2015年06月21日

男子の証明

0620man01.JPG



庭の方から

「パンパン手(パー)手(パー)パンパン手(パー)手(パー)

これは私の妻がエサをやるときにネコを呼ぶ手拍子るんるん
この音でネコたちはどこで寝転んでいても脱兎のごとく(使い方合ってますexclamation&question)おわんの元へ走ってくるのである。

ちなみに今はネコを呼んでいるのではない猫


ちっ(怒った顔)「ハイハイむかっ(怒り)今起きますってあせあせ(飛び散る汗)

私は寝ぼけ眼で立ち上がりジーンズを履いてファスナーを気持ちよくチャーっと


「うっ●%#★+*〜モバQ


どうやら私の大事なち●こが、珍しくファスナーの走る軌道から若干そとへ頭を出していたらしいのであるもうやだ〜(悲しい顔)
自慢ではないが猫人生50年、そう何回もこういう悲惨な事故に遭ったことはない。

確か数年前に数十年ぶりに挟んだくらいである(そのときもこの新マタに書いたかなあドコモ提供)。

まあそんなことはどうでもいいのだが、こうなったときは、悲鳴も出ない。
恐ろしくて下を向くことも出来ない。

そして深呼吸。

それはこれから上げたファスナーをもう一度下ろさなければならないという大きな試練が待ち構えているからであるふらふら


あなたも一度は映画やドラマで見たことがあると思うが、屈強な主人公(ヒーロー)が、折れて曲がった指を悲鳴を押し堪えながら曲げて戻すシーンぴかぴか(新しい)それを思い出してもらえればよろしい。


ヒーローは歯を食いしばりながらその折れた指を真っ直ぐに戻すのだが、その直後ああああ〜どんっ(衝撃)と叫ぶのであった。



庭の方から
犬 「何叫びゆうが〜むかっ(怒り)早よう降りてきいや〜爆弾



ちっ(怒った顔)ヒーローは、やや腰を引きながらガニマタぎみに庭で待ち構える悪漢犬に対峙すべく
手すりを持ってそろそろと階段を下りてゆくのであった・・・・足




猫「所詮オンナには男の苦しみなんてわかるまい・・・失恋




posted by tadakov at 01:53| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする