2006年09月28日

Pain for jorney

060928charr.jpg



どうもフルサイズの広角に慣れない猫

そういや、この間まで1D MarkUや20Dで撮影していたのだから
28mmでも十分広角に感じるのだあせあせ(飛び散る汗)

おそらく50mmでもけっこう広く感じるに違いない。
修理から帰ってきたら(3度目の修理中、CanonEF50mm/f1.4は、よく壊れる)使い倒してやろう。
ボクもやっと50mmが、使えるようになるかもドコモポイント





映画『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』 

これがなかなか面白い。
俳優トミー・リー・ジョーンズの初監督作品である。
普通俳優の初監督云々なんていうのは、引いてしまうのだが(期待するほうがマチガイ)この題名に惹かれました。

「いったいどういうこと?」なんであるが、これは見てのお楽しみ揺れるハート

最近映画館にかかるハリウッド映画は、2ものかリメイクか、ホラーか、お子ちゃまものばかり(観に行ってますがたらーっ(汗))。

久しぶりに地味だけど、いい映画(ドラマ)に出会えました。
こんなのが、小屋にかかれば日本もまだ捨てたもんじゃないけど、シネコンには一生やってきませんちっ(怒った顔)

ただいま今年一番の映画。
レンタル店で見つけたら是非にるんるん


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック