2006年05月25日

決定力不足

suberidai.gif


『けっていりょくぶそく』どの辞書にもこんな言葉は載っていない猫


1.サッカーにおいてあまりに下手でボールをゴールの枠の中に蹴り込むことが出来ないさま(ゴールに結びつく可能性以前のシュート)。

2.ラストパス(シュートのチャンスあるボール)を受け取るとビビッてシュートが、放てないでミスしてしまうさま。

3.サルでも点を入れられる状態においてシュートをはずしてしまうさま。

4.上記のような状態を人前で言うと<差し障り>があるので、オブラート(この言葉も死語?)につつんで誤魔化す言葉。


ワールドカップやオリンピックが、近づくと毎日のようにメディアで取り上げられる言葉であるふらふら


若い人は知らないかもしれないが、この言葉、もう25年以上前から言われている言葉である。

遺伝かいexclamation&questionドコモポイント
おかしくない?
ずうっと決定力不足状態が、続いているなんて・・・
練習の仕方が、根本的に間違えているんじゃない?
日本人ってもともと外国人より器用なはずじゃなかった?

ずっと何の改善もされてないってことかな。(釜本呼んでこいあせあせ(飛び散る汗)


さて昨日夕方NHKのラジオで<小学校における英語教育の必要性>なるものの問題を取り上げていた。
ゲストに慶応大学の教授?が必要性を説いていたのだが・・・

どうもおかしい猫

議論は、導入が必要かどうか?に集中していたが・・・

たとえば

1.小学校から始めることによって早く英語に親しむ、それが必要。

2.それよりも根本の国語(日本語)の勉強が必要。

3.英語をやることによって国語力の低下の恐れ。

いつものように賛成反対の意見が、入り乱れていたわけだがたらーっ(汗)大事なことが欠けているように思われた。


<何のために英語の勉強をするか>である。

どうして英語の勉強が必要か?
何故日本人は、少なくともボクが中学のころであるから、40年くらい前から英語の授業を受けているのに未だに<学校の授業を通じて英語がしゃべれるようにならないか?>ではないか?

教え方が、間違っている?
んなこと明白なのに当たり前の改善がなされていない?
海外のとくに発展途上国と言われるとこの英語の授業で喋れるようになるのに何故?



英語が日常生活で必要としないのに(そういう環境を作らないで)喋れるようになるわけがない。
週一の授業で(ゲームなどを取り入れて遊び感覚で)やっていて覚えるわけがない。

そもそも全員が必要か?

ボクも小6のころ週一で英語塾に通っていたが、まったくの無駄であった。(カタカナ単語を少し覚えただけ)
娘もスイカのことを「うわらめろ」=ウオーターメロンと習ったなどと言っているが、そんな程度のことで英語が喋れる?


<英語と親しむ>程度の心構えで喋れるようになろうか失恋
<英語と格闘>しなければ雷
<何ために英語を喋れるようになるか>そのビジョンが明確に見えていなくてどうして真剣に覚えるようになろう。


それだけ真剣にやらなくては、到底無理である。

しかし、無理だね。
現状では。
日本に住んでいる限り、日常必要ない言葉だから。
私の周りにも英語でしゃべっている人を見かけないし。


誤解を承知で、「結果、英語の授業は無駄である。」と言わせてもらおう。
やる必要がない。
言語は、喋れなくて何の意味があろう。

現状のシステム、カリキュラムでは、無理である。
中学からやっても喋れないから、小学から、いやその前に保育園で<英語と遊ぼう!>の感覚では、もうやだ〜(悲しい顔)

すでに歴史が証明しているではないか。


変えようとしない力。
永遠の決定力不足である。





posted by tadakov at 21:03| 高知 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
英語はしゃべれなくとも世界中を旅行しまくっている人たちをたくさん知っています。
問題は、まともな日本語を使えない日本人がいるということではないでしょうか?

母国語もちゃんと出来ていないのに
よその国の言葉を覚えるわけないジャンと思っています・・・

必要は勉強の元です
そうやって片言の中国語を覚えました

電話も出られない人が
公務員試験に受かってはだめです

・・・

今日は長かったね。
Posted by kenzo at 2006年05月26日 00:45
>kenzoさま

つい学者がバカなこと言っていたので憤慨してしまいました。

ベトナムに友人と2人で旅行したときに、彼はほとんどコミュニケーションがとれませんでした。
オチこぼれのボクと違って、彼は学年で一番勉強の出来たヤツでした。
英語ももちろん。

そのときボクは知ってるだけの単語と筆談で会話?が成り立ちました。(と思ってる)

しかし、そのうえで、あえて<言葉がしゃべれたら>どんなに素晴らしいだろうと思ったことも確かなのです。
明日から一言も喋らずに文字も書かずにいても日本で生きていけるにちがいありません。
ただとても不自由な生活になってしまうことでしょう。

言葉は大事です。

そこのとこ真剣に考えて教育しているのか?
そこに腹立っちゃたりして、頭の悪いおんちゃんが・・・(^0^)
Posted by tadakov at 2006年05月26日 01:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

銀河系軍団 レアルマドリー
Excerpt: ども^^toshio10です。 トラバ&コメントでお世話になっております。
Weblog: 銀河系軍団 レアルマドリー
Tracked: 2006-05-25 21:59