2012年11月05日

勇気の翼

1102hokky.jpg


みなさんがお休みの土日祭日は基本撮影、平日は撮影がなければデスクワークその他ふらふら
山と抱えた納品プレッシャーふらふら

好きで始めたオシゴトですがお休みがないといい加減ふらふら・・・いつから休みないんだろ〜失恋

ということで今日は昼ちょい抜けで映画館で熟睡してきました。


でここのところアップしてなかった映画評を・・・

『アウトレイジ・ビヨンド』
最近前作をTVでとって何回か見ましたが、なかなか面白い作品でした。
で今作。う〜ん少し残念。
タケシの映画らしく独特の緊張感。俳優陣もなかなか濃い人たちを揃えてます。
しかし前作のようなユーモアと緊張感、そんなものが欠けてました。
でも鈴木慶一の音楽はいいですね〜。
重〜い映画です。
(80点)


『推理作家ポー 最後の5日間』
熟睡させていただきました。
見てはいけない・・・っていうかせいぜいビデオで我慢しましょう。
主役がジョン・キューザックというところで「アウトどんっ(衝撃)」です。
(20点)

『メン・イン・ブラックV』
あなたが想像する以上でも以下でもない・・・こういうの普通に面白いっていうのでしょうか?
見ても見なくてもいい映画でした。
(65点)

『決闘の大地で ウォリアーズ・ウェイ』
チャン・ドンゴンのハリウッドデビュー作なんだそうですが・・・チャン・ドンゴン知らないしドコモポイントたらーっ(汗)
う〜ん、嫌いな方向じゃないんですが出来はイマドキ、ワイヤーアクションとSFXもろ・・・まあ主役ありきの映画でして・・・
(60点)

『ドライブ』
カンヌで話題になった映画だそうですが、残念。
30年以上前かなあ、その時みた『ザ・ドライバー』という作品を思い出しました。
往年の名監督というか脚本家ウォルター・ヒル監督の出世作ですね。
どう見てもそれ意識してますよねえ。
そのときの主役ライアン・オニールの方がかっこいいです。
(60点)


嗚呼、いい映画を映画館の中で見たい猫



『麒麟の翼』
あまりに綿密に作られたお話なので2時間くらいの映画には収まりきらなかったのかもしれません。
全編捜査というよりトリックや動機の説明を聞かされている気分になる。
どこで驚いたらいいのかがく〜(落胆した顔)どこで感動したらいいのか分かりません。
残念ふらふら

映画の中で犬「やりたいことをやって食べていける。そんなに世の中甘くないよexclamation×2」というセリフが2回出てきます。
耳に痛かったです。
(70点)

好きなことをシゴトにしてたら愚痴は言っちゃいけないでしょうか?










posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同業者には、愚痴ってもいいんじゃない?
Posted by すぷうる at 2012年11月06日 09:10
>すぷうる様

自分はどこに向っているのか?

大きな渦の中心に吸い込まれていきつつあるような絵が浮かびます・・・まあ、自業自得ですけど・・・(^−^i)
Posted by タダコフ at 2012年11月06日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック