2013年08月13日

烏玉(ぬばたま)の

0706running.jpg


もうとっくに決まっていなければいけない写真展のテーマが決まらない。

咽喉に刺さった魚の骨のように気持ち悪かった。

それがやっと決まる。

突然頭の中に浮かんできたのだ。

その意味も分からなかった。

ただそのタイトルがテーマになるということだけが分かった。

テーマが決まれば写真はある。

あるはずなのだ。

撮ってないとオカシイ。


でもどうしてそのタイトルが浮かんだのか説明が出来ない。
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする