2019年11月11日

猫の修正

1111kagamino.jpg




今うちには4匹の子猫がいる。
春に親猫(ガバ)が5匹生んで、それから3か月2度目の出産でる。
生まれて40日、今飼い主としても一番幸せな時間だ。
日々子猫が成長しているのが分かる。
昨日できなかったことが、できる。
見ていて可愛くてしょうがない。

でウチのインスタに書き込まれていたこと。

「母親が可哀そう」

その人によれが、そんなに連続して出産して母猫の身体が・・・ということらしい。

勝手に可哀そうがられても困る。

動物は本来そういうのもなのだ。
どうも何か間違っているようである。

例えば女性が出産して次の年も子供を産む。
年子だね。
それを、可哀そういうのか?
そんなこと言ったら大変である。

じゃあ猫だからいいのか?
猫はもっとそれが自然である。

猫がペットになったのはいつからだろう。
私にとっては猫は家族の一員であり、また一匹の動物だ。
そもそも猫を飼うなら去勢しろ、というのが人間の勝手な発想だと思う。
猫を飼うなら家から出してはいけない・・・なんていうのが間違っている。
猫を自由に飼えないのなら、そもそも猫を飼ってはいけないのだ。
猫各(人格)を人の都合のいいように変えてはだめだ。


先日ガバがモグラを捕まえてきた。
事務所の床である。
子猫は全く無関心。
大騒ぎしたのはスタッフのリサだけ。

次の日は鼠を捕まえてきた。
死んでいたので子猫は無関心。

昨日は鳥を咥えて来た。
悲鳴を上げたのはミチエ〜ル。

そして今日。
今日もひょっとしたら・・・なんてみんなで冗談言っていたら・・・同じ昼過ぎ、外から中に入れてくれの鳴き声。
何か声がオカシイ。
ひょっとして何か咥えているんあじゃない?なんて言いながら開けると
ネズミ咥えてました。
しっかり生きているやつを。

やっぱり子猫に見せて教育しているみたい。
母猫はエライわ。

ちなみに動いているネズミは事務所の中NGということですぐに出しました。
またもや子猫は気付かず・・・


はたして明日は何を咥えてくるのやら・・・



::::::::::::::::::::



観察していると子猫の習性も一定である。

毎朝3時過ぎに一斉にウンコする。

そして寝ます。

ニオイに起こされる私。


親猫は毎朝6時前後に起きてエサを食べ外に出て行きます。

起こされる私。


大体一晩に3回は起こされる私。


いつも眠たい私。





posted by tadakov at 00:00| 高知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする