2019年11月11日

猫の修正

1111kagamino.jpg




今うちには4匹の子猫がいる。
春に親猫(ガバ)が5匹生んで、それから3か月2度目の出産でる。
生まれて40日、今飼い主としても一番幸せな時間だ。
日々子猫が成長しているのが分かる。
昨日できなかったことが、できる。
見ていて可愛くてしょうがない。

でウチのインスタに書き込まれていたこと。

「母親が可哀そう」

その人によれが、そんなに連続して出産して母猫の身体が・・・ということらしい。

勝手に可哀そうがられても困る。

動物は本来そういうのもなのだ。
どうも何か間違っているようである。

例えば女性が出産して次の年も子供を産む。
年子だね。
それを、可哀そういうのか?
そんなこと言ったら大変である。

じゃあ猫だからいいのか?
猫はもっとそれが自然である。

猫がペットになったのはいつからだろう。
私にとっては猫は家族の一員であり、また一匹の動物だ。
そもそも猫を飼うなら去勢しろ、というのが人間の勝手な発想だと思う。
猫を飼うなら家から出してはいけない・・・なんていうのが間違っている。
猫を自由に飼えないのなら、そもそも猫を飼ってはいけないのだ。
猫各(人格)を人の都合のいいように変えてはだめだ。


先日ガバがモグラを捕まえてきた。
事務所の床である。
子猫は全く無関心。
大騒ぎしたのはスタッフのリサだけ。

次の日は鼠を捕まえてきた。
死んでいたので子猫は無関心。

昨日は鳥を咥えて来た。
悲鳴を上げたのはミチエ〜ル。

そして今日。
今日もひょっとしたら・・・なんてみんなで冗談言っていたら・・・同じ昼過ぎ、外から中に入れてくれの鳴き声。
何か声がオカシイ。
ひょっとして何か咥えているんあじゃない?なんて言いながら開けると
ネズミ咥えてました。
しっかり生きているやつを。

やっぱり子猫に見せて教育しているみたい。
母猫はエライわ。

ちなみに動いているネズミは事務所の中NGということですぐに出しました。
またもや子猫は気付かず・・・


はたして明日は何を咥えてくるのやら・・・



::::::::::::::::::::



観察していると子猫の習性も一定である。

毎朝3時過ぎに一斉にウンコする。

そして寝ます。

ニオイに起こされる私。


親猫は毎朝6時前後に起きてエサを食べ外に出て行きます。

起こされる私。


大体一晩に3回は起こされる私。


いつも眠たい私。





posted by tadakov at 00:00| 高知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

若い秘密

1110バレエ.jpg




私は人見知りだ・・・とか言っても誰も信じないかもしれないが、他人と話すのは苦手だ・・・と数年前から自己認識している。
前は結構無理していたのだ。
うちのスタッフは知っていると思うが、私は目を合わせるのも苦手だ。
だから知らない人というか、仕事で目を合わせて喋っているのはかなり無理しているのだ。
知人や友人とは逆に気心が知れているので目を合わさない。

で、無理しなくていいや、と思っていたのであるが、立場上そうもいかなくなっている。

バレエ公演の打ち上げ。
隣の舞台監督と話をする。
此方が訊くから答えてくれるのだが、話をするとなかなか普段聞けない話を聞きいた。
ちょっと監督とも距離がちじまったみたい。
で反対側の方とも話。
これまた聞けなかった話をするが、途中、彼は私を5、6才年下だと思ってたらしい。
私は分かっていたのだが、実は彼より一才上なのだ。

つい一週間前の別の席でも同じようなことがあった。
6、7才下の人に同じくらいと思われていた。

これはよくあることだが、何故か?
考えてみるに私の頭が、若い(バカだ)からだろう。
今でも35,6才のつもりである。
考えてることは20代と変わりばえしない。
仕事上おもに応対しているのが、20代後半から30代ということもあるかもしれない。

しかし体力は明らかに60代後半だ(70代かも)。
頭脳は80代あるいは、10代かも。
だからだね。
若く(バカく)見えるのは。

いまだに写真家なりたいと夢を見ている。

努力はせず。
posted by tadakov at 00:00| 高知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする