2016年03月18日

期待する蛾

0318nakatosa02.JPG


幼稚園の卒業式。
雨ぎりぎりセーフの撮影。
しかしその後が大変、機材は泥まみれ。
雨の中ひな壇を洗いました・・・冷たかった。


謎の古代生物タリーモンスターの正体がついに判明!!
という記事がネットに。
脊椎動物だった!というのが、発見らしいのだが、それよりそもそもその形。
化石があったとは言え、そんな生物がいたというのが信じられない。
ナメクジに尾びれつけて、火星人の目をつけて、ザリガニのハサミのような口をつける。
まるで幼稚園の子供が書いた怪獣よりリアリティない。

ということで水曜日に出ていた記事。
「蜂にしか見えない蛾」新種だったとのこと。
その写真を見て驚く。
去年春先か夏ごろ、事務所の中を飛んでいたハチにそっくり。
ささやんはハチが嫌いだから逃げたが、飛び方がハチじゃない。ユラユラ。
で、それは刺さないから大丈夫なんて言って、シュッとしたか、外に逃がしたか。
珍しいというか、見たことない蜂ではありました。
確かその日か次の日も含めて2、3匹。

ところが、この写真。
新種の蛾。
私の見たものは、なんだったのでしょうか?

今年も出てきてもらいたいものです。




posted by tadakov at 19:50| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック