2008年12月05日

火の番

081205shiroyama0001.JPG


世の中が・・・なのは政治の責任などというが、今やもう崩壊している猫あの方たちは、「今」自分が何をやっているのかさえ、解らなくなっているとしか言いようがない。
いったいみんなどうすると言うのだろう。




今日は夕方になってどんどん気温が下がってきた。

風呂焚きしながら読書をしている私の背中というか首の上にはシロヤマが乗っていた。

ちょうどマフラー代わりになって良かったのだが、少し重いふらふら


私たちがいい気分(温泉)に入っている間は、代わりにシロヤマが火の番である。

これで焚き物が燃えた後に持ってきて追い焚きしてくれるということないんだが・・・ドコモポイント



posted by tadakov at 23:42| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫写真日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック