2016年03月21日

女子カーリング

0321nakatosa02.JPG


妙に色っぽい神様だった。



Jリーグが嫌いだ。
MLBは好きだが、プロ野球は嫌い。
ジャニーズ他が応援するTV中継が嫌いでバレーボールも見なくなった。
テニスも感情移入できる選手がいなくて遠ざかり
NBAもフィーリングが合わなくなった。
期待していた女子サッカーは2年ほど前から男子と同じになりさようなら。

じゃあ、何が面白いか。
卓球が面白い。
バドミントンもなかなか・・・しかしTV中継はない。
そして好きだったカーリング。

遂に強いチームが誕生したのだ。
昨年の世界選手権は、ミスの連発で応援半分イライラ半分だったのが、今度のチームは強い。
世界ランク9位らしいが強い。
ただ今予選リーグ三連勝。
今朝優勝候補のロシアにもまさに完勝、ギヴアップさせて勝利(う〜ん、マンダム!)。
さきごろは、アジア大会で10年ぶりに優勝したらしい。
他のチームは笑顔なし真剣そのものという中で
日本は競技中も始終ニコニコしながらやっている。

今までの明らかに敵が強いのにがんばって勝利をもぎ取っているという感じではないのだ。
各選手ミスが少ない。
戦術を組み立てるのが早い。
そしてなによりスキッパーがどうも過去最強のようだ。

これはひょっとすると初のメダル、いや初の優勝もありかもしれない。
力と技ではない、チームプレイの知的ゲーム。
ますます楽しみなのだ。

あらためて、私が好きなのはカーリング女子ではなく、女子カーリングなのだ。

posted by tadakov at 14:35| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする