2020年02月08日

クズのラスボス

0208under.jpg




いつからだろう、「ルールブックに書いてないから、やってもいい」なんてクズ出てきた。

今はそれが当たり前だ。

象徴的だったのが、高校野球で当時無敵であった松井を全ての打席で敬遠して勝ったバカ監督がいた。

あれが高知の監督だった。

高知と言ってもあそこに高知出身の選手なんてほとんどいなかったのだが・・・

その時にルールにやってはいけないと書いてないから問題ないと平気で言う人間がたくさんいたが、そんなクズ人間は友達になれないと選別できた。

それから関東大震災があった。

そこで原発に対する姿勢でこれまた選別できた(^−^)


今では、法律に書いてないからOK、何も考えずに書いてあるあるからNGと使い分けるクズが大勢いる。

不倫がダメ?


誰の不倫がダメなんだ。

ダメなのは、お前自身の不倫だけだ。

関係のない人のことなんか放っておけ。

少なくとも彼らは、お前に謝る必要はない。


どうなってしまったんだろう、一億総クズだ(^−^9


少なくとも私が彼だったら特殊部隊を北朝鮮に派遣し救出する。

日本に向かっているクルーズ船を胸を張って入港拒否なんかしない。

日本人もいるのに助けなくてどうするんだ。

例え日本人が一人も乗っていなくても私は助ける。

少なくても自分がその立場に立てば、自分のこと(自分のお友達のこと)ではなく国民のことを考える。

それが一番の仕事、唯一の指名じゃないか。


もう一つ。

山の自然が鹿によって破壊される?

山の自然って誰にとっての自然だ。

自然を一番破壊しているのは人間だ。

少なくとも山を人工林で埋めつくして自然だなどと思っている高知県人はクズである。

人工林で埋め尽くしているから鹿の食べ物がない。

イノシシが畑を荒らす?

一回イノシイの立場になって考えてみたらどうだ。

紅葉の時期、秋の香川県の山を見てみろ!

美しさに驚く。

本当に残念だ。

高知県のレベルの低さが一目瞭然だ。

自然豊かとは、ああいう山のことをいうのだ。


主語のない「地球にやさしい」なんて言葉を使っちゃいけない。

それって「人間にやさしい」だろうが・・・


自然にを大切にするのなら人間が絶滅するのが一番自然に良いということを忘れてはいけない。

温暖化も一部の人間にとって都合のいいように問題化してるだけ。

自然自身には何の問題もない。



物事は多面的だ。

それを知っていなければ、良いアーチストにはなれない。


私は私の正しいと思うことをする、いや、出来たらいいなと思っている(^−^)とせめて日記には書いておこう。


posted by tadakov at 00:00| 高知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする