2015年10月12日

La Cuerda

1009maetori.jpg



今藁工ミュージアムでやっている『EUROPEAN EYES ON JAPAN ヨーロッパの写真家が出会った高知』を昨日見た。
アレキサンダー・グロンスキーとニナ・コルホネンが高知で撮った写真作品が展示されている。
これが作品というものだ。
お互いあるコンセプトにしたがって作られているというのがよく分かる。
必見の価値。

帰りにニナ・コルホネンの写真集『La Cuerda』を購入。
他のものも買いたかったのだが、安い値段ではないので残念。
装丁もよく550部限定の写真集。
とても印象的な写真が、よい編集で納められている。

最近の買った中で一番の写真集だ。


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする