2017年01月10日

ボウイ ロス

0110cats01.JPG



義父の病院へ。

病院の4Fから見たことのない風景を見る。
見慣れた風景も視点を変えると新鮮。
カメラを持ってなかったのでスマホで撮影。

ところが帰ってきて少し経つと前に見たような気がする。
あまつさえ、その時も同じように写真を撮った気がする。
そしてこのブログにアップしたような・・・

ホントだろうか?



++++++++++++++



帰りにカフェ探訪。
ミチエ〜ルは気にならなかったらしいが、食器のセンスのなさに・・・残念。
「一度行ったらもういいかな」という思われたらそこで終わりである。
「また来たい」と思わせる店作りをする、それが大事というか、すべてである。

美術館で「高橋コレクション」を見る。
とても面白い作品が並んでいる。
写真はほとんど他の写真展で見たものばかりだが、それでも一見の価値あり。
写真より他の平面作品が面白い。
写真が絵画に一つかなわないところは、あの自由な大きさなのだ(近年はアート作品として巨大な写真作品もあるが)。
見てない方は是非!(って言ってもこのブログ読んでる人いないはずだし・・・(^−^)独り言です)
もうすぐ終わります(1/22まで)

美術館ホールでやってた映画『 DAVID BOWIE is 』をミチエ〜ルと見る。
とても退屈だった。
チラシにドキュメンタリーの文字があったので期待していたのだが、単なる今やっている巡回回顧展の宣伝映画でした。
内容も私のような音楽ファンであればあるほどつまらない。
ボウイが子供のころ書いた詩なんか見ても?だし、若いころの写真は殆ど知っている。
新しいライブシーンがあるわけでなし、ボーイについて語ったゲストも、そもそもボーイについて知らないようだ。
彼らの感想なんてどうでもいいのだ。
私たちの知らないボウイ像や音楽性についての考察を掘り下げたものが見たかった。

しかし返す返すもボウイの死はショックであった。

もう一度ボウイのライブを見たい・・・




posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする