2020年07月31日

ニッポン怪談

0731ugurushima.jpg

もう今の日本自体が怪談だ。


そこに無い家に呼ばれる - 三津田信三
そこに無い家に呼ばれる - 三津田信三


『そこに無い家に呼ばれる』三津田信三(中央公論新社)

『どこの家にも怖いものはいる』『わざと忌み家を建てて棲む』に続く三作目。
家の中に幽霊が出る、じゃなくて家そのものが、幽霊。
霊感というものは全くないが、数年前に撮影で言った山の中、何の変哲もない小屋がとても嫌な気持ちになったことがあった。
どこが怖いのか確かめようと中を見たのだが、分からない(中は空っぽ)。
とにかくとても嫌な気持ちになり、何度も後ろを振り返りながらその場を離れたことがある。
ふつう気になる小屋があれば写真に撮るが撮らなかった。
それを思い出す。
前2作にくらべると少し弱い。
(70点)
posted by tadakov at 00:00| 高知 ☁| Comment(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

桃の仕入れ

0727hanzan.jpg




恒例の飯山町に桃の仕入れ。

帰りに中村。

これからミチエ〜ルの寝れない日が始まる。

私は白玉作り。

posted by tadakov at 00:00| 高知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

GO TO クレイジー

0725haruno.jpg




一般観客もいないのでスタンドには人がほとんどいない。

撮影中バッテリーが無くなったので交換。

その後向かい側の通路約400mほど離れたところでカメラを構えるとバッテリー切れ?

今替えたばかりなのに?

替えたバッテリーを見てみると・・・・無い。

バッテリー自体が無い。


最近新しいバッテリーを交換しようとして、電気の消耗したバッテリーをまた入れることがよくある(頭オカシイのだが)。

それはいつものこととして、なんで忘れてくるのだろうか?

私以外いないスタンド。

席を立つとき見れば、物を忘れようがない。

見たはずだ。


しかし落とすなんて考えられない。


果たして、あるはずがない、あったら私の頭がオカシイと思いながら行ってみると

誰もいないベンチにポツンと・・・・



先日無くしてはいけない鍵を無くす。

それも無くしようがない状態で。

その建物の鍵を開ける・・・翌日閉めようと行こうとすると鍵がない。

鍵の管理はとても気を付けている。

でもない。


行動ルートを逆算したがどこにもない。


鍵を出して終う。

そしてまた出そうとすると消えている。

その間何も特別のことしてないのに。



未だに消えたままだ・・・
posted by tadakov at 00:00| 高知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

レンズ貧乏

0724rain02.jpg



いろんな屋外競技は雨で中止になるけど、陸上にそれはない。

雷がならない限りは。

ただ撮影する側とするとえい加減で中止にしてもらいたいのだ。




いろんな事情で70-200mmレンズが足りなくて急遽1本買った。

4本目だ。

同時に4本必要だからしようがない。

100-400mmレンズも近く買おうかと思う。

必要だから。

恐らく1年に数回しか使わないだろうに。




posted by tadakov at 20:07| 高知 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

ソーシャルディスタンス

0723social_dist.jpg



選手、関係者しかしない。

観客はいない。

それでもディスタンス。

馬鹿馬鹿しい、日本。
posted by tadakov at 22:09| 高知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卓球撮影

0722tabletennis.jpg



早朝からの(私に撮って9時からは早朝だ)辛い。

夏休みは始まったらしい。

人の流れが変わる。

カフェに帰ってくると17台のバイクが止まっていた。


夕方草刈り。

邦ちゃんがソフトボールの撮影データを持ってくる。

お祭りも晴れも何もない夏休みが始まった。






posted by tadakov at 00:02| 高知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月21日

0721rainbow.jpg



久しぶりの撮影。

中学総体。

帰りに夕立ち。

普通ならこれで梅雨明けだが、どうも今年は違うらしい。

天気予報は当分雨模様。


posted by tadakov at 00:00| 高知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月19日

机の上

0718portrait.jpg

今カフェではウェディングの写真を飾っている。
来たお客さんは、ほとんど誰も見ていない。
誰も興味がないのだ。
それを見に来ているのではないのだから。

先日同じ町内に暮らしていたのに40年ぶりくらいに合った幼馴染に言われる。
「好きなことが仕事になってうらやましい」
よく言われることだ。
果たしてそうだろうか?

趣味が仕事になり
切れ目がなくなり
休みと言える日は無くなり
かと言って写真家と認められる才能はない。

努力は嫌いだ。
継続なんてくそくらえ!

気が付けば後戻りできない歳になっており
失敗は嫌いだが、成功には魅力がない。
誰もがやっていることには興味がないが、人を蹴落として上に立つことも望まない。

今机の上を少しずつきれいにしている。
机の上をきれいにするには、要らないものを捨て、新たな棚や引き出しを作らなければならない。

少しずつ思考がクリアになってきた。


もう少し入れ物を増やさなければならない。






posted by tadakov at 01:47| 高知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

アオバズク

0716アオバズク.jpg

4年目にての邂逅。
撮影の後「そういえば鳥は・・・」と訊けば『来てます』。
『去年は3羽来てました』
来たら言ってくださいとお願いしていたのに・・・人にお願いしててはいけません、自分のことは自分でしなければ・・・



撮ってきた写真を見る。

このしゃしんですが・・・もう少し面白い写真が撮れないものかと毒づく。

卒業アルバムには、これでもしょうがないか?








posted by tadakov at 00:00| 高知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

切れるもの

0706rain_02.jpg



友人が販売を始める包丁を見る。

新しい包丁は切れるが、それは一時、研いであるものには敵わない。

数年前に勝ったペティナイフを見てもらうと、ものはいいものらしい。

しかし切れ味は落ちている。


切れる包丁で切った玉ねぎは目に沁みない。


夕方指先が痛痒いのでよくみると切れていた。

彼が研いだものは切れる。




posted by tadakov at 00:00| 高知 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

とさちょうものがたり

0706rain_03.jpg



2年ほど前だろうか?

藁工倉庫に置いてあったZINE「とさちょうものがたり」03を手にする。

ちょっとした衝撃を受ける。

行政の作ったものとは思えない出来。

写真がいい。

もちろんそれに合った編集。

上手い写真を撮れる人は沢山いるが、いい写真を撮れるものは少ない。

素晴らしい写真に嫉妬する。

オシゴト写真ではない。

作品だ。

それから何処かで見るたびにZINEを集めていた。

こんなZINEを発行できる土佐町をスゴイと思った。


その写真を撮った写真家がカフェに来ているとスタッフが名刺を持って上がってきた。

良い出会いになった。

新しい物語が始まると嬉しい。
posted by tadakov at 00:00| 高知 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする