあ一体、どういう国なんだろう。

普段イノチ、イノチと言っているくせに他人(自分以外の)生命など考えてない国なのだ(もちろん命より経済が大事だと考えている国である)。

世界の事例で分かる通り、コロナは自粛や要請では、治まってくれない。

また世界的統計の示す通り、先進国で突出して情が無く自分勝手な国である(日本がとっている統計ではないので信用できる)。

いま世界は「いったい日本は何をやっているんだろう?」と見ている。





posted by tadakov at 00:00| 高知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする