2011年08月20日

目の勉強

0820inokuma.jpg


バッテリーを乗せ換えたらすこぶる快調車(RV)ダッシュ(走り出すさま)

丸亀までの往復リッター15km以上をたたき出した。
まあメーター表示なのであてにはならないが・・・


『杉本博司 アートの起源/歴史』丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
行きそびれて遂に最終日、ミチエ〜ルと行ってきた。
それがなんとバサラ祭りと重なって入館料無料exclamation×2
せっかく年間パスポートを買っているのにふらふら初回の『科学』を見逃しているからまだ4回のうち入場料がいったのは1回・・・意味が無い。
「光子的素描」写真の先駆者の一人であるタルボット(1800-1877)のオリジナル紙ネガを杉本がプリントしたシリーズを見れて大満足。
ミチエ〜ルは「スタイアライズド・スカルプチャー」20世紀を代表する洋服を撮影したシリーズがお気に召したよう。なんと糸の一本一本まで解像された写真である。
タルボットの方は一見すると何が写っているか分からないような写真である。
好みはまったく違うのだドコモポイント
それにしても素晴らしい。
技術、クオリティ、オリジナリティに於いて他の追随を許さない。
好き嫌いは別にしてもため息が出る。
自分のちっぽけさを思い知るのであった。
まだスタート台に立ってさえもいないような気がする。
まあ戦ってみなけりゃ、勝てっこない爆弾と、遅くは無いと言い聞かせるしかない猫
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック