2014年12月28日

魚の骨

1228illumi03.JPG


ここのとこ煽られて日々のことを記しておくのも滞りがち。

先週のこと、もう何時だったか思い出せないが、夕飯のとき、突然ミチエ~ルが犬咽喉に骨がたったみたい・・・見てくれあせあせ(飛び散る汗)猫「またかえむかっ(怒り)」と嫌がる私にピンセットを持たせ・・・見てみると確かに骨がふらふらつまんで引き抜くと驚きましたモバQ
6cmはある骨が咽喉に刺さっておりました。
何でそんなでかい骨飲んでんだよちっ(怒った顔)あせあせ(飛び散る汗)突っ込みながらもビックリでございました。

これから骨の話になるたびに言われることでございましょう。



昨日の夜8時ごろには車のフロントガラスが凍っていましたので雪かと思いましたが、今日は珍しく普通の雨で撮影が流れました。


この秋はバタバタして落ち着いて本も読めませんでした。

とりあえず最近読んだものを挙げると


シフト (上) (角川文庫) -
シフト (上) (角川文庫) -

『シフト(上)』ヒュー・ハウイー(角川文庫)
前作『ウール(上・下)』から続く3部作(らしい)の2作目。
前作がとても話題になったSFなのだが、これはツライ・・・というか前作も文章が荒いと言えば荒かったのだが、そこは今までにないプロットと新人の作ということで新鮮でいい意味その荒さがOKで面白かった。
今回は・・・ダメですね。
過去と未来の2つのストーリーを交互に書きながら進んでいくのですが、どうもよろしくない。
とくに過去の部分が、主人公となる人間をはじめ、登場人物の造形が荒い。
書いてる作者は分かっているのだろうが、読者には伝わってこないのだ。

また世界が滅亡に至った経緯も書き込みが足らず、リアリティに乏しい。
途中を端折ったあらすじを読まされているよう。
前作は地下144階という閉ざされた世界で物語が進行していったので良かったが(それでも144階という巨大な建築物の話のわりには大きさがイマイチ感じられなかった)今回は滅亡前のリアルワールド、そこに小説上であってもの世界のリアル感がなく残念だ。
ホンの数人の登場人物で世界を動かしている。
そしてそれぞれに書き込みが足りない。
そしてなによりも滅亡前の主人公?の輪郭が弱く、共感できない。
これをキングが書いたら滅亡の部分だけで文庫5巻分ぐらいにはなっているだろう。
とても残念ですが下巻を読む気にならない。
(40点)

セメント怪談稼業 (幽BOOKS) -
セメント怪談稼業 (幽BOOKS) -

『セメント怪談稼業』松村進吉(角川書店)
私も数作は読んでいるが、世の中では怪談実話というものがジャンルとして既に確立されているらしい。
作者もその怪談実話をやっているらしいのだが、これはその日常を綴った話。
怪談実話を書いている人の実話でしょうかexclamation&questionわーい(嬉しい顔)
これがなかなか面白い。
怖くて笑える。
(80点)

殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件 -
殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件 -

『殺人者はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』清水潔(新潮社)
まあこれが推理小説ならば傑作というところだが、現実であるというところにやり切れない怒りを覚えずにはおかない。
なぜなのか。
答えは分かっていても変わらない現実。
先日の選挙結果を見てもこの国の国民は・・・
おそらく戦前とまったく変わっていない、いやそれ以上にことは深刻なのかもしれない。
せめて知ることから目を背けない、目をつぶらない。
そうしていきたいと自分自身に誓うしかない。
(120点)


posted by tadakov at 13:24| 高知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
6センチ の骨 が・・ 喉に・・ 

   ・・・・・・ 。

とりあえず私は
陽があがったばかりの外に出て庭に座り 
朝の冷気にあたりました。

しばらく他のことを考えようと努めましたが
わたしの脳内BGMは あの Xファイルのテーマ曲がエンドレス再生。

 
----------- episode SP XF 001------------
 

 S: ちょっと待って! モルダー!
    どこへ行くつもりなの?

 M : オレはこれから高知へ飛ぶ。
    このミチエール婦人という人物が気になるんだ。

 S: ミチエール婦人? 
    あぁ、新聞に出てた6cm の魚の骨の女性ね。
    たしかに 6cm は理解を超えてるけど
    でも私にはごくふつうの主婦にしか思えないわ。

 M: スカリー そこにその女性の資料がある。
    そこにはミチエール婦人が関わったとみられる 非日常的な事件の報告が山とあるんだ。

 S: ちょっと コレって・・「ラフディップ・レポート」じゃない!
    このレポートは国家防衛最高機密扱いのはずよ。

    モーガン あなた・・こんなものをどうやって?

 M: こんなオレでも 信頼をおける友人が何人かはいるんだよ。

    そんなことはいいから早く読んでみたまえ。
   
 S: エエ わかったわ・・このミチエール婦人って・・
    かなり幼い頃から興味深い行動をしているわね。

    運動会ボールリレー脱走、リコーダー偏愛指向、かもめ大旋回騒動・・まだまだあるわ。
    ささいな事ばかりだけど、たしかに人間の行動原理からは少しだけ逸脱してる。

    モーガン。いったい何者なの、この女性は?
   
 M: スカリー、君は優秀だが・・モノゴトを片面からしか見ていない。

    彼女は人間から逸脱しているんじゃない。

    人間に近づこうとしているんだよ。

 S: それ・・どういうこと?

 M: おそらく彼女は " 地球外生命体 " だ。
    それもかなり知能が高い種族だろう。

    そのレポートにある数々の事件が語っているのは・・

    その宇宙からの訪問者が、
    われわれ人類に大いなる関心をもって探求するために,
   
    人間の姿を借りて、ひっそりと・・
    人間社会に溶け込もうとしている姿なんだよ。
   
 S: そ、そんなこと・・って。

    あぁ〜 たいへんだわ! ラフディップが危ない。

 M: いやこれまで彼女は 周囲の人間に対しなんの危害も加えていない・・ばかりか、
    とても友好的といえる。

    今 危ないのは 彼女の身だ。

 S: どういうこと?

 M: 今回の6センチの魚骨事件はタダコフ氏によってネット上に公開されてしまった。

    これは国家防衛部の関心を引くかもしれない。

 S:   私も行くわ! すぐに用意するから・・

 M: 5分で用意しろ。



 |||||||||||||||| 2014 |||||||||||||||||
 

 ふぅ〜 久々に 萌えてしまった。
 駄文長文、ひとりよがりにて許されし候。

 2015年はこのコメント攻撃再開を宣言。
 ツッコミネタ よろしく。

 では 良い年を・
 




Posted by 初老の連邦捜査官 at 2014年12月30日 11:30
>初老の連邦捜査官さま

久しぶりに大きなコメント弾を受け嬉しい限りでございます・・・

ちなみに6センチの大骨は確かに咽喉に刺さってたらしく奥の方5mmぐらいに血が付いておりました。

くわばら、くわばら・・・


:::::::::::::::


こちらラフディップ艦隊は、今日から表向き年末年始休暇態勢に入るも、艦内では未だ作業中・・・掃除終わらず・・・クリカエス、ソウジオワラズ・・・もちろんネンガジョウオワラズ・・・

・・・ドウゾ!
Posted by タダコフ at 2014年12月30日 18:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック