2015年07月15日

THE THING

0714thething02.JPG


松山からロケハンで帰ってきてみれば雲はあるものの久しぶりの星空。
車を止めてスタジオに入る前に写真を撮る。

9時前になっているのに自転車が数台農道を通り過ぎて行く。
研修のフィリピン人たちだ・・・今ごろ何をしているのだろう。

朝の激しい風が嘘のようになくなっている。

何カットか撮って星でも撮ろうかと思っていたら北の側の田んぼの方が何故か気になってカメラを向ける。
カエルの鳴き声が止まっている。


0714thething03.JPG


何も見えないし、写らないが・・・音がする。
稲が静かに掻き分けられる音exclamation&question

耳を澄ますと
その音が近づいてくるような音がする。

無論完全な闇ではないから見えている、人や大きな動物ではない。

でも何かが静かに近づいてくるような嫌な気配が・・・


手元に懐中電灯がないのでスマホのライトの機能で照らすと


0714thething01.JPG


中央右の奥から稲の倒れているのが分かるだろうか?
何かが静かに稲を倒しながら近づいてきているのだどんっ(衝撃)

ネコ?

ネコは水田の中を歩かない。

イヌ。
放し飼いのイヌやまして野良犬など居ないし、犬ならそんなにゆっくり近づいてこないし、見えるはずなのだ。
もちろんタヌキなどが人の気配を知って近づいてくるはずはない。

慌てて事務所を開け、ライトを取ってくる。
片手にカッターナイフも。


取ってくると気配は消えていて・・・

それから静かに田んぼを照らしていると数メートル離れた場所の稲が動いて
ライトを照らしているにも関わらず
稲を倒しながらこちらに近づいてくる。

いくらライトをそこに当ててもそのものは見えないのだ。

3m
2m
1.5m

これではB級ホラー映画ではないかモバQ
映画を見ている観客の「バカあせあせ(飛び散る汗)早く逃げろexclamationそんなナイフ役に立つはずないじゃないかexclamation」という声が聞こえてきそうだ。

それは足元まで稲を倒しながらやってきた、途中で小さな何かの泣き声が聞こえた、ライトをかざしているのにそれは見えない。

飛び上がってきたら終わりだ爆弾

とりあえず逃げることにしました。

家に帰ってもっと明るいライトを取ってくるが、もういなくなってました。


明日の朝、イネの倒れているあとを見てみます。


どんな跡があるのか猫
posted by tadakov at 00:24| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

過酷で快適な場所

0707tanabata.jpg


七夕の夜、大学の卒業アルバム用の写真を撮っている。
その合間こんな校舎点描なんてないだろうカメラと蒸し暑い中一人自分を慰めているふらふら
小中学高のアルバムと違って四季の校舎の写真がかなり載せられるのである。
ちょっとストレス発散させてもらおうドコモポイント
なんせ今までは15年間同じ写真を使いまわされていたのだから・・・

え〜あせあせ(飛び散る汗)ちなみにこれは使う写真じゃありませんからね手(パー)




撮影10分前雨がパラパラ・・・やまった猫
芝生の上に1時間半かけてささやんと作った100人用の集合写真のセットも無駄になるのか・・・

幸いなんとか雨は持って撮影終了・・・直後雨雨
雨の中撤収。
汗と雨でドロドロ・・・車に乗り込むとその汗が冷えて寒いのなんの、湿度100%でなんも乾きはしないのである。

スタジオに帰ってきて順番にシャワー。
ささやんは私のTシャツにトランクス・・・高知市内に撮影に行っていた組も遅れて帰ってきてシャワーである(リサも私のTシャツブティック

シャワー浴びてコンビニ弁当かきこむとまた出陣車(RV)ダッシュ(走り出すさま)
さっぱりしたのも一瞬であったもうやだ〜(悲しい顔)

そんなこんなで夜まで出たり入ったり、ミチエ〜ルはミチエ〜ルでギャラリーオープン直後から休みなしで夕方までかき氷をかいていたらしい(ますます写真屋じゃなくなっていくわーい(嬉しい顔)夏はかき氷屋さんで乗り切ろうexclamation×2)。


8時前に吹奏楽の集合撮影が終わって事務所にやっと腰を下ろす。

するとがく〜(落胆した顔)あっという間に汗は乾きサラサラぴかぴか(新しい)
見れば室温30℃湿度45%
外や1Fとは別世界なのだ(ここはハワイかexclamation&question行ったことないけどドコモ提供)。

まあ晴れここだけは良くも悪くも年中同じ状態なのだいい気分(温泉)
posted by tadakov at 03:44| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする