2009年02月03日

「つづる」のたこ焼き

0203oni.jpg



恒例の保育園「節分」の撮影カメラ

今年はささやんプラスでミチエ〜ルと3人体制でGOexclamation×2

本当にボランティアですふらふら

それは置いといて楽しい撮影でしたわーい(嬉しい顔)




夕方出来上がりの写真を持って行くのと(行ったら美容室休みもうやだ〜(悲しい顔))その他の雑用での高知市内からの帰り・・・

がく〜(落胆した顔)ひらめき

先日夜ごめんの電車通りを車(RV)ー(長音記号1)っている時にたこ焼きの幟を発見していたことを思い出す(通りすがりだったので店そのものは見えず・・・)。

で寄り道。

ありましたどんっ(衝撃)そぼ降る雨が冷たい中・・・小さな、本当に小さいたこ焼き屋。

名前は無いexclamation&question

ちょっといい感じのおばちゃんである。

値段8個240円(その下もあった)が目に入るが、10個300円を頼みました。さっと焼き台に目を向けると大きさは小さめ。
おばちゃんは、「寒いから焼けたら持っていくから車に入っちょり・・・」と揺れるハート

さて持ってきてもらったたこ焼きは、見た目何の変哲もない。ソースに海苔にマヨネーズ。地味う〜ん失敗か令

ただソースに醤油の香りのようなものが混じっている・・・

ミチエ〜ルが先に手を出す。すると・・・

「おいし〜いぴかぴか(新しい)・・・これはかなり美味しい。『粉もんちゃ』よりはるかにあせあせ(飛び散る汗)好き揺れるハート95点やね。」さっそく得点を与えるヤツふらふら


で私。

う〜む。皮は硬い。パリっexclamationというんじゃなくて少し「硬い」という感じ。それを歯で割ると、なんとミルクのような熱い中身が口の中に広がるのだぴかぴか(新しい)それが、やや硬めの皮と相まって・・・う〜んいいじゃないか揺れるハート この食感は、かなり良い。

そしてやはりソース。醤油の入り混じった、甘ったるくない味。悪くないドコモポイント

皮の好き嫌いは少々意見の分かれるところだが、あの硬さがあってのクリーミーなタコ部屋との出会いが衝撃的なのだ雪雷

ズバリあせあせ(飛び散る汗)(85点)。

そして何よりも強調したいことあせあせ(飛び散る汗)

「もう一回食べたいハートたち(複数ハート)

場所はごめん電車通り。南国ビジネスホテルと西隣のサークルKとの間(すぐ東にも何故かサークルKあり)。道に「たこ焼き」の例の赤旗と「つづる」のカンバンが・・・実はこのたこ焼き屋、喫茶exclamation&questionの駐車場の端にポツンとあるのである。夜だったのでこの喫茶が「つづる」なのか、喫茶は真っ暗・・・どうも閉まっているというより廃業している感じ(定休日かも)・・・なのに白く輝く「つづる」のカンバン、そしてその上に赤い回転灯ひらめき・・・これが不思議なのだ。

まあ次回この謎は、おばちゃんに聞くとして

とりあえず「つづるのたこ焼き屋」としておこう。










posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高知タコ焼き屋の細道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック