2013年06月30日

雨の日

0630rain.jpg


昼飯を食べてソファーで寝転んで・・・しかしひょっとしてお客さんが来たらと移動したとたんに証明写真のお客さんモバQ

この間はピアノ弾いてたら後ろにがく〜(落胆した顔)exclamation&question

1Fは安心できないふらふら





今日も雨。




posted by tadakov at 23:19| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

私の好きな写真

0629kajigamori01.jpg
完全防備で撮影中のキョウコ。
私は完全場違いの半袖でカメラ
寒かったふらふら



本日は地元中学の恒例となっている梶ケ森登山。

撮影はK太とキョウコのコンビで出動。
一緒に登って朝8時から夜9時まで、流石に志願とはいえ大変な撮影である。
卒業アルバムでこんな撮影をしているところは他にないだろう(何しろボスが変わり者ですからパンチ)。

登山が雨天で一日順延となったため、私も夜だけ合流する。

朦朧とした頭で運転していると降りなければならない大豊インターを乗り越して車(RV)ダッシュ(走り出すさま)新宮までもうやだ〜(悲しい顔)
慌てて戻ってくるとあわやガス欠。
あやうく山中に車を捨ててくることになっていた。
帰りは坂を惰性で下りて高速道路をエコ運転なんとかスタンドまでたどり着く。


0629kajigamori02.jpg


自分の作品作りを中心に好きなように撮影した。

いつでも誰も撮らないような写真を撮りたいのだ。

今日は霧が立ち込めて私的にはとても良い条件となったわーい(嬉しい顔)

今まで撮られていた記念写真とは違うもので卒業アルバムを作りたい。
いつか卒業アルバムも写真集にしてしまいたいのだ。


:::::::::::::::::::


昼はお爺ちゃんの写真の修復依頼。
店を開くと地元から今までなかった色々なオシゴトが舞い込んでくる(そうでなくては自転車操業が立ち行かなくなってしまうしドコモ提供)。

眠いふらふら・・・ちなみに私は徹夜を趣味にしているわけではございません雷



posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

永遠の眠りにつかない様に

0627densha.jpg


今日は前に撮影したお客さんがママ友つれて遊びに来てくれました。
ママと赤ちゃん総勢4組。
ママフォト俱楽部にも入会希望で・・・そろそろ活動始めなければモバQ

昨日から脳が腫れているというか、頭蓋骨が内側から押されている感じ(オカシイ、そんなに脳みそあるはずないんだけどドコモ提供たらーっ(汗))。
頭痛というほどでない痛み。

今までちょっとない感じ。

ミチエ〜ルから電話が事務所にかかって来て、朝出勤してきてアナタが冷たくなっていたら後始末が面倒だということで帰宅命令むかっ(怒り)

今晩は久しぶりに布団の上です車(RV)ダッシュ(走り出すさま)
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

電車でGO!

0627yamanote.jpg


どうも3日も東京に確たる目的も無く滞在するというのはツライ・・・みたいなのだ。
好きで行っていてと言われるかもしれないが、今回はイレギュラー。
写真展を見に行く目的でもなく店の視察の計画を立てる間もなく、出発の朝までデスクワークだったしふらふら
ただ重いカメラを持って歩くのは嫌だったので前からヨドバシカメラの作例を見て気になっていたDP3を購入(ちなみにヨドバシの撮っているカメラマンは上手いのだ、雑誌によくある作例のための作例ではない)。

3日目、どこに行くあても(というかかなり疲れていたのだ)ない。
で、そういや何回か行きそびれていた東京オペラシティへ行く。
梅佳代の写真展がやっているのだ。

だが23日で終わっていた・・・もうやだ〜(悲しい顔)

しかたなくギャラリーショップへ。
そこで良い写真集を見つける揺れるハート
まあ無駄ではなかったわけだ。
まず梅佳代の図録。
これがなかなかいい。
簡易なソフトカバーとはいえ、凝っていて
オリジナルの紙袋に入っていて、中には袋とじや評論、梅佳代の話・・・遊び心満載で今まで出ている写真集よりこっちの方が良いぴかぴか(新しい)(わたしが金持ちなら観賞用、保存用、誰れかにプレゼント用と5冊くらいは買ってもいい感じのやつです)。
あと畠山直哉の新刊、エッセイ入りです。
畠山の前から欲しかった写真集がきれいな形であったのですが、これは予算と大きさの関係でパス(持ち歩くのが嫌むかっ(怒り))。
それにとても前から気になっていた長野陽一の写真集をじかに手にとってみることが出来、サイン本を購入。

何が勉強になるって写真集ほど勉強になるこはありません。
写真そのものよりも
どんな紙を使っているか、
どんなフォーマットの写真にしているか
その大きさ、厚さ
もちろんレイアウトに編集。

写真集を作るのにも
写真展をするのにも
もちろん自分の写真制作のヒントも大いに与えてくれます。

写真集を見ないものに作品を作れるやつなんかいないと言っても過言ではないと思います。

だって人の写真見ないで人と違う写真撮れるわけないですからドコモポイント


0627ichigaya.jpg


いやあまた下らんこと語ってしまいましたが・・・それでも時間が余って(当ても無く歩くのには疲れていまして)電車に乗って電車グルグルー(長音記号1)撮影いたしました。




posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

変わらないものと変わるもの

0626ebisu.jpg


ドイツでやっているオオギミが凄くきれいになっているのに驚きました。
ブンデスリーガで得点王になってるとか・・・輝いていました。
あっ!結婚して永里から名前が変わったんですね。

今日は上京すると必ず行く恵比寿の写真美術館へ。
まずはギャラリーショップで写真集を物色。
今回はいいものがかなり見つかりました。
自分が今撮っているテーマに似た新刊も見つけました。
誰でも似たことを考えているものです。
写真集だけは、実物を見てからでないと必ず失敗します。
とてもいいものが3冊あったのですが、重くて高い。
今度アマゾンに託します。
写真集を見ただけで少し疲れてビアビールステーションへ。
これもコース。

30年ほど前に上京した親父と同じところで飲んだことを思い出しました。
ソーセージを突付きながら少ししみじみ。

写真を見るのには体力を必要とするのだ。
素晴らしい作品にはパワーがあります。
それを受け止めるのは疲れます。

今回は「写真のエステ」というテーマで収蔵作品の展示でした。
大御所がずらり、日本から世界の新旧の作家の作品を見ることができました。
これも写真集では味わえません。
良い疲れを伴って地下へ。
そこでやっていたのは「世界報道写真展」賞をもらったものです。
相変わらず盛況。
上の階の10倍くらいの人がいます。
インパクトは・・・ある。
しかしさすがに私の心にはもう前ほど響かなくなってしまいました。
もう真剣に見ることも読むこともできません。
なぜ、どの写真も色を抜いてコントラストを上げた処理をしているのか?
主催者のプリントか、作家のか。
彼らの作品がどれだけ人の心を動かしたのか?
見に来ている人たちは、何を期待しているのか?
怖いもの見たさ?刺激?そして行った気になり、見た気になる。
目の刺激だけで大事なことを忘れてしまいそう。


0626nakono02.jpg


アートで世界は変えられないかもしれない。
しかし人々を癒すことはできる。
ものの見方を変えることも。
報道写真と呼ばれるものは、どうだろう。
まあこれだけは言えます。

世界を変えることはできない。
残念ながら今までも、そして、これからも・・・
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

秋田のタケウチさん

0625bus.jpg


2年に一度は来ているPHOTO NEXTまあウエディングをメインにした年一度の東京で行われる写真関係の機材ショーですね。
毎回高知空港で同業者と鉢合わせ・・・別にいいんですけどドコモ提供
今日は高知で一番大きな写真館の社長ご一行にお会いしました。
おそらく社員研修でしょう。
私のように表彰式を言い訳にして上京したりしません。

まあ、それは置いといて今日はウエディングドレスの世界的デザイナー桂由美氏より表彰状をいただきました。
いただいたので発表してもいいと思いますが、ウエディングフォトアワード2013アルバムストーリー部門で金賞をいただきました(金賞しかないのですがふらふら全国7人の中の一人です)。
オシゴト的には大事なことです。
他の方は桂さんと2ショットを撮ってましたが、私だけ写真はありません(撮ってくれる人いないし、そこがカッコイイと自分に言い聞かせてわーい(嬉しい顔))。



簾を一枚隔てて標準語交じりの秋田弁が飛び交っている。
ここは秋田のアンテナショップ居酒屋である。
私は一人で高知では手に入らない東松照明と石川直樹の本を手に地ビールに地酒、梅酒をやっている。
去年ひょっこりとったホテルの隣にあるこの店、いやあ猫なかなか美味いのである。

ホテルは品川駅前、最近は駅の中にいろいろ華やかな店ができ、今日も昼飯代わりにいくつかの惣菜とビールを買う。
サラダでも高知なんかでは見たことないようなヴァリエーションに富んだものがあるのだ。

しか〜し、食べてみると見栄えは良いのだが、素材は遥かに高知の野菜が美味いのだ。
きゅうり、ナス・・・少なくともお袋が、ウチで作っているものの方が美味い。
外へ出て初めて判ることです。

で元の青森のお店の話。
これは美味い。
私の大好きな漬物、青森のがっこは絶品ぴかぴか(新しい)である。
酒もぴかぴか(新しい)
この間オシゴトで高知の酒屋の取材もしたのだが、やはり酒は東北にかなわないのか?
でもおそらくこのアンテナショップより青森の地元で食べ料理の方が美味いに違いない。

私は気持ちよくそして少し寂しく一人で酒を飲みながら青森のタケウチさんの話を聞くともなしにBGMにしていましたるんるん

さてこれから持ってきたオシゴトをホテルの狭いベットの上に広げて・・・もうやだ〜(悲しい顔)
昨日の睡眠時間2時間にさっき映画館で1時間半睡眠補給してきました。


0625hotel.jpg


あとちょいとがんばります。

おやすみなさいもうやだ〜(悲しい顔)

posted by tadakov at 23:58| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

カフェ建ちぬ

0608kendo.jpg


子供家族撮影グッド(上向き矢印)ピアノバッド(下向き矢印)打ち合わせバッド(下向き矢印)デスクワークバッド(下向き矢印)明日の準備もうやだ〜(悲しい顔)

東京出張飛行機飛行機の中でまた仮死状態か・・・


今日もお客さんと話していたら横の引き戸から土足で入ってきて

わーい(嬉しい顔)「何か食べれますか〜揺れるハート


猫すいません、今のところカフェじゃないんで・・・写真スタジオです・・・そのうち・・・家



看板無くてもどんどん人が来る・・・・猫・・・勘違いして爆弾

posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

RAW DEATH

0622up.jpg


バレエ本番、邦ちゃんスケットで撮影。

夜は打ち上げ、いい情報を仕入れてきました。


ある方に何枚撮影したか訊かれつい2000枚と・・・犬「じゃあ、二人だから4000枚か」まあ頷く私。

スイマセン、私だけで7000枚撮ってましたモバQ二人で10000枚オーバーしょうか?
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

本日はこれまで

0622m_b1.JPG


ちょっと体力的限界かなあ。

クスリなしではやってられません(危ないモバQ)。

ゴマのパワーだけじゃ足りないかも・・・

posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

Broken

0621sowaht.jpg


確かにこのカメラのたたき出す画像は他のものとは違う。
そしてこの現像ソフトもすばらしい。
ただ何をどう撮るかは別でふらふら予想通り一番難しいレンズを選んでしまった。
撮らされてしまっては負けなのだ。
この焦点距離との格闘が始まる。



どれくらいぶりか忘れたがレストランして布団の上で映画見ていたら案の定寝て眠い(睡眠)しまった。

ごぞごぞ起き出してスタジオに2:00a.m.入り。

またセコムにお電話。




最近とても気に入っている曲。
あがた森魚を思い出した方。
あたはは私の友達です。




人に慣らすために子猫を部屋に入れて2日目。

可愛い子猫ハートたち(複数ハート)います。

誰かいりませんか?
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

夜の氷の使い方

0620rain.jpg


夜中に「ドンドン」という音に驚かされる。
続いて「シャー」と水の流れる音。
製氷機が活動しているのだ。
せっせと作ってくれてもまだカフェがオープンしているわけでもなく、そんなに氷はいらないのだ。
しかたないので大きな鍋に山盛り入れてスパークリングワインを突っ込む。
今夜のデスクワークの供にする。



東京出張が決まり、続いて大阪にも講習を受けに行くことになる。

なんか二度あることは三度あるような予感がするのだが・・・

この際ずっと気になっていたカメラを作品用に一台購入。

機種はナイショで撮ってのお楽しみ揺れるハート


今年の夏の写真展のテーマ作品は「水」。
みんなと被らないものを出さなくちゃいけないのだが、それとは関係ないが、ひょっこり長年暖めていたテーマがくっきりカタチになって見えてきた。
なかなか魅力的でツライ撮影になりそうであるもうやだ〜(悲しい顔)


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

歴史は後から作られる

0619ritsurin.jpg


猫は子供のころ歴史が嫌いだった。
今から考えて見るとリアリティがなかったからだろうか?
「どうして昔のことが、そんなに分かるんだ」という疑問が常にあった。
そこから出土したものにはロマンを感じるが、それを解釈する学者という人の言葉が信用出来なかった。
社会科で好きだったのは地理。
大人になって今は言えるが、歴史の真実は教科書の中にはない。

娘の話では、今は聖徳太子はいないのだそう。
イイクニツクロウも今では違うと・・・まあそんなことはどうでもいいのだが、気はつけばこの国は原発事故ももう無かったことにしようとしているみたいだ。

欧米の映画を見ていると分かるが、主人公や登場人物が危機に陥った場合、必ず彼らは「決まり」を無視する。
自分の信念に従った行動をし、危機を打開していく。

さてこの国の人々はどうだろう。
一刻を争う目の前の危機に前例を紐解き「マニュアル」読み出すようだ。
それが見つからなければ、目を閉じ耳を塞ぎ立ち尽くす・・・そして運よく自分が助かれば無かったことにする。
それが一部の人たちならば無理もないかもしれないが、国のトップがそうであるということが東日本大震災で証明された。

幸い私は集団で行動するのがいやだ。
そういう仕事もしている。
他人と同じでは自分の存在意義が失われる。
私は私自身の「信念」に従ってやらしてもらう。

紙に書いたものはいらない。


ミチエ〜ル犬「頭が悪いからどうせ覚えられないからじゃないのむかっ(怒り)整理整頓もダメだから例え紙に書いたとしても紛失してるだろうから・・・」

タダコフ猫「そ、そうでした〜あせあせ(飛び散る汗)


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

おめでたい連鎖

0610books13.JPG


私がいくら「照明を消すなちっ(怒った顔)どんっ(衝撃)」と言ってもミチエ〜ルは容赦なく消す。

猫「だってもったいないもの、人がいないのに・・・」

そういう問題ではないのだ。
心の問題なのだ。
誰も見てなくてもいい。
私の安らぎなのだ。
読む暇が無くても本を眺めていたいいい気分(温泉)
出来るならこの本棚があと2つ(場所がありませんもうやだ〜(悲しい顔))。




朝5時過ぎに床につき、(まさに字の通り、スタジオの隠し部屋の床です猫)8時に大工さんの訪問で這い出す(頭くらくら眩暈がする)。

このスタジオは考えることあって木造なのです。
屋根を軽くするためにガルバニウムを使ったほかは木、新建材なし。
だからですね〜スゴイんですよ。

夜一人でオシゴトしてると「ガチャ、ドンドンるんるん」誰か来たのがく〜(落胆した顔)exclamation&question
とか、「ピシっexclamation」「パンどんっ(衝撃)」「ミシミシ・・・ミシミシミシるんるん
ポルターガイストか、悪魔の棲む館状態でございます。

よってあちこち開かなくなる戸や、隙間があいていく床材、大きな亀裂の入る柱、垂木、梁。
逆に妙にスベリの良くなった巨大な引き戸などモバQ(それはいいかわーい(嬉しい顔)

まあそれが生きている木ということで見方を変えれば楽しいことです。

・・・ということで大工さんあちこちの調整で登場ということでした。
大工さんは「あの〜ここ10時オープンですからそれ以降で揺れるハート」なんてダメですもうやだ〜(悲しい顔)
ちゃんとお仕事は8時からと決まっとります手(チョキ)

もちろん近いとは言え5時過ぎに退社して8時前出勤は不可能ですのでそのまま会社で倒れる私なのでした。


大工さんを建物内に招き入れてそしてダウンバッド(下向き矢印)
強烈な眠気と頭痛ふらふらでももう眠れません。

ひたすらダウンでありました・・・(火曜日は表向き休日なのです)。


::::::::::::::


ダウンしている間、良いことがあるのはウチだけではないようで(当たり前ですパンチ)友人の天狗さんから吉報電話
ミチエ〜ルによると何か私にもお手伝いできることがあるとのこと。
一層嬉しい知らせでありました。

なんかこのまま良いことが、続きそうな気がするぞ。
いや続けばいいなあ。
そうだわーい(嬉しい顔)、イメージトレーニングしよう。


〜と、これで近々オシゴトもスム〜スに捌けていき、千客万来、しかし撮影はそこそこでOk、デスクワークは減り、営業利益は右肩上がり、ヒマが出来て仁尾の浜にキスを釣りに行ったら亀を助けて、甲羅の裏に書いてあった住所に行けば美しい妙齢の未亡人、お礼に今夜は泊まっていってというのをミチエ〜ルの鬼の顔が浮かび泣く泣くキッパリ断れば、それではせめてと渡された一枚のロト7、ネットで調べれば、なんとあせあせ(飛び散る汗)この前の観音寺で出た8億円の当たりクジ爆弾タダコフはそれから毎日ビール本映画とキス釣りで幸せに暮らしましたとさぴかぴか(新しい)

っしゃっ〜来なさい〜心の準備はできてるぞ〜わーい(嬉しい顔)
posted by tadakov at 23:43| 高知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

3つの出来事

0617seleb.jpg
P. by Aゆみ


お昼は急遽Aゆみが買ってきたコーラで乾杯になった。

3つの良かったこと。

1.ラフディップスタッフにま〜さ犬(仮)というスタッフが加わったこと。今日初出社。

2.ウチのスタジオ建設に関して日頃から難癖をつけてきているご近所さんと建設会社立会いのもと、あることを確認。もちろん、とても厄介な言いがかりをつけにきていたのだがちっ(怒った顔)完膚なきまでに撃退したこと。絶対謝らない人間を「私のマチガイでした、申し訳ありません」と言わせました。
正義は勝つ手(グー)

3.そのあとデスクの上に一通の封筒。ある全国的フォトコンテストから受賞の通知あり。
急遽来週は上京し、表彰式でございます。


ということが午前中3時間の間にありました。

久しぶりに事務所が明るくなった日でしょうか?


そそくさと「しょうがないなあふらふら」と言いながら航空券の手配(ミチエ〜ルもダメだと言えません)。

一泊二日より二泊三日の方が旅費10000円安くなるもんですから二泊の方で揺れるハートオシゴト持参で言ってきます。


posted by tadakov at 23:29| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

RED LIGHTS

0617mayuga.jpg


食事が終わって事務所に行こうと止めてあった神社の境内へ(車庫が代車に占領されていたものだから)たった20mほどのことなのに、夜境内への道を歩いたのはいつのことだったか?
そういうとき杉木立の中に薄く緑に光るものを見つける。
ヤママユガの出る季節になったのだ。
この色は一夏に多くても2羽。
出会わない年もある。
ちょっと得した気分であった。




『レッド・ライト』
劇場で見逃した作品。
ネットで見ることができるようになった。
心霊現象を研究する物理学者2人。
彼らは何のためにそれを追い求めるのか?
何が真実なのか、物語りは思わぬ方向に私たちを誘う。
この地味目のストーリー、もちろん全米で大ヒットなんかしなかっただろう。
小粒であっても個性的な役者が揃いとても面白かった。
上映時間が短いのも良い。
ちょいと毛色の変わったスリラー・サスペンス・ドラマ。
オススメです。
(85点)




「今まで読んだ本の中でベスト10をあげろ」と言われると外すわけにはいかない本。
それは小学校のときに読んだ『コンチキ号の冒険』ヘイエルダール著 です。
ある意味自分のものの見方を変えた本です。
それが映画になりました。
『CON TIKI』



是非日本で公開して欲しいと思うのですが、どうかな〜ふらふら

って見ていたらこんなビデオがありました。
今度ヒマなときに見てみよう。

[ON-TIKI 1947]



ここまで書いて・・・楽屋話

アップしたはずなのにどこにも記事が無いモバQ
仕方なしに書き直していたら

ミチエ〜ル犬「あの〜はなよめブログに変な記事が載ってたわよ。どうやって消したらいいか分からなくって・・・」

猫「それを早よう言わんかいどんっ(衝撃)


・・・ということで「はなよめ」にアップしている方が長い記事ですが消去いたしますもうやだ〜(悲しい顔)

書く気力が尽きました失恋


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

夏かえっ?!

0613studio.jpg

台風3号YAGIがやってきて本格的梅雨到来かと思えば、えっがく〜(落胆した顔)どこ行ったのexclamation&question


というわけで今日は急遽取材の撮り残しカメラ車(RV)ー(長音記号1)

久しぶりに太陽の下に出て頭痛でございます。

ここ数日異常なデスクワークが続いて・・・という話はやめといてわーい(嬉しい顔)(編集、プリント、レタッチを同時にやって写真集を仕上げています爆弾)え〜と、2~3ヶ月前に注文しといて殆ど忘れかけていたものが相次いで届きましたいい気分(温泉)

一つは『TED』という映画の主人公であるへんなクマの縫いぐるみ。
どっかを押すと放送禁止用語をしゃべるそうですドコモポイント

もう一つはフレーミング・リップスというバンドのアナログLP。
完全なジャケ買いですが、いつまで待ってもAMAZONからは入荷未定の連絡で諦めかけていたものでした。
タイトルは”YOSHIMI BATTLES THE PINK ROBOTS”「ヨシミちゃんと桃色ロボットとの戦い」というSFっぽいものです。
発売は2002年のもの。傑作のジャケットでございましたぴかぴか(新しい)
そのうちまた写真でご紹介したいと思います。

買って読んでないSFも少したまってきたし、やっぱり夏はSFだねあせあせ(飛び散る汗)

ねむいバッド(下向き矢印)・・・もうやだ〜(悲しい顔)
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

掃き溜めの鶴

0524yukei_01.jpg


今年は日本人ピッチャーが好調でMLB見るのも楽しみ。
その中で一番輝いているのはマリナーズの岩熊であるぴかぴか(新しい)
マリナーズの栄光の日々も思い起こせば14年前・・・今では胸を張ってリーグでも最低のチーム言えますふらふら
ここにきてやっと岩熊も注目されて来たようで今期途中トレードの噂も出てきている。
是非マリナーズから出ていいチームで優勝目指してがんばって欲しいと切に願います。



今日は久しぶりに取材のお仕事、東京から来られたライターの方と半日佐川町へ。

帰ってみるとなにやらミチエ〜ルがパニック状態。
いろんなお荷物とオシゴトの話がごっちゃになっておりました。

その中から一つ身に覚えのない荷物、小学館は週刊ポストからがく〜(落胆した顔)exclamation&question
開けてみると藤原新也の新刊『神の島 沖ノ島』のサイン本でした。

写真集も紹介していない本がかなり溜まっております。
またおいおい・・・お楽しみに揺れるハート
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

先生の本音

0605baseball.jpg

ピアノがスタジオに来たためにもう忙しくて練習が出来ないという言い訳が通用しなくなった猫


ミチエ〜ルに今練習している曲(タイタニックのテーマ曲)が、かれこれ1年近くになるというと(正確には10ヶ月くらいだけど)
犬じられないあせあせ(飛び散る汗)いくら遅くても3ヶ月で次の曲に進まなければオカシイパンチよく先生が怒らんねえ。呆れちゅうろう」などとボロクソに言われる。

まあ練習がゼロに近いからなんて言い訳すると「ちっ(怒った顔)だったらやめたらあせあせ(飛び散る汗)」と斬り返されるので・・・言えないふらふら

で本日練習していくと先生が喜んだこと揺れるハート
あんなに先生が喜んだのは初めてです。

フリーダイヤル「良くなったじゃないですか〜るんるんやっと音楽に聞こえてきましたね〜ハートたち(複数ハート)

猫「・・・」う〜ん、嬉しかったのは確かだが、よく考えて見ると複雑なのだ。


その話を帰ってするとミチ〜ルは大笑い。

娘は一瞬大笑いの後、冷静に「お父さん、それって褒められてないであせあせ(飛び散る汗)


ピアニストへの道は長く険しいのであった・・・つづく猫

posted by tadakov at 23:54| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

20人いる!?

0604michi.jpg

今日は朝イチで学校の先生の集合写真。
最初にミチエ〜ルでテスト撮影してみました。



いつもそのタイトルを忘れてしまう。
結局レンタル店に行ってホラー、サスペンス、スリラーの棚をなめることになるのだが、それでも置いてあるところは少ないようで(何故かまれに置いてあっても借りられているしふらふら)いままで見る機会を逸していた気になっていた映画、それが『永遠の子供たち』である。
先日久しぶりに行ったBOOKOFFに置いてあったので購入。

監督はJ.A.バヨナ
そしてプロデュサーは、言わずと知れたギレルモ・デル・トロである。





いや〜傑作であった。
2007年スペイン・メキシコ映画である。
ハリウッドでは絶対に作れない映画。
幽霊譚である。

大分前にもスペイン映画だったか、オーストラリア映画だったか、いくつか見事なサスペンス映画を紹介しましたが、私たちが知らないところで素晴らしい映画はいっぱい作られているんですな。特にホラー系。

どうも米国人は、ホラーと言えば=ショッカー的な映画と思っているようで、たとえばドアを開ければいきなり「ド〜ン爆弾」とか、首が飛んで腹が裂けて(未だにやってるゾンビもの)・・・とか、はたまたキリスト(善)対悪魔(悪)の陳腐な戦い・・・または幽霊ともオバケとも説明のつかないモンスターが暴れるお話。
上質の幽霊ものなど皆無である(やはりコレには歴史が必要かもしれない)。
ホラー映画は観客を怖がらせば(それがしばしば驚かすと気持ち悪いになってますが)良いと思っているところに大きなマチガイがあるのです。

やはり本当に怖いのはリアリティの上に心理描写がいかに上手く描かれているか。
幽霊譚だからホラーだから不条理であってもお話につじつまが合わなくってもOKなんてことはないのだ。
もちろん不条理による怖さもあるが、あくまでその不条理は条理のかなった上に築かれてなければならない。
めちゃくちゃではダメなのだ。

・・・というわけでこの映画、今まで私が見た恐怖映画でベスト1(かもexclamation&question)と言えずともベスト3から落ちることはありません。
もちろんホラー系となどとジャンル分けせずとも映画として一級品でございます(そこが大事なのだちっ(怒った顔)あせあせ(飛び散る汗))。

何故今まで見なかったのだろう猫それまでの時間を無駄にしてしまったような気がしてなりません。
他にももっとこんな良質の映画が世界には埋もれているのではないだろうか?
日本はこのままハリウッド一辺倒でいいのかちっ(怒った顔)オジサンは怒っています。

それはそれとしてこの『永遠のこどもたち』オープニングからどこにも緩みのない(というか緩んだ赤い糸が徐々に張られて行き、ピンとなり、そして最後にプンっるんるんと音をたて切れ今まで信じていたものが何もかも崩壊していく)作り。
少しづつほどけていく謎とラストの解放と・・・もうやだ〜(悲しい顔)
映像も見事というしかありません。
またホラー映画(だけじゃありませんが)というとつい主人公と怪物と後はどうでもいい殺されていくその他脇役となりがちですが、この映画の登場人物たちは(セリフの或る無しに関わらず)全て存在感があります。
日本語タイトルも見て分かったことですが、とっても素晴らしい。
一見ホラーのタイトルじゃないですよね。

あらすじなど何の予備知識も必要ありません。
あなたの目で見て感じていただきたいあせあせ(飛び散る汗)
わき腹から胃の中にすうっと冷たい刃物を差し込まれるような恐怖に震えてください。
かつて子供であった大人向けの傑作幽霊映画でございます。

ちろんあせあせ(飛び散る汗)それだけじゃないわーい(嬉しい顔)

(120点)


※ 蛇足ですが、『シックス・センス』が85点としたら、この映画は180点くらいです。それだけの差があります。もしネタバレしてもこの映画の強度が失われることはないのです。何度も見れる、何度も語ることの出来る作品です。

posted by tadakov at 15:44| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

行け、行け、オカバ

0603swiminngpool_2.jpg

朝は曇っていたが3時プール洗いのころになると日差しも出る。


去年はささやんが撮影に行ったが今年はオメデタのため、今はもっぱらデスクワーク。
撮影はほとんどボスの仕事になってしまいました。
海パンをはいて出動でした。


0603swiminngpool.jpg


撮影帰りにオカバに寄ってプリンとアイスを購入。
知る人ぞ知る香北のオカバヤシですが、最近プリンが何か地域のベストスイーツに選ばれたということで忙しそう。
プリンとシフォンケーキは昔から有名でしたが、最近とても面白いことになっています。
お店は田舎のコンビニスーパーという感じなのですが、ドアを開けると
ブランド服から雑貨、雑誌に漫画(それも楳図かずおの本)に靴、レジ前にはティファニー(本物ですexclamation×2)もちろん奥さんの手作りスイーツの種類は止まるところを知らず、オチチ饅から新たなロールケーキまで(ご本人もいくつ種類があるのか把握できないそうです)・・・えらいことになってます。
ローストビーフのサンドウィッチ美味しいですよ揺れるハート
もちろん洗練されたお店ではありません。
それがいいわーい(嬉しい顔)
活気があります。
なんかこういう言葉は嫌いなんですが、こここそパワースポットぴかぴか(新しい)と言えるでしょう。

奥さんと「やるしかないね」と言い交わして「またね手(パー)」でした。

「ここにあるかがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)」というような若い女性向きの服が「おろち」や「漂流教室」の横に並んでいます。

うぞ一度オカバにお出でくださいexclamation×2って宣伝しちゃったよ猫





う〜ん、この歌で明日もガンバリたいわーい(嬉しい顔)






posted by tadakov at 23:55| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする