2017年01月27日

突然ですが・・・

0127afish.jpg



歯の調子が悪い。
先生によると体調が悪いと歯茎の腫れも・・・というが、もはやどっちがニワトリで卵かわからない。
順調に完全無欠の不摂生な生活を送っていることで、両方ともよくならないことは確か。
困ったもんだ。

歯医者に仲良く夫婦で通って帰りに初めてのカフェによって朝昼兼用のランチ。

最近時間があればついでにカフェ探訪してます。
日ごろ自分とこだけを見ていては、なかなか至らないとこ、いいとこを見逃してしまうのだ。
人のふり見て我がふり直せということです。

余りに私らが怪しかったのか、帰り際ミチエ〜ルはお店の人に「飲食関係の人ですか?」問われたそう。
思わずたじろぐミチエ〜ル。
私たちは偵察にいったのではなく、お勉強で回ってるだけですき!!
会話の内容はうちの店のことですから、悪口言ってたわけではありません(誰に言いわけしてるのか)。

ウチのカフェに帰ってみれば、ソファ席を陣取ってオシゴトされてるお客様。
途中でノートPCのバッテリーがなくなったと言って線をつないで5時間・・・うちで打ち合わせに、読書、そのほか友達と井戸端会議、大いにお使いいただいて構いませんが、物事には限度というものがあります。
このことは居心地最高のカフェだったと解釈させていただいて忘れましょう。


最近本を買うときは、なるべく解説や批評、紹介文を読まないことにしてます。
その代わり新刊紹介本やベストテン本は大好きで買います。
要はどんな本が紹介されているかが大事で、紹介されている本の中身は知らないようにします。
だからそんな本は、斜め読みっていうか、飛ばし読みですね。
特にあらすじに触れる部分は、読みません。
そうやって本を選んでいくととっても面白いです。

問題はそうやって読みたい本と読める本の差が10倍くらいあるっていうのが悩みのタネ。
でも人生短し、読めるうちに読むのだ!

ということで久しぶりに本屋に行って見つけた本。
最近は8割方ネットで新刊や古本を購入なのだ。
だって圧倒的に本屋さんにない、というか楽しい本屋さんがないのだ。
問題は書店員さんなんだろうね。
あ、言うまい言うまい。

話は戻りますが、そんな本屋さんでも「え、こんな本あったけ!?」っていう本に出合うことがあります。
『突変』盛岡浩之(徳間文庫)
第36回日本SF大賞受賞作だったんですねえ。まったく知りませんでした。
読んでたかもしれないけど、忘れてました。


突変 (徳間文庫) -
突変 (徳間文庫) -


Amazonで評価を見てたら絶対にポチッとしなかった作品。

本屋で手に取ったから買った作品です。
結果からいいましょう。
面白い!
ジュール・ベルヌを続いて何作か読もうと思ってたところにこれです。
地底世界から突変世界へでございます。
冒険からパニックへです。

読み終わってから初めてAmazonの評価を見たのですが、散々ですね。
☆が一つとか、二つの評価ばかり。
申しましょう。
間違っています。
その方たちは、その他のものの評にもほとんど☆か☆☆。
そういう人がなぜか集まっているんですね〜。

人物描写が浅い?
ありきたりのストーリー?
キングと比べて?
申しましょう。
パニックもので過剰な人物描写に枝葉ばかりのキングよりずっとスッキリ読めます、必要十分。
登場人物にアホ過ぎて感情移入できない?
今の日本、こんな人ばかりじゃないか。
むしろ普通でとてもリアリティがあります(だから感情移入できなかったんだな)。
700ページなのにスピーディ。
キング2000ページにどんなに苦労させられることか。
そしてこのお話は単に3日間の出来事。
これから壮大な『突変世界』の序章と考えれば、わくわくします。
もちろん一つのエピソードとして完結しています。
悪意ある評価が並んでいるか、読み手の問題と考えられます。
読む人にも想像力が必要だということを忘れていると思われます。
本の楽しさは字面を追うことではありません。
映画のようなわかりやすい描写じゃないと耐えられない人、分からないという方。

ということで困ったもんです。

私の好きな異世界の生物も程よく出てきて暴れます。
そして新刊『突変世界 異境の水都』が出ております。
だから本屋に並んでたんだな〜。

『海底2万里』ちょっとお預けでございます。
おすすめ。

☆☆☆☆(82点)

posted by tadakov at 20:28| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446366199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック