2020年01月31日

写真家の一分

0131south corea.jpg




私が自分を何者かと訊かれれば、「いつか胸を張って自分の作品と言えるものを撮りたい人」だ。

それは死ぬ間際までバタバタしたい。

前もこのブログで独り言したことがあるが、年をとって写真が撮れなくなる

足腰が不自由になって写真が撮れないのどというのは、もともと写真家ではない。

作家は死ぬまで作家でなくてはならない。

極端なことを言えば、眼が見えなくても写真家でいられるはずだ。

自分の作品を一番先にみるのは自分だ。

自分の作品に嘘をついては、やっていけない。


作家をやめたなんていうのは、もともとやってなかっただけである。

だから私なんかは今でも『写真家になりたい人』である。

死ぬまでそれで行けたらと思う(^−^)


だからその一分だけは、守って行きたいし、守らなくてはいけない。



今『ローマの休日』なんてオシゴト的お気楽写真展をやっているが、今年はちょいと何かやってみたい、いくつもたまっているし。



posted by tadakov at 00:00| 高知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

風呂の友

0112yes.jpg




昨晩最後に食べた鳥の軟骨が良くなっかたせいか、急に気持ち悪くなってトイレで吐く。

食後に胃薬を飲んでも消化できなかったみたい。



昔撮影した新婦さんで活字中毒っていうか、兎に角、本が無ければだめな人で、入浴中にも本を読んでるっていう人がいた。

私も本が好きな方であるが、コミック雑誌以外で年間数十冊は購入する。

殆どミステリー、ホラー、SFなのであるが、コレクターではなく基本読みたいから購入する。

しかしゆっくり読むヒマは無く、読むのも早い方ではない。

読めたとして年間10数冊であろうか・・・20冊は無理だと思う。

じゃあ何で買うのか?

読みたいからである。

本が身の回りになければダメなのである。

それも借りて来た本ではダメ。

自分の本じゃないと落ち着かない。

また自分がお金を出して買う本じゃないと真剣に選べない。

だから図書館なんかに行くと取り合えず借りるよかなってしまう。

それがダメなんだね。

結果的に読む時間が無くて積みあがってしまっているのだけど、あくまで真剣に読むために選んだ本たちなのである。



最近読めたのは、去年インフルエンザと中耳炎を併発して一週間近く寝込んだ時であろうか(^−^)

痛い苦しいの合間に7〜8冊読んだのではないか。


数年前に肺炎で12日ほど入院したときも結構読めた。

24時間12日間ずっと点滴しながら本読んでた。


いかん、また話が脱線。


で久しぶりに湯船の中で読書。

『酒の友 めしの友』安倍夜郎である。

まだ読み始めたばかりだが、高知の食材を中心にしたエッセイ集(マンガもあり)みたいだ。

途中子供のころ両親と取ってきたというニナ貝の話が出ていた。

妹さんとのエピソードも出てくる。

なかなか面白い。

他人のことなのに自分の子供のころのことのようになんか懐かしい。

私はちょっと昔のことでも覚えてないたちなので50年くらい前のことなど何も覚えてないというか、ちょっとヒントでももらわないと

思い出せない。


さて妹さんといえば、ミチエ〜ルの大学時代?友達だった人でウチにも何回かやってきた。

娘さんの成人式も撮影した。

そしてミチエ〜ルは、『深夜食堂』の1ストーリーの原作エピソードも提供している。

またマンガが読みたくなった。

そんなことを考えながら読んでいると湯船の中が長くなるんだなあ。


風呂場の読書もなかなかいい。


ただ本がヨレヨレしてくるので、これぞという本は持ち込めないのが残念なのだ。


posted by tadakov at 00:00| 高知 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

世界はカラーで出来ている

0111roma01.jpg



今回は行く前に、カメラの大きさとデータの大きさをどうするかでとても悩んだ。

結果軽さを優先し初めて一眼レフを諦めた。

カメラは速射性を最優先。

するとどうだろう、とっても軽快に撮れ、ファインダーからも完全に解放されてとても楽しかった。

仕事優先、作品優先と自分に言い聞かせば、大きい、重いもなんとかガマン出来るが、

旅行それも作品なんて難しい場合は『小さい軽い』がこんなに良いことだとは思わなかった。

次回は小さい、そして高品質を両立させて6000万画素なんていうのもありか。


今回は普段使わない28mmという画角に慣れるのに少し苦労したが、途中からモノクロモードで撮影し楽しんだ。

最近のコンデジは遊びモードが充実している。

カラーだけでなくモノクロモードもいくつかに分かれているのだ。



0111roma02.jpg



でもやっぱり私はカラーがいいみたい。

モノクロで撮影しても、なんだかなーになっちゃう。

他人が撮っているのを見る分にはいいけど、自分が撮ったものは、なんか勿体ないのだ。

現実はカラーを見ているんだから。

無理にモノクロすることで嘘っぽくなるし、アートしてるみたいでだめだ。

私はカラーでアートしたい(^−^)


出来るかどうかは別にして。



posted by tadakov at 07:41| 高知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする