2012年02月15日

水曜日のトラウマ

0215rain03.JPG


遂に仮病を使ってレッスンを休む夢まで見ましたふらふら

「忙しくて・・・つい」を言い訳にしても一週間は必ずやってくるもので・・・恐ろしいのは課題ができてないことではなくて、練習をまったくやってないことが発覚することです(
musumeの気持ちが今になってよく分かります)。

こんなオトナになってドコモ提供たらーっ(汗)・・・家族が驚く顔を見ながら「やるぞあせあせ(飛び散る汗)」なんて勢いで始めて見たものの・・・


でこんなときのオトナの対応は言い訳をしてレッスン日を一日延期してもらうことでしたパンチ

今日の昼に1時間モバQ 明日の朝2時間ほど練習して行くつもりでございますわーい(嬉しい顔)






日々こんなにやることいっぱいになるとは思ってもいませんでした(つってもホントはこの3倍はオシゴトしなきゃならないだろうな〜もうやだ〜(悲しい顔))。

ミチエ〜ルの写真集の編集チェックをしながら、ちょっと考え方改めねばと思いました。

それは、どんなにシゴトが増えても編集は私がやらなければダメだということ。

これは才能とか、自信とかいうことではありません。

単に現実です。


編集は誰にもできない。

今はまだ私にしか出来ない。

うちはそれでもっているいうこと。

写真撮影はおいおいうちの若い連中にやってもらうとしてもいい気分(温泉)(オジサンもう体力的にダメですもうやだ〜(悲しい顔))こればっかりは、教えて出来るというものではありません・・・わたしも伊達に写真が好きなだけのオジサンではないのだ雪雷



ちょっとオシゴトの流れや分担もまた考えなければ・・・


また忙しくなりそうです。


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック