2011年03月31日

Hさんの依頼

0331lvh.jpg

「LVH」シリーズより


夕方コンビニのレジで幼い女の子が駄々をこねていた。

:::::::::::::::

何も買ってもらえず若いお母さんと車に乗り際に声が聞こえた。

母親「何が欲しかったの?」

子供「・・・」

母親「わかった、テリヤキプリンは今度ねわーい(嬉しい顔)




Hさんから数年ぶりに電話をもらった。

依頼は玄関にある犬の置物を撮って欲しいというのである。



前回Hさんと会ったのは3年ほど前かと思っていたらなんとexclamation&question5年が経っていた。

最初の親族写真の撮影からするとなんと7年近くがく〜(落胆した顔)

そもそもどうして私がHさんを撮ることになったのか?誰かの紹介だったか?
猫覚えてないのである。



訊けばHさんはもう80歳を超えたという。

詳しい内容はここでは語れないが、息子さんのために(自分では撮れないので)彼が好きだった犬の置物を撮ってほしい、という依頼であった。

今日6切りほどのプリントを4枚作って納品してくる。

三脚据えてレフかまして私にしてはきちっと撮った写真、3000円でいいと言ったら5000円包んでくれた。

ありがたくいただいて帰ってくる揺れるハート


人それぞれ違う人生がある。

ふとしたことでそれが交差するのである。

縁とは不思議なものだ。



またひょこっと忘れたころに電話をくれるかもしれない。

posted by tadakov at 23:58| 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

「私たち」の命よりも大事なもの

0327kinkodo02.JPG



いよいよふらふら逃げるは破局、進むも地獄という事態になってきた。

そして立ちすくんでいる間に相手も待っていてくれるかというと・・・爆弾


メディアが「心配ない」「ただちに健康に被害はない」を連呼している間に

私たちの首に回されている縄は、「彼らにとって想定外の最悪」に向かってゆっくりそして確実に締まっているようである。


枝野も東電のマチガイに憤慨しているようでは、今この状況にあってさえ当事者意識が欠如していると言わざるを得ないちっ(怒った顔)

この人たちは国民の運命を一企業に託してどういうつもりなのだろう。



初期の大きなミスを論っても何の意味もない今の状況になりましたので30kmの話はやめました。


福島第一原発で今現在作業している方には、今ここで何を言っても空々しく聞こえてしまうことでしょう。

政府は「要請」があったらなんてバカなことを言っている場合ではなくすぐに(すでに遅いがパンチ)自衛隊を投入すべきである。


なりふり構わずやるべき時ももうそんなに長くはない。

やがて奇跡を祈るしか道はなくなってくるのではないのだろうか?


私なんかは、誰も見ることの無いブログで吼えることしかできないことがモドカシイ。




米地質調査所のデータに基づいて、1973年以降に起きた約17万4000回のM4.4以上の地震の分布に、IAEAのデータに基づいて248カ所の原発サイトの立地を重ねたもの。地図はグーグル・マップを利用したインタラクティブなもので、青丸で示された原発サイトをクリックすると、そこの原発群の稼働中、建設中、閉鎖済などの基数が吹き出しで示されるようになっている

地震発生と原発の地図


「そもそも日本で原発を作っていいか」という問題になる。


私も無知だから今回改めて驚いたのだが、少なくとも世界で一番適さない地域ということである。

世界で唯一の被爆国と標榜するなら「核の平和利用」などという詭弁を使わず

原子力発電こそやめるべきでないだろうか?



青森六ヶ所村に直下型地震がきたら日本ではなく地球のの終わりになるという(実は今回もちょっと危なかったんだと思います)。

これに対して責任がもてる人間がいるとは思えない。


もちろんあそこは「安心」「安全」「今のところ健康に被害はない」などと言える人間がいたら・・・ゴルゴ13を雇うことになりますドコモ提供

posted by tadakov at 15:47| 高知 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

「直ちに」の本質

0327kinkodo555.JPG



初めに断って置かねばならないが、私は、何か不安を煽っているわけではない。

真実が知りたいだけである。

そしてみなさんもご存知のように頭も良くなければ、原発に対する知識も乏しい。


しかし物事を見る目は、それなりだと自負じている。

なぜなら物事を見る目がなければ、写真をとることができない。

作品を作るなんてことはできない。

写真を見るということは、それを見て感じるということである。

感じるには、写真を読んでいかなければならない。


あふれ出ている情報を思考停止して眺めているだけではだめなのである。

TVの一番いけないことは、思考停止してしまうことである。


話が長くなってしまったが、だから、その知識が無くてもNHKの水野だとか、山崎などというヤツなどが、言っていることが論理矛盾していることや、言わなければ言わないことを故意に黙っている、視聴者をミスリードするようなことをしゃべっていることが判る。

もちろん出てきている原子力推進論者の御用学者が、無茶苦茶な理論展開をしていることが気になるのだ。

だから信じれない。

事故が起こってから、その危険の基準を変えるなんて、やってはならないことである。

それももともと説明している学者自身が決めた基準である。

驚くことにマウグニチュード9.0も、ちゃんと計算してみたら9.0だったというのではない。

地震が発生し、原発事故が明らかになった時点で計算方法を変えたものである。

赤ちゃんが飲んでいい水の基準100ベクレルも今回変えたものである。

今までは成人の1/10が基準とされていた(今でも欧米はそうである)今回数日前に変更したものなのだ。

この事実1点をもってしても、オカシイ。

そしてそのことや、そのほかのこともマスコミが追求しない。


2日前だったろうか、どうしてこんな原発事故が起こっているのに、広島や長崎の学者が出てこないのだろうか?と素朴な疑問を持っていたら、やっとNHKのラジオに出てきていました。

最低むかっ(怒り)

論理矛盾もはなはだしい話を展開していました。

まず前半で「まったくもって心配ない、安全」を連呼します。

そして最後の方に「大変深刻な事態」だと小さく言います。


流石に言っていることが、ひどいのでキャスターが軽くツッコむと、苦し紛れに話をすり替えました。

それでもキャスターは、そこで質問をやめます。

どうみても正さなければいけない場面でちっ(怒った顔)


そんなことのオンパレードです。

TVもだんだん原発のことを取り上げなくなり、NHKが朝晩くらいたらーっ(汗)、なんか収束にお向かっているよぷな雰囲気を作っています。

まったく良い方向には進んでいません。

だって原発事故が始まっていらい、ずっと制御不能の状態じゃないですか。

どこに「終息」の兆しがあるのか。

ニュースの放送時間が終息傾向にあるだけじゃないですか?



もう一つ、犯人(嘘をつく側)の「データ」を信じてはいけません。

ここで言うのは、東電が発表するデータのことです。

彼らは都合の悪いデータは発表していません。


いま国やメディアは国民(特に子供たち)を見殺しにしようとしています。


ちなみに何で自民党が、菅(民主党)をやっつける絶好のチャンスなのに静かなのでしょう?

それは、原発を推進してきた連中だからです。




@広瀬隆&広川
音声が良くありませんが、とってもよく分かります。
特に後半の1時間は恐ろしい。
ところどころポーズしながら後ろに出てくる説明を読んで見てください。


A広瀬隆
よく分かります。
原子力発電が必要のないことも説明してくれています。
もちろん検証の必要もありますが、ただ「化石燃料がなくならない」少なくとも100年以上という話は私も最近聞きました。


B山下俊一
これは酷い。
言ってること、どれだけ矛盾しているか、ほとんど笑うしかないです。
悪の権化。
@の後半でこの男の正体を明かしてくれています。NHKの解説委員のことも。



広瀬隆さんが、途中、エキサイトして「馬鹿の枝野だ、学者だexclamation×2」と吠えます。

しかし彼がこれだけ危惧している、怒っているのがよく分かります。

私も同感です。



明日は今日書くつもりだった、「30km」の話だ〜exclamation×2わーい(嬉しい顔)








posted by tadakov at 23:07| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

灰色の日の丸

0325gokokujinja.jpg


原発事故2日目か3日目exclamation&questionの真夜中のことであっただろうか、東電の記者会見をライブで見た。

出てきた広報の人たちは、何が原因か、慌てふためいていてまともな会見が出来てなかった。
会見の体をなしていなかった。後にも先にもあんな会見見たことないです。
それを見て本当にえらいことが起きているんだということを予感しました。

しかしそれよりも驚いたことは、そのときいた記者クラブの連中が、まったくちゃんとした質問をしなかったことです。

みんなで何かを隠している。

週間 上杉隆

You Tube 上杉隆

You Tube 広瀬隆


エダノは未だに放射線量のことしか言わない。

内部被爆のことを言わないのはどうしてだろう。


もし後日30km以上の人を退避させなければいけなくなったとき(もうとっくにその時は過ぎていると思われるのだがちっ(怒った顔))、この人はどんな言い訳をするのだろう。

ゴメンナサイではすまないことは確かだ。

posted by tadakov at 23:38| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

still alive

0324kahoku.jpg

もう蛍の光を歌う学校は無くなったのかな〜るんるん


本日は久々の前撮りドコモポイント

前撮りが少し空くと緊張から開放されます。

この下旬に予定されておりましたポートフォリオ・レヴューも中止になり、それもあるかもしれません(結局使われることなく終わったブックに何万円使ったことかもうやだ〜(悲しい顔))。

ただオシゴトの山はどんどん高くなりつつあり、のんびりしている間はありませんモバQ


今日天狗さんのブログにリンクされているナショジオのシマウマの写真が気に入りPCの背景をシロヤマの死体(に見える写真)から変えました。

とっても心安らぐ写真ですぴかぴか(新しい)


posted by tadakov at 23:36| 高知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

卒業式ひとりぼっち

0323kishimoto.jpg

卒業生は10人。
集合写真カメラが終わるとあっという間に誰もいなくなった。
1人体育館の中で機材を片付ける。



結果的にアメリカ軍が早いうちに80km圏内立ち入り禁止にしていた措置は
決してオーバーではなく正しかったということになりつつある。

気になるのは昨日であったか、横須賀に退避していた空母が港を離れたということである。
理由はもちろん今後もっと酷くなると予測される放射線被害を避けるためだということ。
これだけは正しいこと、事態は一向に良くなってはいない。

当てはめるのもナンセンスかもしれないが、「ゆでガエル理論」というのがある。
「2匹のカエルを用意し、一方は熱湯に入れ、もう一方は緩やかに昇温する冷水に入れる。すると、前者は直ちに飛び跳ね脱出・生存するのに対し、後者は水温の上昇を知覚できずに死亡する」というものである。
それがホントかどうかは別にして、もし福島第一原発が明らかなメルトダウンし爆発していれば、みんな一斉に逃げて助かったかもしれない。
それが、「大丈夫」→「安全」→「ただちに健康に被害はない(これは当たり前のことである)」→「食べてもOK」→「控えた方が良い」・・・などと時間、年数が経つうちに恐ろしいことが起こるのは、過去の歴史が証明している。
今日も東京の水道水が汚染され乳幼児は飲まないほうが良い(もちろん、数回飲んでも健康に被害はないのでまったく大丈夫などという「瞬間一点突破的後は知らんけど理論」を専門家がTVで説明している)などと言っている。
これが本当なら(事実だが)これから出回る予定の「○●の名水」などというミネラルウォーターも商品にならないということになる。

すでに数年分、それ以上の放射線を浴びていると思われる一般市民(初期のころは意図的か、放射線濃度を測っていない、あるいは発表していない)。
食べれない野菜、魚、水。
それを出荷できない生産者、もちろんその他の産業も計り知れない被害をこうむる事になる。
専門家も言わないが、少なくとも何年も続くと思われるこの原発処理(スリーマイル島の事故は原子炉を冷やすだけで2年かかったらしい)。

すでに海外では、この福島第一原発の事故は、チェルノブイリと同等もしくはそれ以上に深刻な事態であると言われている。

何処までメディアは真実をぼかし、すり替え、隠していくのか。


もし「最悪」という状態があるのなら

私は今が、この状態こそ最悪であると思う。

あとは、想像もつかない「結果」が待っているだけである。





昨日遅ればせながら被災者の方々のためになればとある買い物をした。



武田邦彦先生のHP

posted by tadakov at 19:46| 高知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

良心

0315kagami.jpg


今日天狗さんと話していて、はっがく〜(落胆した顔)ひらめきと気がついたのだが、NHKのミスリード。

いま話題の使用済み核燃料保存プール。
TVで出てくるアニメには、小学校の深いプールのような中に整然と並んでいる使用済みの燃料棒。
あれ深さが15mで燃料棒は4mあまりらしいのだが・・・

なんかオカシイと思いませんexclamation&question

私もあのアニメーションに目を奪われて「あ〜あそこの水が空になってるんだな〜」くらいにしか思ってなかったんですけど・・・

よ〜く考えて見ると建屋は爆発してボロボロになってるんです。
あの厚さ1mあるというコンクリートやなんかは、ばらばらになってどうなったんでしょう?
もう映像で見ると廃墟状態ですよね。
ということは、プールがあんなにキレイなわけないのだ。
それこそ半分くらいガレキに埋まってるのかも猫

オカシイでしょexclamation&question
あんなキレイな絵で見せるのパンチ
私のように頭の悪いやつが見てると、だまされてしまうのです。

朝ミーティングをして出た結論は、あとは奇跡を信じて祈るしかないのかもしれないもうやだ〜(悲しい顔)ということでした。

放射能の値をすりかえ過小評価する政府、メディア。
でもこの人たちは、国民を救わずして何を守ろうとしているんでしょう。


話は変わって


今TVに流れていること、識者・解説者・東京電力&政府(凄いよねえ、停電を利用して大事なことから目をそらそうとしている)ラジオとまったくダメなんだが(ネットに流れている情報は糞味噌一緒ですから判断しなきゃダメです)、新聞がけっこうポイントついていたりするのだ。

今日の高知新聞3面識者評論のところ、九州大大学院教授 吉岡斉さんの寄稿文は的をついてます。
同時多発炉心溶融の衝撃、世界的にも前代未門と太字がありますが、納得でございます。

この方のお顔がく〜(落胆した顔)どんっ(衝撃)いやあ大変失礼なんですが、一度見たら忘れられない容貌なのです。

みんな気が付いていると思いますが、この原発事故が発生してからTVに出る解説役の専門家と言われる○+原子力研究所所長とか、東京大学○△教授とか、京都大大学院○×教授などと、次々に人が変わってますよね。
思い出してください、最初のころ、何の心配もないと言って消えて言ったデタラメ識者。
みんな首をすげ替えられながら今日まで来ているのです。
わたしはもう7〜8人は見たなあ。
今日NHKで担当している大阪大の教授も明日出れるかどうかちっ(怒った顔)

その中で3日くらい前だったろうか?
初めて他の識者と違う意見というか、感想を言った教授がいたのでした。
その人が吉岡斉さんです。
私たまたまミチエ〜ルと見ていたのですが、苦肉の策で海水を注入して少し落ち着いた原子炉について訊かれた教授は、開口一番「昨夜は(これから起こるだろうことを想像し)恐ろしくて寝れなかった」と言ったのです。
そんなことをTVの前で言った人はいません。
確かこのままだったらとんでもないことになると言ったのです。
私はその言葉を聞いて「嗚呼この人はいい人なんだな〜」と思ったものです。
もちろん、その後別の意味でTVには出してもらえなかったでしょう。

その方が書いているのです。

この評論は今起ころうとしている最悪のシナリオを的確にフラットな目で書いてあると思われます。

久しぶりに高知新聞をほめることになりましたドコモポイント

高知の方は、TVやラジオに惑わされることなく、これは必読です。


でもね〜TVを初めとしたメディアも少しずつ、破局が近づいていることのショックを和らげるためか、刺激的な情報をポロポロ出し始めましたよね〜。

明らかに焼け石に水のヘリで水をかけたのも「やることは、やりましたぴかぴか(新しい)」っていう苦しい言い訳のパフォーマンスでしょうか?
計算の弱い私が電卓たたいてみても、最低数百回連続で水をかけなければ意味ありません。
国民をバカにしているとしか思えない。



嗚呼あせあせ(飛び散る汗)思っていた最悪のことが、一つ一つ現実になろうとしています。

今日「これはチェルノブイリと一緒ではありませんあせあせ(飛び散る汗)」と声高に言っているデタラメ識者がいましたが、その点は私も賛成です。
チェルノブイリがレベル7で最悪ならば、これから起ころうとしていることはレベル8を超えるかもしれない事態だと思います。


さて奇跡があるのでしょうか。



そうだexclamation
忘れてたexclamation×2
東京電力や政府はなぜ原発の東側、海の上の放射能濃度を測らないのでしょう?
風向きからしてほとんどの放射能はあっちに漂っているはずですよね。



どうして昨日まで大変だモバQって言っていた4号機をほっといて3号機に水かけてるんでしょうか?
3号機は、プルサーマルなのだがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)
プルトニウムでございます。
人体、体内に入ると非常に有害でございます。
そして沸点は600℃exclamation×2
言われている2800℃じゃないんです爆弾
要は低い温度でメルトダウン、再臨界が起こるってことでしょうか?

私の勘違いならいいんですけどむかっ(怒り)
素人の知識なので。
間違ってたら、ごめんなさいふらふら
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

最悪

0316boke.jpg


家のボケの花(私の大好きな暖かい赤色)が咲いている。

その隣ではサクランボの花が満開
るんるん


0316sakuranbo.jpg


下を見ればふらふら


0316nyanz.jpg


ガスは猫いない。

やつはもうオトナになってしまいました。
もう3日見ていない。

しかしこの和やかな光景を見ても心温まらず。

って、朝から断続的に雪なのだもうやだ〜(悲しい顔)



_MG_1917.jpg



被災者は、どれほどツライ夜を過ごしていることだろう。



いま福島第一原発で大変なことが起こっている。

しかし一番大変なことは、情報が正確に公開されていないことである。



東京電力、政府、主要メディア。


起こってしまったことは、元にもどせない。

しかし起こるかもしれないことを最小限の被害で終わらすことは出来なくはない。


この場合メディア>政府>東京電力の順で罪が重い。
TVが言っていることを信じてはいけない。

反対に政府、東京電力が言っていることには意味が無い。
言ってないことに意味がある。

たとえば、なぜすぐに爆発した建屋の写真を発表しなかったのか?(昨日になってやっとパンチ
なぜ、自衛隊の引き返したヘリの理由になった「高濃度」という値を言わないのか?
海水でずっと冷やしたら・・・というが、仮にそれが可能だとして、その期間、その後のことを言わないのか?
菅首相は、いったい何をしているのだろうか?(なぜ国民に説明せずに次々外国、国連に助けを求めているのか?)
天皇陛下は、どうして京都にいるのか?
昨日になって急に一年間の被曝量を1000ミリシーベルトから2400ミリシーベルトなどと政府は言い出したのか?(これって10点差で7回コールドの決まりを7回ツーアウトになってからがく〜(落胆した顔)高野連が「今からコールドは24点差になったときとルールを変更します」と言ったようななものである爆弾野球知らない人は分からないよねいい気分(温泉)
まあ負けそうなったからルール変えたみたいなことです。

そしてどうしてこんな当たり前な疑問をメディアは追求しないのかexclamation&question



ひょっとしたら、これは誰かが言った「天罰」かもしれない。


私たち自身が、少し頭を使って考えなければいけない。


あ〜こんなこと書くのもバカらしい。



誰もが口にするが誰も具体的に説明しようとしない「最悪の事態」とは、どういうことなのだ?

昨日突然TBSのアナウンサーが
「こうなっている以上最悪の事態を想定する必要があるん・・・」って言いいだした途端

隣にいた女性のアナウンサーが
「ただいま新しいニュースが入りましたexclamation×2」と話を遮り、画面が切り替わり、その日のお昼にやっていた東京電力の何でもないインタヴュー場面を挟みました。

それはTBSでもとっくに流していた映像です。

男性は、「・・・必要があるんじゃないでしょうか?」と問題提起したかったみたいです。

もちろん、その後番組は、何も無かったかのように別の話題に変わっていましたが
アナウンサーの顔がこわばっていたことは言うまでもありません。




「世界で唯一の被爆国」などと標榜している日本だが、このままでは「世界で唯一の自曝国」になるかもしれない。



ドイツが出した福島原発のシュミレーション


武田邦彦先生のHP



追記:

なぜエダノは「買いだめしないでください、とか、節約してください」なんてバカなことを言うのか?

ちっ(怒った顔)そんなこと言ったら買いだめに走ること当たり前ですあせあせ(飛び散る汗)


もし心配ないならそれがどうしてなのか、ちゃんと説明するべき。

信じてもらえないから、こういうことにならる。

自分がどんな表情してしゃべっているのか、一度VTRで見てみたほうが良いと思うのだが・・・アンタたちが国民を不安にさせている。


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

メルトダウン

0313kahokuchu.jpg



お昼は営業でホテルへ。
思わぬところから注文入り少しウレシイ揺れるハート

ただ体調が悪いふらふら

終日頭痛。

そして夜になると目の奥が痛くなり、頭痛もひどくなり、咳が止まらなくなる。


今泣きながら明日展示予定の写真をプリントしている。
もちろんこの場合悪いのは東京電力雷でも菅直人でもないパンチ

自業自得である足


やることは山なのにその上に・・・・もちろん気分は谷である。


ちょっとウサを晴らすために天狗さんに電話10分のつもりで1時間話してしまう。


時間もなくなってきた。
posted by tadakov at 03:15| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

暴雪圏

0309ryoma.jpg


最近桂浜の龍馬の両側に武市半平太と中岡の発泡スチロール性の像を建てるとかで物議をかもし出している。
蓋を開けてみるとあまりに反対意見が多くて当初の展示予定日からずれ込んでいる。
去年「龍馬伝」で多くの観光客がやってきたので2匹目のドジョウを狙う人たち。
その場しのぎ、今がよければそれでいいでやってきてなんも良くならない高知県、一部の観光業のものだけが潤うやり方に龍馬はどう思っているのか?
まあ、私は龍馬ファンではないので銅像云々はどうでもいいが、もう少し知恵を使ったらどうだろう。




『暴雪圏』佐々木譲 新潮社

今年は寒い。
こんな冬はやっぱり雪の小説をわーい(嬉しい顔)(あまりに安易ですがむかっ(怒り))ということでBOOK OFFで購入。
野生的感で新刊を買ってはいけないと判断していた佐々木譲の北海道舞台の川久保巡査ものである。
雪を舞台にしたエンターテイメント小説って何があるかなあ。
日本のものでは真保裕一の『ホワイトアウト』海外ものではボブ・ラングレーの『北壁の死闘』しか思い出せない私ふらふら
さてこれが新たに記憶に残るやつになったかexclamation&question
残念ながら・・・・
なんか映画のストーリーボードを見せられているような・・・
良く言えば贅肉の一切無い小説といいますか、体脂肪率4%みたいなドコモ提供たらーっ(汗)
作家も映画の原作用に書きましたるんるんくらいのやつです。
もう一つ深い人間ドラマが見たいし、極限のドラマみたいな緊張感が足りません。
各エピソードに新鮮味がないからかなあ。
それが逆にリアリティがあるという人もいるかもしれませんが、「事実は小説よりも奇なり」こんなありきたりのお話ではオジサン満足できません。
でもその代り一気に読めます。
ラストに余韻はない。
それらを良しとするかどうかで評価は若干変わります。
やっぱり佐々木譲が書いたものとして評価するなら辛口にならざるを得ません。

(68点)


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

ARIAKE OPEN - 2011 WORLD MATEHORI CUP

0228ran.jpg


さきほど香川丸亀支部長の天狗氏とホットラインを結んだ結果電話
本年最初のマテホリワールドカップの開催日が決定しましたexclamation×2

2011マテホリ・ワールドカップ・有明オープン
4月16日(土)14:00スタート 16:30納鍬 観音寺有明闘技場

※なお今回は、16日夜キャンプ予定です(参加自由)詳細は追って




いやあ、今回は参りましたふらふらこの忙しいのに「顔デカ病」、「胃炎」終わったかと思ったら「咽頭炎exclamation&question」咳、痰、鼻詰まり、頭痛、微熱もうやだ〜(悲しい顔)そしてそれが、少しましになってきたら昨日から花粉であるちっ(怒った顔)
日曜は久しぶりに倒れておりました足

憂鬱な春の始まりである。



『粘膜蜥蜴』飴村行 角川文庫

知っている人はもう知っているだろうが、猫はこの作家初体験。
昨年から何度も手に取りながら買うことのなかった本猫
先日新刊のハードカバーを見つけて躊躇った挙句、先の文庫の方に手を出したというわけ。
さあこの読書体験をなんと表したらいいやらがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)
昨年読んでいたら昨年のNO.1、一昨年読んでいたら一昨年のベストかも・・・私の2000年代のベスト10に入る勢いです。
このぶっ飛んだ面白さはかなりヤバイ爆弾
ミステリーもSFも冒険もスプラッタもホラーも純愛も渾然一体となった妙に懐かしい悪夢的世界exclamation
このグロさ、おかしさは相当ヤバイexclamation×2
あえて例えるならあの若きころ(30数年前)の筒井康隆を彷彿させるというか。

さてこのタイトル『粘膜蜥蜴』の粘膜とはいったいどういう意味かわーい(嬉しい顔)exclamation&question
これは弟1作『粘膜人間』次作の『粘膜兄弟』にはさまれた粘膜三部作(
そんなんあるかむかっ(怒り))の第二作、昨年の日本推理作家賞に輝いた作品。

もちろん傑作である。

posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

春のはしり

0302miyata.jpg



朝は中学校に集金&写真展示の打ち合わせ。

そうなんです、3月の写真展はズバリexclamation×2 『中学生日記』 卒業生のためのサプライズ写真展なのだ手(チョキ)
(嗚呼たらーっ(汗)それで今年のアルバム利益は吹っ飛んでいきますもうやだ〜(悲しい顔)

1日だけの展示で目標200人ぴかぴか(新しい)

まあ写真家と日頃うそぶいていますので写真展をしなきゃあ・・・ということで


昼からはミチエ〜ルと幼稚園の個人とグループ撮影に行き、そのあと保育園と別の中学校に車(RV)ダッシュ(走り出すさま)


ミチエ〜ルは途中耳鼻科に寄ったのですが、私も花粉で目鼻、そして特に咽喉が酷いことになってます。

声が出ない、咳が止まらないふらふら

困ったもんです。

杉花粉で春を知る・・・デスカちっ(怒った顔)あせあせ(飛び散る汗)





posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

英国王のスピーチ

0228shiroyama.jpg

「まるで羊の毛みたい」犬

シロヤマを見てミチエ〜ルの感想ですむかっ(怒り)



どうもだらだらオシゴトが続いて健康的じゃなりません。
来年度は内々に完全お休みの日を毎月作っていかなきゃいかんな〜と思う今日このごろ。

映画も仕事の合間を縫っての観賞ですふらふら
2日ぐらい読書なんかしてごろごろしたい・・・海辺の民宿あたりでいい気分(温泉)(目下の最大の夢ですらもうやだ〜(悲しい顔)


今日はバレエの先生のポートレート撮影でした。

バレエっていいよねえ、一度は憧れる被写体であります。



『英国王のスピーチ』

本年度アカデミー賞作品賞に輝いた作品でございます。
小品にして佳品ぴかぴか(新しい)
吃音症に悩まされた王子がどうやってそれを克服したか?
主役のコリン・ファースを初め、芸達者が揃い、静かな感動を呼ぶ作品となっております。

よかったわーい(嬉しい顔)私がけなしていた『ソーシャル・ネットワーク』が作品賞もらわなくってあせあせ(飛び散る汗)

どうみてもこちらが、上でございます。

ただ個人的には「ガツ〜ンパンチ」とくる作品を見たいのだ揺れるハート

(85点)
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする