2012年11月01日

竹光始末

1019sunpia006.JPG


もう入ってくるオシゴトは殆ど来年ものになっており遅まきながら手帳を買い足す。

ぜんぜん年を越せる雰囲気じゃないのに・・・ふらふら


『竹光始末』藤沢周平 新潮文庫

『用心棒日月抄』『孤剣』『刺客』と読み直して(素晴らしいぴかぴか(新しい))本書。
なんか先入観があって敬遠していた・・・というか残しておいた一冊。
タイトル作は映画『たそがれ清兵衛』の原作になったもの。
いいわ〜揺れるハート
最近外国ものは年の所為かふらふらすらすら読めなくて、まとまった時間がないと結局途中で挫折してしまうことになる。
特に海外ものは長編が多く、一篇が昔の4冊分くらいあったりするのでダメなのだ。
だから短編がいい。
連作短編集だとベスト。
さあて次は何を睡眠薬にしようかなあ。
(85点)



posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック