2016年02月08日

レオン

0207paris05.JPG




フランスに10日間も行って来て土産が少ないとミチエ〜ルに言われる(^−^i)
他の人にも「どうだった?」「食べ物は?」と訊かれても・・・夕べの晩飯を忘れているわたしに。
ということで、せめて土産話はしておきます。
自分で一度反芻(はんすう)しておかないと、このまま闇の彼方に埋もれていきそうで・・・



0207paris08.JPG




パリについてまず食べに行った貝料理のお店はレオン。
ちなみにライオンの意味のリヨンとは違ってこれは創業者の名前だそうです。
夕方4時ごろだったためお客さんは他に2組くらいしかいませんでした。



0207paris09.JPG

0207paris10.JPG




案内してくれたルイによると近くにあったガラス張りで入り口のドアの取っ手がフライパンになってるおしゃれな店は不味いからダメだと・・・
レオンでは美味しいビールがありメニューに合ったビールがそれぞれオススメされとります。




0207paris11.JPG




まず出てきたのは、イカのフリッターと小魚ワカサギとキビナゴの中間みたいな、魚臭さがなくとても美味しい。
それにエビにジャバイモをつぶしてモンブランケーキみたいにして巻いて揚げたもの、パリっとした衣と中がプリップリで、思わず「う〜んマンダム!!」(50歳くらいの人じゃないと分からない)
そして濃厚なチーズのコロッケにポテトフライ。
あとムール貝にチーズをのせてピザ風に仕上げているプレート、どれもビールに最高ですら!



0207paris06.JPG



私たちはそれぞれ自分用のオマールを注文し、Iさんはハイネケンにチーズとトマトのオマール、ケチャップ味ですね。
ルイは青かびブルーチーズのオマール、濃厚な香りで塩が効いてます。
N君は、なんだっけな〜?ガーリック味だっけ?
私は写真上のカレー味。これ想像とは違って、ほんのりカレーの香りが効いたあっさり味で「カレー味だと何食べても同じだね」になってなくて素材の風味が生きていて、これありです。


ビール好きのNくんは、ベルギーは修道院作りのビール、アフリゲムいやあデュベルだったかなあ。
わたしは香りとコクが強く甘みのあるシメイの青ラベルに2杯目はカルム?(写真撮っときゃよかったのですが、スマホで写真を撮る習慣が無い私は・・・メモ代わりって必要ですね)
ほんとだったら4杯はいけるはずですが、機内での飲みっぱなしと長時間のフライトの疲れでダメ。

で最後にオマール貝の残ったスープにパンではなくライスをたのんでぶっこむと最高の雑炊でございます!!!

普段だったらここで終わるのですが、こちらではデザートを頼むという・・・無くても大丈夫というか、とっくにお腹満足なんですが・・・



0207paris07.JPG



普段は食べないワッフルを。

これが絶品!!
今まで食べたことない(と言ってわたしのワッフル暦は10回にも満たないのですが)上面パリッとしたほどよい焦げ目に、中ふわっとした食感で軽く、そして甘過ぎない粉砂糖に上品でさわやかな蜂蜜、これなら男のわたしでもいけます!というか美味い。
少なからず感動しました。

ということでお腹がはったら時差のため眠い。
日本だったらまだ朝8時過ぎでしょうか。


0207paris13.JPG


夕景の中アパートに帰るわたしたちでした。


ここまでは良かったと言っておきましょう・・・・To be continued
posted by tadakov at 15:19| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする