2017年01月28日

狂気の山脈の上から

0123france01.JPG




田辺剛の『狂気の山脈にて2』が届く。



狂気の山脈にて 2 ラヴクラフト傑作集【電子特典付き】<ラヴクラフト傑作集> (ビームコミックス) -
狂気の山脈にて 2 ラヴクラフト傑作集【電子特典付き】<ラヴクラフト傑作集> (ビームコミックス) -



薄い。

あと40Pほどほしいところだが、何はともあれ読めて幸せ。

ラヴクラフトの小説がどんな絵になって甦るか?

楽しみでたまらない。


原作を読んでいてなお面白い。

物語は異常な緊張感で進んでいくのだ。



次号を首を長くして待つしかない。

すでに傑作。



++++++++++++++++++



おなじような緊張感のある話を続けて読んでいくと
どっかで気を抜かなきゃやってられない。
ここらでなんか違うものをとふらふら、してると一月くらいあっという間に過ぎるのだ。

読みかけの

『あなたの人生の物語』テッド・チャン
『はだかの太陽(新訳版)』アイザック・アシモフ
『火星年代記(新版)』ブラッドベリ
『スキャナーに生きがいはない』コードウェイナー・スミス
『宇宙飛行士ピクルス物語』レム
『20億の針』クレメント

を手にしてぐるぐる。

どんだけ読みかけなんだ!

次にすぐに入れないところが、苦しい。


ちなみに名作と誉の高い『あなたの人生の物語』はSF映画『アライヴァル』(いやあ、なんかタイトル変わってた気がするのだが・・・)となって今年公開予定です。





わたしはこの物語、落ち着いて読むことができずに、ピンと来ませんでした。
他の作品ももうひとつ好みではないかもしれません。
というか毎日なんかに追われていると刺激のある物語じゃないと届いてこない。

だから読みかけで終っているんだなあ。



一週間ばかり休みをとって南の島で読めば・・・そんなこと一生ありません。


『突変世界』は車の中に置き忘れて

結果今は『スローターハウス5』カート・ヴォネガット・ジュニアのこころだ。


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック