2016年03月08日

わたしたちの普通って普通じゃない

0307france03.JPG



1月下旬厳寒のパリと言ってもフランスは広い。
南の地中海側や西のボルドーの方とはまったく違う。
よくレンタカーで走りました。
パリを離れるとこちらの春先のようでボケの花や早咲きの桜?などが咲いていました。

当たり前だが最も驚いたのは広いということ(田舎の方ですね)。
360度水平線まで見えるくらい、北海道に行ったときもこれほどには思いませんでした。
基本スケールが違うんですね。
山間の高知から行けばなおさら・・・
日本の約1.7倍の国土面積に6000万人ほどしか住んでいない。

ぶどう畑が先が見えなくなるまで続いている。
これがホントの丘なんだなという丘陵地帯(このあたりの山より遥かに大きい)。
豊かな自然。
農業国なんだと再認識しました。

こういう先進国、アメリカ、オーストラリアや他の国と同じ感覚で競争するということがオカシイということ、日本の行政の根本的間違いを体感しました。
ひょっとしたらこの割合でいけば、日本の人口は4000万人が正常なのかもしれない。
人口減が悪のことのように言われているが、ひょっとしたら出生率の低下は、日本の先進国と比べて数倍と言われる人口密度に対して、動物的に正しい選択なのかもしれない。


ということで昨夜はTR2C(たろまろロックレコードクラブ)2人で盛り上がりました。

今月のテーマは「春よ来い!」
ベストレコードは、チャルが親父のとこからくすねてきた吉田拓郎のLP『元気です』
拓郎の「たどり着いたらいつも雨降り」を初めてレコードで聴きました。

来月のテーマは「花」ですね。
音楽の好きな方、部員募集中です。
レコード持って月イチ、たろまろギャラリーに集合です。
年齢制限性別関係なし(なにしろ部長以外平均年齢30ぐらいです)ロック魂を持つ方(^−^)歓迎!!!


ちなみにフランスは、英国の北に位置するとなんとなく考えてました。
大学試験は地理で受けたのにバカですね。


posted by tadakov at 16:11| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック