2012年08月22日

誰の問題

0820river.jpg


ここは元、村の土地だ。
それが今、市道になっているんだ。
オマエの土地じゃないんだぞ。
市が貸してくれると言ってもワシが許さん。

なかなかこの御仁の頭は都合よくできているようだ。
道を広げるために私の土地を一部提供した。
代々私の家の田畑である。
市道にするために一瞬「村の土地」に変わっただけである。

歴史・・・そんな大袈裟なものではないが、好きなとこだけ切り貼りして、正論と称されても困る。

少なくとも「彼」の土地であったことは、一瞬たりともない。


そもそも彼はこの問題に関係ない・・・
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック