2014年03月02日

花粉の季節の終わるまで

0227tokyo.jpg


数日前から来ていたのだが、夕べからは完全にアウトもうやだ〜(悲しい顔)
目のかゆみモバQ
薬を飲んでもクシャミ鼻水は止まらない。
したがって咽喉も荒塩を摺りこまれたように熱く痛い。
本当に水のようむかっ(怒り)
こんな状態が年に1回くらいあるのだが、今年は例年より酷い感じがする。

夜中に何度も目が覚め半分寝ぼけてのど飴と目薬をさす・・・今夜はもっと酷くなりそう



『Until the Kingdom Come』SIMEN JOHAN

東京から帰ってきたらIMAが送られてきていた。
今号の特集は「アニマル」。
動物写真特集である。
そこに今回一番の拾い物だったこのサイモン・ヨハンの1枚が紹介されていた。

とても大きな写真集。
A3サイズくらいでやっかいなことに綴じられてない。
逆に額の中に入れてしまえば写真作品として飾っておける、いや飾りたい作品ばかりである。
ペラペラで雑誌のような手触りの写真集だが、印刷のクオリティは恐ろしく高い。
このザラザラ感が合っているといえる。

作品はどれも動物写真としては見たことのない、どれも一癖あり、一見自然に見えるのですが、ありえない(撮影するのは無理な)世界が広がっております。
どれも映画の一場面を見るような物語が宿っており、不自然の世界がとてもリアルに構築されているデジタル作品。
まるでSF映画を見ているようなわーい(嬉しい顔)
しかし大きいし薄いし本棚に保存は不可能ですふらふらどうしたらいいものか。

やっかいでステキな写真集です。

★★★★1/2
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする