2017年02月08日

越えられないもの

0204joseikan.jpg



ずっと気になっていたのだが、今さらなのだが、1月25日ブログで書いた錦織くんのこと私の認識大間違いでした。
余りにふがいないフェデラーとの試合を見てしまったので書いてしまったのだが、間違いでした。
そのあとのナダルの準決勝の戦いの凄さ。
そしてフェデラーとナダルの決勝。
この次元の違いはなんだろう。
100年たっても勝てないわ・・・と思った次第。

そこで冷静に振り返ってみたのだ。
テニスが四天王とそれ以外と言われて久しい。
要はナダル。
フェデラー。
ジョコビッチ。
それとマレー。
とそれ以外。

だからランキング瞬間5位とか4位とか言っても意味ないのだ。
一度も勝てないのだから。
特にここ数年はジョコビッチの時代。

調べてみると男子のグランドスラムを獲得した選手は2004年以降は、ほとんど上記の4選手がタイトルを独占しているのだ(ちなみに女子は2000年から今に至るまでウィリアム姉妹とその他という時代続いている)。
正確には3選手。それにマレーとワウリンカが取っているに過ぎない。
2004年〜2009年フェデラーの時代
2005年〜2014年ナダルの時代
2011年〜2016年ジョコビッチの時代
時代がかぶっているのは、ハードコートやクレーコートなどの得手不得手があるから。

そしてフェデラーグランドスラム初タイトル22才
ナダル18才
ジョコビッチ19才

ちなみにアガシが22才
ピート・サンプラスが18才

ということは、だ。
コリちゃんは、もう27才。
私も彼が若いつもりだったし、日本のメディアは「もう少しで」「次はグランドスラム優勝を狙って」などと嘘を言うものだから騙されていましたが、断念ながらデータが物語っている。

グランドスラムに勝つ実力があるならば、遅くとも三年前に勝ってなければならない。
そうだ、あの勝てる相手に負けた全米オープン決勝である。
あのとき勝っていれば変わっていたかもしれない。
あるいは、あの後、変わっていなければならない。

しかし大事な時に故障。

勝つ選手は故障しない。

そういうことなのだ。
それが実力。
今フェデラー、ナダル、ジョコビッチがもし立ち直ったとして、それに勝てる選手はいないのだ。
そういうもんなんだねえ。

特に今回のメルボルンのような高速コートに若い選手が、往年の選手に敵わなかった。
これはそれだけの実力差が歴然とあるということなのだ。

彼女が出来てどうこうで勝てないのは、そもそもその人の実力なのだ。
私が間違ってました。
歴史に名を残すプレーヤーは、そんなもんじゃない。
テニスは特にそのピラミッドの頂点にまぐれで立つことはできないスポーツです。

がんばれでできることとできないことがありました。

ごめん、コリちゃん。


++++++++++++++++


人間だれでも一生懸命努力すれば、その道で一流にはなれる(と思う)。

だけど、その先なのだ。

ただトップになる、歴史に名を残すものは一握りのものだけである。

だからそこに美しいものが生まれるのだ。


+++++++++++++++++++++



わたしは何にイラついているのだろう。

それはキミが戦っているように見えないからだ。

誰でもが、頂点に立てるものではない。

また頂点に立つものだけ美しいのではない。

それは歴然とした能力の差があるかもしれないから。

でも戦いは結果だけではないのだ。

どう戦うか。

諦めない姿が美しく、尊い。

そして諦めないものだけが、勝利をつかむ。


今回のフェデラーとナダルの戦い方を見て改めて感じた次第。


とっても歯がゆい。


負けてもいいから、真っ向から戦ってほしい。

攻めないで勝ちはない。


それができたときに、負けたとしても私は称賛を惜しまない。


そんな試合を見せてくれ・・・プロならば・・・



posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

映画の定休日

0212sunset10.JPG



昨夜の新年会で休みの話になって自分はまったく休みをとってない(自慢じゃないですから)・・・という話をし、はたと思いついて今日は何のオシゴトもしないことにした。
スタジオは表向き毎週火曜定休日である。
ただスタッフは働いている。

昼から映画を見に行く(昨日見たのに!)。






『ローグ・ワン/ア・スター・ウォーズ・ストーリー』監督ギャレス・エドワーズ
スターウォーズ・シリーズのはぐれ者(Rogue )映画。
監督は話題になった低予算映画『モンスターズ/地球外生命体』(ドキュメンタリーのようなよく出来た作品)から『ゴジラ』に抜擢された新進。
今までのスターウォーズが乾いた画面だったのに対してウェットな映像。
エイリアンのリドリー・スコットよりの映像と言えば分かるだろうか?
ひょっとしたら今までのシリーズの中で一番好きな映画かも(だな)。
主人公ジン・アーソ役のフェリシティ・ジョーンズ、トレーラーを見たときはこんな娘でいいの?と思ったものだが、悪くないのだ。
物語が進んでいくにつれよくなっていくのだ。
もちろんいつものように途中で若干気を失ったかもしれない。
次回作が本ストーリーよりも楽しみ。
見てない方は、もうすぐ公開終了です。
ビデオやネットで見ると面白さ半減です。
行くべし!
(80点)


続いて『ドクター・ストレンジ』
マーベルコミックのヒーローですね。全然知りませんでした。
監督も知らない。
主演が最近セックス・シンボルになりつつあるベネディクト・カンバーバッチ。
声がいい。
声がいいなんて俳優最近記憶にない。
ああそれとローグ・ワンと同様にマッツ・ミケルセンが出ているんですね。
灰汁が強い助演にはもってこいの役者でございます。
予告のビルがぐわー!となるので、見ようと思ったのですが、まあ・・・それだけですか(^−^i)
魔術好きの人は(そんな人いるか?)オススメかも。
でも『ファンタスティック・ビースト』の方が10倍面白いと思います。
(40点)

昔はと言っても40年まえになりますが(自分で言ってて恐ろしい)、2本立て3本立ての映画なんて当たり前だったのですが、今はなかなか、一本一本が長いし、昔は普通90分だもんね。
今は2時間以上当たり前だし。

3本目は次の日があるので諦めました。



posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

最強の会計士

0209tomasd05.JPG



業者の新年会に行く。
1月は割と忙しかったりして2月に開催。
手頃のブレザーが見つからず、スーツで出席。
ジーパンで行かなくて良かった(^−^)私はスタジオからだが、ほとんどの人はシゴト帰り、普通にスーツでした。


帰りに酔い覚ましに映画。
『ザ・コンサルタント』
ベン・アフレック主演のアクション映画だったんですね。
全米1位獲得で原題が(The Accountant)会計士だったのでアクション映画だとは知りませんでした。
トレーラーもだいぶ前に見ていたはずですが、内容は分かってなくて、おまけにいつものように前半で寝てしまったので妙に話についていけず苦労しました。
もちろん自己責任。
でもベン・アフレックが、アクションというのについていけなくて(もちろんバットマンやってますが)微妙な感じでラストを迎えてしまいました。
もう一回見なきゃいけないかなあ。
とりあえず新しいタイプの(アンチ)ヒーローではあります。
(78点)
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

春遠からじ

0204fog03.JPG



朝暑くて目が覚める。

もちろんエアコンなどは使っていない。

事務所の仮眠ロフトでございます。



よく降った雨。

ちなみに先週は日中暑くて初エアコンでした。

もちろんこれも事務所の中だけの話。


夕方夢が来て新年会やることに決まり、またメールのやりとりでシンイチの個展も決まる。


ただいまカフェ内では、ラフディップ・ウェディング写真展開催中・・・やってご案内できるくらいのカタチになった。


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

スーパーバアバ

0204tennmanngu.jpg



凄いことがあった。

おそらく今年一番っていうか、毎年語り継がれる物語。

普通書けないけど、どうせ誰もこの日記読んでないし、結果オーライだからいいかなあ。

まあ長い話を書かなくちゃいけないから、やめておこう。


久しぶりの天満宮。

みちえ〜るに怒られ、ミチエ〜ル母バアバの神対応に救われる。





posted by tadakov at 23:58| 高知 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

恐怖のモンスター

0203setubun01.JPG



毎年幼稚園の阿鼻叫喚は楽しみなんだが、最近のオニは色々。

もはや鬼じゃない。

私が見てもちょっと怖い・・・妖怪?


昔の赤鬼がほのぼの。

posted by tadakov at 23:58| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

私の記憶

0202Windmill02.jpg



カフェに飾ってある写真展示方法をミチエ〜ルからダメ出しくらってプリント、でも時間がない。


また夜。


撮影。

プリント。

納品。



散髪。



ばあちゃんは、「読む本が無い」と・・・


渡した本を片っ端から読んで1日一冊ペースか!?


800Pくらいのドロシー・セイヤーズの文庫本を渡す(私は5回くらい挑戦して8P目くらいで挫折している本)。


2日はもつかなあ。





『心霊ドクターと消された記憶』
原題は-BACKTRACK-同じ道を歩いて帰るという意味らしい。
まあバックトラックと言われても意味が分からないが『心霊ドクター・・・』というタイトルもどうなのよ!突っ込みたくなる。そんな職業ないでしょうに。
関係ないけどマッド・マックスの『フューリー・ロード』が、なんだっけ『地獄のデスロード』?とわけわかんない邦題をつけられたのを思い出しました。
映画の中で登場人物がフューリー・ロードと発音しているのに字幕がデス・ロードと出ている心地悪さ。
チンチンと言っているのにタンタンと字幕が出ていたこともありましたね。
で映画は30年前に作られていたら傑作と言えたかも。
いまでは手垢のついたストーリー。
シャラマンの唯一の傑作『シックスセンス』がでてから、どんだけ出たのかなあ、こんな話。
ほとぼりが冷めたと思ったのか、今頃・・・って感じです。
タイトルがすでにネタバレというか、主人公の記憶がすでに嘘だと言っているもんだから・・・ミステリー(謎)とも言えないし、ただ暗い。
だから驚きもない。
主人公が病んでいるのは分かりましたが、感情移入もできない。
残念。
(60点)


口直しに『イット・フォローズ』
5回目ぐらいだろうか?
いやあ、よくできている。
これは『貞子』をルーツとする感染ものの新しいパターンですね。
向こうのB級ホラーって60点越えたらいい作品って言えるレベルなんですが、これは低予算で作った傑作です。
ひどい続編が出てくるんだろうが、期待します。

今公開中の『ドント・ブリーズ』高知ではやらないんですよね。
中四国でもなかったはずですが、今松山でやってるのかな〜。
香川は近いが松山は遠い。

オモシロいホラーは10本に1本もないけど、良質の怖いの好きです。



<追記>
ああそうだ!
去年『記憶探偵と鍵のかかった少女』という映画を何回か見たのだ。
タイトルこれ同じじゃない?(^−^)
こんなタイトルつけちゃいけません。
こっちの現代はANNA。
シンプル過ぎですが、こんな説明よりいいかも。
数回見たのは途中で寝てしまうようなストーリーだったのですが、まだ登場人物(特に主役)は粒が立ってました。
もちろん、内容はもう忘れていますが・・・去年見た映画に上げることも忘れていたくらいですから、なんとなく70点映画だったような気がします。

posted by tadakov at 22:50| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

どんぐり

0201kut07.JPG



昨日は昼ロケハン、ミチエ〜ルは体調不良。

写真展示にメイクルームの掃除をしていたら午前2時。

そして今日前撮り。

急遽入った幼稚園の撮影でリサを出動させ午前中は、アシスタントなしで前撮り。

撮影するまで晴れていた天気が曇り・・・なかなか大変な撮影だった。

カフェにも知り合いのお客さんが来たりして・・・結果良い撮影ができたけどくたくた。



posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする