2014年02月28日

凡人の証明

0228corusika.jpg


今日は日常業務、前撮り。

ちょいとした写真なんて簡単に撮れる。
もちろん自分がいいと思ってシャッターを切っているわけだが・・・
ひょっとして自分は写真が上手いのじゃないかと一瞬思う。
もちろんそんなことを思うところが凡人の浅はかさ。

東京である個展を見て、こんなんでよく写真展やれるよな〜、なんて思う。
じゃあ、オマエは、どうなんだ?と声がする。
いやあ自分は違うと思う。
でもそうだろうか?
でも分かる。
ひとつ写真が仕上がった。
テーマは東京。
東京の人には撮れないかもしれないトーキョー。
タイトルも浮かんだ。
こんなに簡単に出来ていいものだろうか?
でも撮れた。
確信する。



EVER AFTER 楢原朝子写真集
前作『Harf awake and harf asleep in the water』(2007)がとっても好きだったのだが、確かドイツの出版社、印刷が良くなかったのとけっこう高かったので買えなかった。
で今回の写真集。
前作の延長線上にある作品集。
日本の出版社。
いやあわーい(嬉しい顔)問答無用で購入。
最初見たときには、やられたなあ〜と思ったけど(犬あんたは何様よむかっ(怒り))自分も同じように撮りたいけど、一度見ちまったらマネになっちゃうのでダメもうやだ〜(悲しい顔)
今買えるものならオリジナルプリントが欲しい作家の一人です。
当面はこの写真集で我慢しておきます(でもこれも高かったふらふら)。

★★★★1/2




posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック