2015年09月10日

地名

0910taromaru02.JPG


私の住んでいる地名。

太郎丸

ちょっと変わった地名かもしれない。

ちなみに高知県には太郎丸という地名が他に2箇所ある(私の知る限り)。


読み方はタロマル。

しかし私は面倒なのでタロウマルと言ったりする。

漢字の説明がらくだからなのだ。


ただ本当はタロマロという。

ひばあちゃんはそう呼んでいたし、昔からの地元の人はそう呼ぶ。


もちろん私もずっとタロマロと呼んでいる。


じゃあどうしてそんな呼び方なのか?

そのむかし太郎左衛門という人が住んでいたらしい。


では太郎左衛門とは、どういう人だったか?


それは今後の宿題ということで・・・わーい(嬉しい顔)



関東では雨で大きな被害が出ているといことだが、ここはいい天気。

空気が澄んで日差しが目に刺さる。
posted by tadakov at 17:36| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

ハードボイルド文体

150909monoberiv..jpg


晩飯、と言ってもカップラーメンとカップカレー(いやこれがなかなかいける)だが、を食べてギャラリーのソファで寝転がっていたら警備の警告に起こされたふらふら

昼に幼馴染の女の子(いや私がおんちゃんだからオバチャンだ)がかき氷を食べに来ていて訊かれた。

犬「ここに住んでるの?」

いやここは仕事場だから・・・猫と答えたが、もう10
日ほど前から300m先の自宅に帰れないでいるもうやだ〜(悲しい顔)






ロス・マクドナルド『運命』を読み始めてから、どうしてこの手のハードボイルドから撤退していたのか思い出した。
この文章がいやっだったのだ。

たとえば。


オレは警備の警報に起こされた。


が、このようになる。


わたしは夢の世界から戻ってきた。
まるで映画エイリアンのクライマックスで爆破装置のアラーム、コンピューターのマザーが無機質な声で最後通牒を突きつけてくるような声で・・・
さあまた仕事の始まりだ。
私はしびれた肩をほぐすためにまるで雨をひたすら待つアマガエルが後ろ足で頭をかくように無様な格好で頸尾を回しながら起き上がった・・・・



なんなんだよ〜exclamation×2



ということで昨日送られてきた『シャーロック・ホームズとヴィクトリア朝の怪人たち』ジョージ・マン編に浮気しようかとページをめくる。


さあ、あと7分で警備がかかり

「ラフディップさん異常はないですか?」

と電話がかかってくるので


わたしは警報を切りにナメクジのような重い身体を起こしたのであった。


れか、からだに塩をかけてくれexclamation×2
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

30年

0908ryuzetsuran04.JPG

0908ryuzetsuran03.jpg



山の書店うずまき舎に向う途中で奇妙な花に出くわした。

茎の長さ約3m。

家の方に訊ねてみるとリュウゼツランとのこと。

初めて見る。

残念ながら先日の台風のときに折れてしまったとのことであるが、まだ生きている。

調べてみると大きいものでは6〜7mぐらいになるらしい。

30年前に一度花をつけたものを株分けしてあったら今回咲いたとのことである。


数十年に一度咲く花。

素晴らしい。


よく訊けば奥さんは、たろまろギャラリーのフラワー教室に通ってくださっている人であった。


これも偶然。


このあとうずまき舎にオジャマして美味しいピザとコーヒーをいただき、ヴォネガットの短編集を手に入れたわーい(嬉しい顔)
posted by tadakov at 23:07| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

祝日

0907reflex01.JPG



今日15時17分にジイジになったと友人から電話があった。

めでたい。


ワインの撮影でOKの返事も夜くる。


一緒にコルクを開けて祝えたら最高なんだけど・・・遠い。



一人で麦茶を飲むことにしたわーい(嬉しい顔)
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月の雨

0905todoroki03.JPG


小川洋子の『猫を抱いて象と泳ぐ』読み始めたものの、どうも気分じゃなく、ダニエル・フリードマンのバック・シャッツものの第2作『もう過去は入らない』を読み始めたのですが、やっぱりマーガレット・ミラーの旦那ロス・マクドナルド(ケネス・ミラー)の『運命』(初版1958年8月31日発行なのでちょうど57年前訳出の本)を手にしているタダコフです。
ところどころ訳がオカシイけど、それはおいといて秋の長雨の気分にいいですらわーい(嬉しい顔)



雨の中でもカフェはかき氷のお客さんで満席。
ついに4台目の冷凍庫買ってしまいました。
カフェではなく氷屋さんです、いや写真屋さんなのですがたらーっ(汗)


でも9月ってこんなに雨多かったかなあ・・・ふらふら
posted by tadakov at 04:33| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

いまさらの滝

0905todoroki02.JPG


これから一番ヘビの出る季節になります。

特に山の谷に降りていこうものなら・・・とりあえず2匹。

カエルを食べてる途中の方と鎌首立ててすべり降りてくる方。

マムシの場合はじっとして動かないので要注意。

枯れ葉に紛れてたりするので足元に来るまで気がつかなかったりモバQ



しかし今まで何故ここに行かなかったのか?
こんな凄い滝だったとは知りませんでした。
一番は今まで散々紹介されてきた写真がダメだったんですね。
その滝の魅力がな〜んも写されてないのだ。
実際行ってみて驚きました。
数年前に滝を使ったコンセプト写真、考えただけで中断していたのですが猫こりゃあやらなきゃ。

でも滝の撮影って以外と難しいのだ。
超広角の中にゆがめて入れてもダメだし、かといって普通じゃ大きくて画面の中にうまく納まらない。
レンズで誇張せず自然な形でその凄さを実感できるように撮るには・・・でもってどこかで見たような写真では作品として撮る意味はない。

滝との対決なのだ爆弾
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

運は残ってた

0905todoroki01.JPG



私のいけないところは自然をなめているいるところ、というか何事も何の準備も計画もしないところでしょうか?

危うく還らぬ人となるところでした。

おまけに三脚は忘れて行くし・・・いや三脚持ってたら完全に死んでたかもふらふら
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

朝のギャラリー

150904tg.jpg



ワインボトルのイメージカットを撮影していたら朝になる。

5時半過ぎてもまだ暗いのだ。


秋になってしまったんんだね・・・
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

ライティング・ライティング・ライティング

150903beer.jpg



先週ビールとワインの飲みすぎで正体をなくして以来ビール飲んでいない猫

自分でもなんかスゴイわーい(嬉しい顔)って体調悪いだけだけど・・・それにこの間安部夜郎の妹さん(ミチエ〜ルの友達)と肝臓の話をしたからか?



冷蔵庫を開けるとビールが並んでいるのが、なんかわーい(嬉しい顔)幸せいい気分(温泉)

というのは普段買ってきては飲む、買ってきては飲むの繰り返しなのでビール君が冷蔵庫で過ごす時間は短いのだ。
それが今回はとっても長居してる。



さてワインが4本送られてきた、そして今日6本追加で都合10本。
先週いい気持ちで飲んでいるとき、とある三ツ星レストランの御曹司の電話を受けサンプル用撮影を気軽にOKしたらしい。
すぐさまクール便で送られてきたのではあるが、そんな話一向に憶えていないのであったふらふら


飲んだことのないワイン、日本で発売されてないワインばかり。
HPを見ればきっちりした写真ぴかぴか(新しい)じゃないかあせあせ(飛び散る汗)

昼間に撮ったものは自分でダメだしむかっ(怒り)
もう一度ライティングし撮りなおしている。
あとはイメージカット(それはなんとか揺れるハート)・・・それから切り抜いて〜もうやだ〜(悲しい顔)

報酬は現物支給らしい・・・わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)(いや待てよ、その前に誕生日ワインをプレゼントしてもらっていたのだがく〜(落胆した顔)ひらめき
なにせ経緯をまったく記憶していないのだモバQ



お酒をやめたら
なぜか向こうの方からやってくるようになった。


人生そんなものなのかも手(チョキ)
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

まるで天使のように

150902sleep02.jpg


なんだ猫あらめてこんなこというのも恥ずかしいが、自分の娘はかわいい。

しかし最近はレンズを向けると「ちっ(怒った顔)止めてむかっ(怒り)」といわれる。

だから彼女が知らない間にシャッターを切っている。

お父さんは止めてといわれたぐらいで止める写真家ではないのだドコモ提供



マーガレット・ミラー『まるで天使のような』(創元推理文庫)が新訳で出た。
言わずと知れたケネス・ミラー(ロス・マクドナルド)の奥さんである。
有名ではあるが今まで読んだことがなく、今年初めに古本を販売するにあたり『殺す風』をオークションで落としていたが、これも未読。
ロス・マクドナルドも昔『動く標的』を読んだ記憶があるが、近年買った『さむけ』は積んだまま。
まあ新訳というのに惹かれて勢い購入。

50年前1965年刊行の作品である。

いやあ面白かった。
まったく古くない、むしろ新鮮ぴかぴか(新しい)読まず嫌いはいけない。
近く未読のものも順次読破していこうと思う。
(85点)


そこで思い出しだ、この間肺炎で2週間ほど入院していたとき、今まで読めてなかった(敬遠して積んであった本)を10数冊読破したのだ。
その中にあった本。

サラ・ウォーターズ『半身』『荊の城 上下』(創元推理文庫)これも傑作であった。

『半身』なんか半分ほど読んで挫折していた本。
時代設定が自分の苦手なイギリス18〜19世紀?
最後まで話がどこに向っているのか分からないのだ。
一日中ベッドに縛り付けられてなかったら読めなかっただろう。




娘が夏休みの宿題の読書感想文を書かなきゃいけないので本を貸してくれいう。
もちろん夏休みは終わってますふらふら
私の持っているものはミステリーとSFホラーがほとんどだから、本棚から探して渡したのが小川洋子『猫を抱いて象と泳ぐ』
もちろん未読。
おまけに2冊持ってました。


私も娘と一緒に読んでみようと思います。


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

猛烈な雨

150901rain01.JPG


朝8時過ぎ事務所の床、地響きとともに落ちる雷の音で目が覚める。

どこに落ちたのだろう?

去年の夏も前ぶれなしに二三度すぐ近くに落ちた。

今年の春お宮の百日紅の木が枯れていることに気付き、この前その木を望遠で撮影してみると中心の高いところが黒く焦げていた。


地響きがしたくらいだから・・・ってまたこの建物に落ちてたりしてがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする