2011年09月11日

葉問

0911uchidabunshodo.jpg


2ヶ月ぶりにウエディングフェアで営業。
新しい写真集も発表し新規注文もいただきありがたいことでございます。



昨日のボツネタですが・・・気を取り直して

先日、インターネットから映画のチケットを予約しようすると暗証番号が合わないふらふら私としてはよくあることなので、暗証番号の変更をしようと電話番号と誕生日を入力するが、なんどやってもはじかれる。

しようがないので映画館の窓口で調べてもらうと誕生日が違っているちっ(怒った顔)あせあせ(飛び散る汗)

ちょっと信じられません猫自分の誕生日が違うなんてあせあせ(飛び散る汗)

後日今度はセゾンのお客様インフォメーションセンターに問い合わせると、確かに誕生年月が1年ずれている。
自慢ではないが自分の誕生日を間違えたことなど嘗て一度も無い私。
きっと入力マチガイに違いないと確認すれば、申込書の写しを取り寄せて再度確認してくれました。
すると申し込み用紙には確かに一年違いの年月日で記載されているという返事でした。

一旦は引き下がったわたしですが、どうも電話に出たお姉さんの態度が疑わしい。
ひょっとして自分の重大なミスを隠蔽するために私に嘘をついたのではないか。
よって再度問い合わせ電話今度は別の人に確認してもらう。


るとどんっ(衝撃)

やっぱり一年ずれているふらふら
それでも信用できない私は、申込用紙の写しを郵便で送ってもらうことにしました。

そこには爆弾

私の筆跡で一年違いの誕生日が(正確には初老の天狗さんの誕生日ですね)記載されていました。


ミチエ〜ル犬「あのねえ、誰でもちょっとしたことで間違うことあるって、特に注意力散漫のアナタはむかっ(怒り)

タダコフ猫「何を言いゆうがあせあせ(飛び散る汗)自分の誕生日も分からんなったらお終いであせあせ(飛び散る汗) ひょっとしてこれ、コピーをいいことに5のところを4に書き直してきたんじゃないやろうかexclamation&question


ミチエ〜ル犬「誰がアナタの誕生日ごときでそんな手間かけるのよ足

猫結果免許証のコピーをつけて本来の誕生日に変更手続きしましたが、世の中には不思議なことがあるもんですね〜揺れるハート


犬 「違うだろ爆弾



・・・というお話でした。


みなさんもくれぐれも気をつけましょう手(パー)


犬「アンタだけでしょ失恋






『イップ・マン 序章』監督ウィルソン・イップ 
こんな映画があったとはがく〜(落胆した顔)どんっ(衝撃)
サイコーですどんっ(衝撃)
私の年代であればブルース・リーを初めて見たときの衝撃は分かるはず。
そして私たちが知ったときにすでに彼は故人あった驚き。
『燃えよドラゴン』
『ドラゴン怒りの鉄拳』
『ドラゴン危機一髪』
『ドラゴンへの道』

そしてオマケの『死亡遊戯』・・・
どれも映画としては不完全B級であったとしても彼の存在は唯一無二、未だ李小龍の前に李小龍なし爆弾
私告白しますが、ブルース・リー以外基本的にダメでした。
千葉真一う〜むたらーっ(汗)倉田保明ざんねんたらーっ(汗)ジャッキー・チェン問題外たらーっ(汗)サモ・ハン・キンポー笑うしかなくたらーっ(汗)白人主演はハエの止まるようなアクションに許せずたらーっ(汗)少林寺系映画にはスターが不在たらーっ(汗)トニー・ジャーは自分が監督になりオカシナ方向にたらーっ(汗)
ところがあったのですね猫
ブルース・リー映画の正統、『ドラゴン怒りの鉄拳』の完成形ぴかぴか(新しい)
主人公イップ・マンは実在の人物。
なんとブルース・リーの師匠だった人でございます。
イップ・マン役のドニー・イエンが素晴らしい揺れるハート敵役の日本人将校池内博之もいいじゃないかあせあせ(飛び散る汗)
その他配役も申し分なし。
映像ストーリーに到っては、カンフーアクション映画のレベルでなく一級です。
もちろん主役のイップ・マンの伝記的ストーリーにしては、史実と大きく異なっているところがあります。
イップ・マンが財産を没収され香港に逃げ延びなければならなかったのは、日本軍ではなく、中国共産党の所為であるとか。
しかしそんな風に見てもこの映画の面白さにキズを与えるものではありません。

これは間違いなくナンバー1カンフードラマです。

私は今後アナタの一番のカンフー映画は?と問われると(ブルース・リーは別格として)迷わずこの作品を挙げることとなるでしょう。
さあ、まだ見てない方はレンタルショップに走るべしわーい(嬉しい顔)

(120点)


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自、自分の‥誕生日を!(驚)

先にやられたか‥という悔しき感慨でいっぱいでござる。
とうとう老人力:師範レベルまで到達してしまったようで、なんとうらやましいことか!

しかも‥誕生日をまちがえるという孤高の自沈ネタで、
かくも世間さまをも沸かせてしまうとは、さすが!‥と言わざるを得まい。

それがしも、はやく老境深座に達して‥
自分の名前を間違えるくらいになりたいものでござる。

 ‥‥‥ 追伸 ‥‥‥

12eyes‥これまでになく高き深きに遊ばせていただきました‥感謝。


Posted by 初老の天狗 at 2011年09月13日 01:13
>初老の天狗サマ

過分なお褒めの言葉ありがとうございました(^−^i)

ちなみに12EYESを観に来ていたアシスタントのAゆみ、芳名帳に自分の名前を書き間違えていました。
ボスがボスだからしようがないかもしれません。
Posted by タダコフ at 2011年09月13日 01:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック