2015年06月13日

平家の里

0612moon.jpg


今日は明らかにこの夏一番の暑さであった。
このむっとした空気、さぞかしホタルが・・・と思ったが、もうホタルは終わりであるふらふら
今年は例年より発生が早かったと岩改の親戚は言っていたが、ほとんどこれといったものが撮れないままで終わった。
でもなんか去年、もうホタルの写真カメラ個展の分は撮れた手(チョキ)なんて言ってたような気がする(どんな写真を撮ったのかもう憶えてないのだがドコモ提供たらーっ(汗))。
困ったもんだむかっ(怒り)

で、夕飯できたexclamation×2の電話をもらい自宅に帰る途中、ふと気になり今年一度も行ってないウチの墓の方へ車を向ける車(RV)ダッシュ(走り出すさま)

着いてみると8時半、ホタルは飛んでいない。
車から降りて暗闇の中しばらく立っていると目の前をキラぴかぴか(新しい)
猫ちょっと離れた田んぼの畦の草むらにぴかぴか(新しい)
でも何か光が弱い。
光り方も何か・・・

ひょっとしてひらめきと車のハザードランプを点けたら案の定そこかしこで光が現れ集まってくる。
あっという間に車に20匹以上、私の身体に10匹以上ホタルが止まる(ホタル人間みたいわーい(嬉しい顔))。

いたのだ、ここに平家ボタルががく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

私と車の周りを乱舞する揺れるハート

よく考えてみたら水田に囲まれているのでゲンジよりヘイケの方がいて当たり前なのだが、思ってもみなかった。
長年気がつかなかったことに驚く。
ここでこんなにいるということは、まだまだ知られずに生息しているところが近くにありそうである。

写真にはきれいではないのだが、面白い写真は撮れそうだわーい(嬉しい顔)

posted by tadakov at 01:00| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック