2017年06月07日

ホウネンエビ

0607honenebi.jpg


今日から梅雨入りだそうである。

最近早朝畑に植えた苗に水をやるのが日課とかしていた私には恵みの雨。

これで適度に降ってくれればありがたいが、そうもいくまい。


さて今頃の季節よく田んぼに「今年もホウネンエビが・・・」などというニュースを聞くものだが、本当に見たことはない。

近所でも生まれてこの方聞いたこともない(70越えのおふくろに聞いても知らないと言う)。

それがうちの田んぼに沸いているのだ。

20mmほどの大きさ。

足を波打たせながら逆さに泳ぐ。

なかなか癒されるのだ。

教えてくれた人によると去年もいたらしい。

なんかレンゲの種をまいておくとそれに卵が混じっていることがあることのこと。

昔は当たり前だったが近年レンゲを撒くところも珍しいのだ。


写真に撮ったのはメスでよく見ると卵を持っている。

posted by tadakov at 12:37| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする