2006年05月26日

そして誰もいなくなる。

toitajimakousaten.jpg

EOS-20D



ついに『Canonが、フィルムカメラから撤退』という記事が出ていた。

フジもフィルムの売り上げは全体の数パーセントだと聞くし、まだ残っている小さな会社もカウントダウン状態なのかなあ。

「フィルムは無くならないだろう」などと言っていたが、どうも怪しい雰囲気になってきていることは確かである。


アナログレコードが無くなって別段困っているわけではないが、とても大事なものを失ってしまったことだけは確かである。

去年100万くらいしたプレーヤー、アンプ類をゴミに出してしまった。
もう一度、レコードが聴きたい。

posted by tadakov at 01:20| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック