2009年06月03日

サティスファクションな一日

0602agirl.jpg



朝、妖怪天狗様から電話をいただき、かなり私のやるせない「怒り」をぶつけさせていただく(話せば話すほど興奮してきて途中でミチエ〜ルに電話を取り上げられましたふらふら)。

理解してくれる友人がいて、かつ通話料が只なのはとてもありがたいわーい(嬉しい顔)



6月のマテホリワールドカップ開催のお知らせ


日時:6月21日(日)14:45〜

場所:有明マテホリ競技場



かつてない広大な干潟に立ちながら塩を投げ込む寸前に玉砕した5月のリベンジ大会でございます。
ご都合の良いかたは、お気軽に参加ウェルカムでございます6



『THE ROLLING STONES - SHINE A LIGHT 』監督マーチン・スコセッシ

県立美術館にての自主上映を見る。
映画は悪くなかったのだが、上映場所が美術館だったのが残念ふらふら
それは音響設備むかっ(怒り)
最近のシネコンはドルビーサウンド・・・サラウンドシステム。
ライブを疑似体験するには、一にも二にも音質なのだあせあせ(飛び散る汗)
上映が終わったときには、少し難聴ぎみになっているふらふら;・・・これが正しいライブ体験なのだどんっ(衝撃)

まあいつもながら高知の文化環境の低さには、住みながら泣きたくなる。
シネコンにもほんとに偏ったラインナップばかりでがっかりパンチ
確か、オープン前には、動員が見込めなくても、良い映画は上映するようなことを言っていたはずなのだがむかっ(怒り)
咽喉元過ぎれば・・・かちっ(怒った顔)

しかしながら毎度良い映画を自主上映してくれる団体の方には頭が下がります揺れるハート

ただ美術館のイスが40分以上は耐えられない形状なのに閉口するだけでございます。



しかしストーンズがまだやっているなんてシンジラレナイですな。
良い意味で「生きたティラノザウルス」を見せてもらったような体験でしたぴかぴか(新しい)
キースが歌い、ミックがギターを弾くのは、ライブに行けて初めて見ることができます。
選曲も「アズ・ティアーズ・ゴー・バイ」なんかが聴けてもうやだ〜(悲しい顔)

カメラワークなんかは、それほど驚くようなことありませんでした。
あと観客がそれなりのセレブの集まりなのかexclamation&questionお行儀がよく、ちょっと盛り上がり方が上品ドコモポイント

私にとって近年のスコセッシは面白くないので・・・他の監督がもっと適任かなって感じですが・・・結果、もろもろのことで「悪くない」という評価でございます。

この間大阪に行ったらU2の3Dライブ映画もやってたなあ。
それもやってもらいたいなあるんるん

(70点)






posted by tadakov at 23:58| 高知 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
むきゅ!!
ボス!!よっちゃんともども参戦いたしまする!!
リベンジw
Posted by ささぷ at 2009年06月04日 01:16
>ささぷ

>>リベンジw

あると思います!


来なさい!(^0^)
Posted by 只幸福 at 2009年06月04日 16:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック