2012年01月02日

X-MEN FIRST CLASS

1230yasudacho.jpg


久しぶりに心置きなくビデオ見れました。

『エレクトリック・ミスト』 監督知りませんふらふら
見るからに面白くなさそうなケースカヴァー。
主演はコーヒーのCMで有名な宇宙人ジョーンズ。
こういう映画困ります、何かありそうで(深そうで)何もない。
監督が三流のせいでしょうか?
ミステリーの作りにしても(この映画はハードボイルドなんて謳ってますがむかっ(怒り))全然ダメ。
暗けりゃ雰囲気があるってもんじゃない。

(60点)


『THE JOYUREI』監督知りません
昔『女優霊』という話題になったB級ホラーがありましたが、そのハリウッド版だという・・・もちろんZ級ホラーに仕上がっているようです。
残念ながら本編1分30秒であまりに酷くて見るのを止めましたちっ(怒った顔)
所詮ハリウッドに日本的ホラー映画をリメイクすることは無理でしょう。

(-60点)





『X-MEN FIRST CLASS』監督マシュー・ボーン
私実は荒唐無稽な映画大好きです。
基本映画は荒唐無稽じゃなきゃだめだと思っているくらいドコモポイント
宇宙人大好き、怪獣大好き、シリアルキラー大好きです。
じゃあ何が嫌かというと・・・いい加減に作っている映画なのだ。
低予算でもOK、もちろん超大作も大歓迎・・・何がダメかというとリアリティを感じられない映画。
で、つい怪物や宇宙人を出す映画の作り手は、「すごいクリーチャー」や「血なまぐさいスプラッタシーン」を出せばストーリーや人物造詣などはどうでもいいと思っているきらいがあるところ。
それが嫌なんですね。
という前置きはこれくらいにして確かにこの作品は、X-MEN史上最高傑作に仕上がっております。
つったってたいしたわけじゃないけどわーい(嬉しい顔)
驚くようなシーンがあるわけではないですが、私は得点高いです。
こういう手を抜いてない映画なら見ても損はありません。
もう少し戦いのシーンに力をいれてくれればプラス10ポイント出来たかもしれません。
誰か『ダークナイト』のような渾身のアメコミ映画作ってくれないかな〜。

(75点)


posted by tadakov at 15:46| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック