2011年11月22日

MONSTERS

1122michiale.jpg


ミチエ〜ルが発見した五輪塔の前で・・・



映画を見に行く間がない。

正確には映画館に寝に行く間ないと言えるかもしれないドコモポイントたらーっ(汗)





『モンスターズ/地球外生命体』監督脚本ギャレス・エドワーズ 出演スクート・マクナリー、ホイットニー・エイブル
制作費なんとあせあせ(飛び散る汗)15000ドルわーい(嬉しい顔)低予算で大ヒットしたと言われてます。
メキシコのモンスター跋扈地帯からアメリカ国境を目指すというドキュメンタリー風のSF作品です。
その昔(って40年くらい前exclamation&question)スピルバーグのデビューのきっかけになった『激突』のことを思い出しました(内容は関係ありませんし、レベルも違います)。
アイディアと行動力さえあれば面白い作品は作れるという見本でしょうかexclamation&question
では120万円で作ったにしては良い映画であるということは認めておいて、気に入らないところを挙げますわーい(嬉しい顔)
まずタイトルが、いけない。
客寄せのためにこのタイトルにしたのだろうが、これを間に受けて期待するとガッカリします。
主人公2人が(というかほとんどこの二人しか出てないのだが)魅力に欠ける。
この方がリアリティがあるというご意見の方もいると思いますが・・・
この映画がこれだけ評価されるってあせあせ(飛び散る汗)それだけ今オリジナルの脚本を持った面白い作品が作られてないということでしょう。
見ても損はしないが、見なくっても損しないという映画でございます(どういうこっちゃパンチ)。

(70点)





posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック