2007年04月09日

のこりはなよするこい

_Q5N6662matatabi070409.jpg



メインPCのDVDドライブが壊れ修理に入るもうやだ〜(悲しい顔)
もう一台も前回2年くらいで交換したのだが、こんなに壊れるものだろうかふらふら
まあついでにHDDを増設してもらうように頼む。



佐伯泰英の『居眠り磐音シリーズ』22巻を読破した。
現在『酔いどれ小藤次留書 寄残花恋』シリーズ3巻目を読み終わる。
『居眠り・・・』のほうは、主人公がなかなか品行方正しすぎて(それが良いとこでもあるのだけれど)時々ふらふらだったのが、今回の主役は、爺様侍でハードボイルドぎみ。
次々に襲い来る刺客爆弾
これまた読むにつれて、はまっていくのである。

まいったあせあせ(飛び散る汗)

飽きるまで読み進むしかないのか。
佐伯泰英の小説は100冊くらい出ているはずである。
他の本が読めないのだ。
嬉しい悲鳴なのだ。

そういやこの間遊びに行った友人の居間にキングの『回想のビュイック8〈上〉』が置いてあったドコモポイント
面白かったかなあ?




posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなよめブログがなかなか更新されないのでさみしいです。

ところで、今日の高知新聞で
「花嫁の職場で結婚式」
四万十町自宅近くのオートキャンプ場の「ウェル花夢」にてフラワーウェディング・・・云々という記事。「はなゆめ」は専売特許じゃなくなってしまいましたね(;;)
Posted by 猫魂 at 2007年04月10日 08:29
佐伯 泰英 ‥‥ 100冊!。

うむ、そろそろ覚悟を決めてダイブしようかな。

 ‥‥‥ *** ‥‥‥


なんと! 偶然にも我が家の居間に…

 キングの『回想のビュイック8〈上〉』

…があるのです( ちょっとシラジラしいか )。2階の寝室には<下巻>が転がっていますが、結論から申しますと…

  上巻 ★★★★☆

  下巻 ★☆☆☆☆

つまり…話の”つかみ”は、なかなかにイイのですが、話が進むにつれ”ダレて”きました。正直、最後は惰性で読み切りました。

この現象は、最近のキングを読んで感じる傾向です。もしかしたら…それがしが、キングに”擦れて”しまったからかもしれませぬ。

キングの作品では、ホラー作家である彼の…ホラーではない作品が気にいっています。たとえば…『 スタンド・バイ・ミー 』とか『 ゴールデンボーイ 』など。

S・キング氏… 

今一度、あの往年の”Deepな人間性 ”が欲しい。
Posted by 初老の天狗 at 2007年04月10日 12:18
* コメント:補足 *

ところで… 今日のタイトルの、

 『 のこりはなよするこい 』…って、?


 え~~っと、

 『 残り 花よ する恋 』 …か?

 それとも、

 『 残り鼻よ する 来い! 』…か?

 あ〜〜 わかったぞ!

 これは、密偵に宛てた暗号文だな!

Posted by 初老の天狗 at 2007年04月10日 16:52
>猫魂!

最近いろんなとこで式挙げるよね。
しかしどうもね〜、話題作りに利用されてるって感じがして・・・

PCも復帰したので「はなよめ・・・」もUPしますわ。
よろしく!
Posted by tadakov at 2007年04月10日 17:14
>初老の天狗サマ

キング、『ドランのキャデラック』『いかしたバンドのいる町で』など文庫のカバーがなかなか良いので危うくジャケ買いしそうになるのですが・・・(i^i)
内容は「ウ〜ン」の気がするのです。

それに昨年完結した『ダークタワー』シリーズをついに読んでやれ!と『ガンスリンガー』を手にしたのですが・・・80ページほど読んだとこで挫折しております。

最近、50ページまで読んで心ときめかない本は、どんなに書評で褒められていても、早々に退却するようにしております。

その昔中高生の頃、殆んど読破したアガサ・クリスティの本、物語が動かない最初の100ページ、否2/3が死ぬほど退屈でも最後の謎解きのカタルシスのために読んだものです。
今はこんなこととても出来ない私です。

ちなみに『のこりはなよするこい』は『寄残花恋』の読みでございます。
読めないですって!!!ね(^−^i)
Posted by タダコフ at 2007年04月10日 17:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック