2010年08月09日

Inception

0809harisenbon.jpg


あの『ダークナイト』の監督クリストファー・ノーランが新作を引っさげて帰ってきたexclamation×2

結果はいきなり満塁場外ホームランでした。


『インセプション』

まだこんな映像表現があったのかがく〜(落胆した顔)という驚き。
鑑賞途中、凄いものを目にしているという感覚を得る作品。
SF映画として近年・・・いやあこの手の衝撃を受けた作品は何本もない。
『ブレードランナー」以来かもモバQ
SF、緻密なプロット、独創的なアイディア、それでいてアクション映画。
役者もノーランファミリーとも言える俳優から初お目見えの人までどれも魅力的。
我が日本代表ケン・ワタナベの素晴らしいこと。
すっかりハリウッドスターになっている(昔の三船や丹波哲郎的使われ方でなくてふらふら)。
前回『ダークナイト』で唯一の汚点だった女優のチョイスも今回はギリギリ決定
もはやこれは監督の好みなんだねフリーダイヤルと諦めるほかないたらーっ(汗)
何度でも見れてそのたび新しい発見が出来る映画。
そしてこれも忘れてはいけないのが、音楽るんるん
ハンス・ジマーの奏でるエレクトロニックな交響曲が最高です。
『ブレードランナー』にヴァンゲリスがいたようにこの映画には彼がいたんですね。
私の中では歴代SF映画の中では、BEST5に入るかもぴかぴか(新しい)

久々にオールタイムベスト級の映画にぶち当たりましたわーい(嬉しい顔)

映画好きなら映画館で観なきゃ損する傑作です。
ただこの映画、人を選びます。
うちのミチエ〜ルが見ても、好きとか嫌いとか言う前にまったく意味分からんかももうやだ〜(悲しい顔)

(95点)






posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんです〜?!この魚!(魚?)
Posted by ao at 2010年08月13日 12:02
>aoさん♪

ハリセンボン君で〜す(^0^)

網ですくって観察、あとはまた海にリリースしました。

柏島は凄かったです。
Posted by タダコフ at 2010年08月14日 10:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック