2015年09月08日

30年

0908ryuzetsuran04.JPG

0908ryuzetsuran03.jpg



山の書店うずまき舎に向う途中で奇妙な花に出くわした。

茎の長さ約3m。

家の方に訊ねてみるとリュウゼツランとのこと。

初めて見る。

残念ながら先日の台風のときに折れてしまったとのことであるが、まだ生きている。

調べてみると大きいものでは6〜7mぐらいになるらしい。

30年前に一度花をつけたものを株分けしてあったら今回咲いたとのことである。


数十年に一度咲く花。

素晴らしい。


よく訊けば奥さんは、たろまろギャラリーのフラワー教室に通ってくださっている人であった。


これも偶然。


このあとうずまき舎にオジャマして美味しいピザとコーヒーをいただき、ヴォネガットの短編集を手に入れたわーい(嬉しい顔)
posted by tadakov at 23:07| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする