2014年03月01日

TOKYO COMPRESSION

0227yotsuya.jpg


真の写真家(アーチスト)って普通に撮って人と違う写真が撮れてるものだと思う。
そこに本気の写真とただの写真の違いなんてない。
いつもスゴイ写真が撮れてなきゃって思うのだわーい(嬉しい顔)
まあ自分はそんなになりたいと思うのだが、もちろんダメなのだ(そんなこと考えてる時点でアウト手(グー))。

よく座右の銘は?なんて訊かれて簡単に答える人がいる。
座右の銘なんてホントに持っている人がいるのだろうか?
私の周りでは知らない。
まあそんなこと普通訊かれたりもしないのだが・・・猫

私はそんなとき「一期一会」なんて答える人を信用できない。
もちろん「継続は力なり」なんていう人ともお友達にはなれない。

私は?

継続なんて無理ふらふら
嫌いな言葉の筆頭だし、努力なんてのも嫌だわーい(嬉しい顔)
天才は努力なんてしない。
努力なんて思ってもみないだろう。
したいことをするだけ。

もちらん天才にはなれないし、天才なんてなりたいと思うことではない。
天才は存在自体が天才なのだ。

じゃあ自分は何になれるのか?

何にもなれないね。

でも一つなれるとしたら

狂いたい。




『TOKYO COMPRESSION THREE』 MICHEL WOLF

出版されているという噂は聞いていたのだが、実物を見たのは初めて。
これはラッシュの電車の窓越しの人物を撮影した写真集。
1アイディアを形にしたもの。
外国人だからそこに目が行ったのかも。
これまた、やられたモバQという感の作品集。
面白いです。
息で曇った(水滴がついた)ガラス越しに映る人々。
ガラスに顔が押し付けられている人。
無表情。
瞑想している、あるいは死体。
幽霊のようでもある。

いやあこんなのやりたかったなあドコモポイント
自分だったらもっとクオリティの高い写真撮れたのに・・・・他人の写真を見れば後から凡人はなんとでも言えるものです。

大事なのは、誰もやれなかったことを最初にやること。

尊敬いたします。

★★★★
posted by tadakov at 01:30| 高知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする