2014年02月20日

20日はアキコの日

0220patrol.jpg


今日の前撮り、新郎は警察官で新婦は警察事務。

朝から白バイが多く、ロケハン中に目の前でも一人、気の毒な方が・・・ふらふら




フィギュアの団体戦、ロシアのリプニツカヤの演技を見たときスゴイexclamation×2と思わず声を出してしまった。
直後中継のリポーターもスゴイと言う。
そして移動した画面が浅田を捕らえると、彼女が幾分上気した顔で高橋に「スゴイね」って言っていた。
もちろん声は拾ってないのだが、口の形で分かったのだ。

そのとき、「ああ真央ちゃんはメダル取れないな」と確信し、翌朝ミチエ〜ルなど周囲のものに怒りを込めて「日本人選手でメダルを取れるのは羽生しかいない」と言ったのです。
羽生は金メダルを取るかもしれないが、その他の選手は無理と・・・。
高橋は良くても6位か7位だろうと・・。

そしてそれは現実のものになろうとしているのですが、私が怒りを持って言ったのは、日本のメデイアに対して。
なぜ日本のメディアは毎回毎回、バカなメダルの勘定をするのだろう。
オリンピックはもっと別の楽しみ方があるはずである。
選手に余計なプレッシャーをかけたり何故するのだろう。

また冷静に見ればメダルを取れるかどうかわからないものに期待をかける、煽る。
正確な報道をしない(実は報道で一番酷いのはスポーツの分野です)。
特にフィギュアなどは、浅田をキム・ヨナのライバルにしたて・・・ロシアにもイタリアにも強い選手がいるじゃないか。
私なんかそんなに真剣に見ているわけじゃないのだが、ちょっと見れば浅田がメダルを取れる状態かどうかなんてわかる(オリンピック行く前からですが・・・とってもらいたいことと、取れることとは別なのです)。

国民性なのか、うんざりする。

オリンピックでは世界最高レベルの戦いを見て楽しまなければ意味がない。
自国の選手の勝ち負けだけ、取れもしないメダルの勘定ばかりするのもいい加減にせいちっ(怒った顔)あせあせ(飛び散る汗)という感じです。

ほんとに羽生のように自分大好き人間だったら(周囲の雑音など耳に入らず)メダルを取れるかもしれないが、真面目選手ほど何か日本を背負わされてプレッシャーに負ける。
可哀想である。

なんで負けて日本国民に謝らなければならないのだ。

浅田選手に謝らなければならないのは、メデイアであり、私たち日本国愚民だろう。

できるなら最後、浅田選手が笑顔が見えるような演技をしてもらいたい。

そして明子あせあせ(飛び散る汗)最後に一発かましてやってくれどんっ(衝撃)
今まで散々無視してきた日本メディアにあんたの意地を見せてやって欲しいと思います。

オジサンは最初からあんたの味方です揺れるハート
今夜は寝ないで応援するぞexclamation×2



人はいつか努力とか練習とか真面目では超えられないものがあるということに気付きます。
それは才能とか素質とか言われ、がんばっただけでは無理なことがあります。

ただ才能とか素質が十分でなくても、やったものには、とても大事な何かが得られると信じます。

私のようなナマケモノには無理ですが・・・猫
posted by tadakov at 23:24| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック