2016年04月25日

0425fire02.JPG



停車中に後ろからぶつけられ、九死に一生を得たかと思ったら

ミチエ〜ルに起こされると隣の家が火事。

2棟が全焼するも自宅は助かる。

風があったら大変なことになっていただろう。
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

面白い学校

0422kogyo01.JPG




今までいろんな学校に前撮りで行ったが、一番面白かった。


とても個性のある学校だった。



総じて普通科はつまらない。








posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

写真がない

0421setonaikai05.JPG



地震。
夜12時前にドンと来る。
ついに四国沖が震源となる。

娘を2階の部屋に移す。

写真のデータが心配になる。

昔は撮ってしまえばフィルムがあったからいい。
今は全てがあるように見えて実は何にも無い。

便利になるとは困ったことだ。


確実なこと、いくらPC上に存在しても電気がなくなれば終わり。

そして日本に住む限り地震はいづれやってくる。


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

疫病神

0405sakura09.JPG



ブログを大分休んでいたので読んだ本の感想も書き忘れている。
かと言ってもともと作文がとても苦手。
感想も面白いかそうでないか、としか書けない(^−^i)
書くとしたら10行くらいで1日は必要だ。

ただその評価には自身があるのだが・・・困ったもんだ。

ただ文章が書けないから写真をやっているのかもしれない。


『月世界小説』牧野修 早川書房
久々のSF。
前半面白いのだが、途中からよく分からなくなってくる。
「sFが読みたい!2016年度版」ベストSF国内部門で第2位。
一昨年あたりから評価の高い『皆勤の徒』という作品も何度も挑戦して途中で挫折している。
なんか落ち着いて読む間がないのだ。
ただこの本は割と数日で読めたことは確か。
(70点)

『疫病神』黒川博行 角川文庫
前から気になってはいるんだが、手に出来ない作家がいる。
著者も其の中の一人。
これは本屋さんによるところが大きい。
同じ本を売っていてもその並べ方で買う買わないは大きく変わってくるものだ。
これは面白かった。
久々に一気読み。
俗に言う巻き込まれ型のストーリー。
出てくる役者たちが濃くて私好み。
主人公とヤクザのコンビも最高。
続けて第2作も読みたい。
(88点)






車には全く興味が無い・・・とは言いながら買わなければならないとしたら
それなりに選ばなければならない。
今まで乗っていた車は大変気に入っていた。
乗り心地は悪い。
燃費は良くない。
その割にパワーがあるわけでもない。
しかしスタイルが気に入っていたのだ。
個性があった。
もうそろそろ170000キロだったが、あと100000キロくらい乗るつもりだった。
しかし後ろから突っ込まれて大破。
怪我が無くって不幸中の幸いだったが、車とはお別れとなった。

さて車は決まった。
ほとんど走っているのを見たことない。

あとは色だ。



posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

未来のある子供たち

0413flower.jpg



小学校2年から剣道をやった。
5,6年になると県内でチームは敵なし、全て優勝。
わたしは個人戦では万年3位ってとこだった。

でもわたしやチームに特別に才能があったわけでもなく、物凄い努力をしたわけでもない。
普通に練習しただけ。
それはやっぱりその時の先生の指導の賜物だったのである。

後年その先生がまったく剣道が出来なかったのを知り驚いたことを記憶している。



さて予選リーグをブロック1位で勝ち抜いても
やっぱり実力は2部リーグ上位ぐらいだったのである。

伝統の競合校とあたると惨敗なのだ。
敵はもちろん基本が出来ている。
攻撃力が違う。
戦術もある。
にくったらしいが、貫禄もあるのだ。

こっちは三役クラスと当たる学生相撲チャンピオンのよう。
拾いずらいところに打ち込まれてくる強烈なサーブ。
甘いブロックで自由に打たれてしまう正確なスパイク。
守りのフォーメーション。
穴がない。
全ての面で向こうが優れていた。

また昨日はあんなに輝いていた選手がのびのび出来てない。
やっぱりプレッシャーもあるんだね〜。
明らかな力の差を見せつけられた戦いでした。

でもねえ、これから強くなっていく感じがする。
延びしろがある。
今年はまだまだでも来年、再来年と後輩が強くなってくれるような気がする大会でした。

団体競技はなかなか一朝で強くなることはできないのだ。

でも楽しみ。
誰もここ見てないと思うけど、お疲れ様でした。


おじさんは希望を見出して体育館をあとにしたのでした。

いい瞬間はまったく撮れなかったけど・・・(^−^i)



振り返って
根拠の無い自信だけで今まで生きてきたオジサンは
ふと彼方を見つめ
ため息をはくのであった・・・人生はみじかい。

posted by tadakov at 15:22| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

スポーツ撮影

0417valleybool.jpg



中学校のスポーツ大会が始まった。

まずはバレーボール。

いやあ、驚いた。

担当の学校が強くなってる。

わたしが担当しだしてから過去最高。

サーブ、レシーブ、スパイク、基本が出来ている。


やっぱり指導なんだ。


明日は決勝リーグ戦。
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

竜の便り

0414nio.jpg



一昨日から首背中の痛み

腕から脚まで

全て左側。


やっぱり来たのか

病院に行き

夕方、ミチエ〜ルに言われて初ソフン。


まわらなかった首が動き出す。

骨が出ていたらしい。



男池のおばあちゃんから連絡あり。

若葉華やぐ。




『黒百合』多島斗志之 創元推理文庫

読んでいた本が行方不明になり一度読みかけて積んであった本を手に取る。
20年以上ぶりに著者の本を読んだ。
3人の少年少女のひと夏とその父親たちのドイツでの出来事が繋がる。
読ませる、相変わらず上手い。
(80点)

posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

春の海

0414kotohiki.jpg



ウエディング打ち合わせに高松へ。

少し早めに出て観音寺で降りて海岸線を廻って

瀬戸内の海岸を見るととても穏やかな気持ちになる。


今年は久しぶりに掘らなければなるまい。
posted by tadakov at 23:58| 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

キジの夫婦

0413stone.jpg


野市向けて走っていると

前方雉のオスが道路を横切る

何気にバックミラーを見ると

続けてメスが横切った。


憶えておこう。
posted by tadakov at 23:25| 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

ふたりのYESTERDAY

0405michinoeki.jpg


今月の俱楽部TR2Cのテーマは花。
出席者は5人、初回以来の大盛況でありました。
前回は2人でやったくらいだから・・・(^−^i)

会長と特別顧問(勝手に言ってますが)Kenさんを除いては30才前の俱楽部員で結成されている Taromaro Rock Record Club 月イチの活動もなかなか楽しくやっております。
今回も気がつけば0時過ぎ、前回は2人で1時半ごろまでやっていたという、私は酔って憶えていませんでしたが・・・

で今月の1枚は何故かストロベリースィッチブレイドのSince Yesterdayとなりました。





確か今から30年ほど前1985年ごろの作品。
活動はとても短かったのですが、来日公演(中野サンプラザか渋谷公会堂?)に行きました。
今も当時の12インチシングルレコードと輸入アルバムを持っております。

会員がまだ生まれる前だったころの音楽がこんなに喜ばれるとは思ってもおりませんでした。

この一曲を聴くと今も私の青春時代が一瞬蘇るのでありました(^−^)




posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

ぴかぴか君

0408tora.jpg


朝機材を積んでいると国道の方から賑やかな声がした。
ピカピカの一年生ら5〜6人が登校していた。
見ていると私に気付いたスタッフの息子が「た・け・う・ち・さ〜ん!」
手をふって「いってらっしゃ〜い!!!」

・・・の声がしたので事務所から顔を出してみると
「ただいま〜!!!」

「じゃあ、ここでちょっと遊んでいこうか?」


コラコラ初日から寄り道してたら・・・・(^−^i)




一旦帰ってから遊びに来たら・・・


:::::::::



「たけうちさん、遊びに来たで〜!!!」


私の言い方が悪かったみおたいです。


全てが初体験の一年生。



posted by tadakov at 16:24| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

入学式

0407rain01.JPG



最近肝心なときに雨なのだ。

これはわたしが雨男であるというわけではない・・・と思う。

津々浦々ふっているわけだから。


しかしなんとなく運気が、

いやいや三年ぶりに大吉を引いたのだから改善されるはずである。


これから雨の中、ひな壇もってあちこっち(^−^i)
posted by tadakov at 08:44| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

桜日和

0402sakura01.JPG


オシゴトで桜風景を撮っている。
撮影している先の警備員の片が「今日が一番キレイで良かったですね」と・・・
確かに明日から雨が続く。
しかし綺麗は人によって見方が違う。

桜は散り出してからが美しい。
写真は晴ればかりが良しでもない。

今日は晴れと言っても朝の一時だった。

前撮りは花盛りであった。

わたしらは昨日から動かず個人集合700人ほど撮影。
寒かった・・・
posted by tadakov at 18:28| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする