2013年11月10日

正夢?

1110kajigamori.jpg


夜8時ごろに寝た。
携帯電話は通じない。
TVゲームもなし。
時折かすかに風の音が聞こえるだけ。
この山荘のつくりは、とてもしっかりしている。
ほぼ無音。
朝5時から撮影だったのだが、3時に目が覚めた。
そこから本読んで(ミチエ〜ルには持参のオシゴトしろ犬と)5時の時点で雨と強風のため撮影中止。
2度寝が始まる・・・

ちょっと変わった形式の披露宴会場。
イスがベンチ型で教会のように招待客が座っている。
新郎新婦を含めてリハーサルをやっていた。
私はミチエ〜ルと並んで座って見ている。

司会者が新郎新婦のプロフィールを紹介したのだが、その内容が言ってはいけないことの連続、うつう人に知られてはいけないプライヴェートなことをしゃべっている。
こりゃあマズイだろうと思っていると、新郎新婦が入場してこない。
シーンとした会場がざわざわ。
私がミチエ〜ルの方を向いて小さな声で「新郎が怒るで・・・」なんて言っていると、私の後ろに座っている若い女性が隣の女性と話ながら片手で私の顔を押して前に向ける。

がく〜(落胆した顔)exclamation&question

最初、何かの拍子で手が触っただけかなと思い(そんなはずはないと思ったけど)まあ無視。
またミチエ〜ルと小声で話をしていると、明らかに私のアゴを持って前を向けられる。
文句を言おうと振り返ると、その女性は隣の女性の方を向いたまま一言

「くさい・・・ちっ(怒った顔)


そこで目が覚める猫



夢から覚め、山を降り、そのまま土佐町の披露宴会場に入る猫であった。
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする