2012年04月09日

プロメテウス

0409shimanto03.JPG


今日はスタッフ総出で入学式のカメラ

私とAゆみの行った中学、今年赴任してきた教頭犬高校の同級生だったドコモ提供たらーっ(汗)

去年はホントに面白い映画が無かったちっ(怒った顔)
その反動なのか、今年はちょっと期待できるものが並んでます。
33年ぶりにリドリー・スコットがメガホンを取った『エイリアン』の続編exclamation&questionいや前編とも言える作品がやってくる。
予告では微妙なのだが、最近予告編だけ傑作ぴかぴか(新しい)という作品が多いのでふらふら待ち遠しい揺れるハート
リドリー・スコットだから大きく外すことはないんじゃないかと・・・

生きたスペースジョッキーが見られるのかな〜猫

そういや『トータル・リコール』のリメイクも来るらしい。




posted by tadakov at 23:58| 高知 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉ〜! たしかに!
こ、これは‥あの「エイリアン」の前振り的位置づけな映画の様ですねぇ〜ハイ。

今や古典的作品となった「エイリアン」に出てきたあの不気味オモシロ形の宇宙船が出ていて‥
それがし、かなりソソられます。

 怖いですねぇ〜 恐ろしいですねぇ〜

この夏にはたしかバットマン:完結編もありましたか。
いずれにせよ、CGを駆使した凄い映像ばかりに力を入れて「STAR WARS お祭り症候群」に
ハマらぬことを願わずにはいられません。

でも今年は、ハードSF回帰の年になる‥かな? 

いやぁ、映画って本当にいいもんですね。

 ( あっ‥コレ‥水野さんでした。)

ではみなさん、サヨナラ サヨナラ サヨナラ

Posted by 初老の淀川長治13世 at 2012年04月10日 09:10
>初老の淀川長治13世さま

恐ろしい高画質の予告編!(^−^i)時代も変わりました。
本編もほんとうにこんな感じなのでしょうか?
やっぱ、酸性の雨が降り、ノイズ交じりの映像、オイルまみれの宇宙船内、スモークいっぱいの・・・じゃないんですね。
おどろおどろしいけど、無菌の世界・・・みたいな。
ちなみに今回はリプリーのような魅力あるヒロインが見当たらない(今のところですが)気になります。
それとも主役は・・・でしょうか?
Posted by タダコフ at 2012年04月10日 21:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック