2017年02月24日

特捜部Q

0225sunset01.JPG



歯茎が・・・やばい。
顎までダメでそのうち脳みそまでばい菌回って・・・そうそう脳は元から膿んでました!
安心安心!(^−^)・・・・じゃない!!ですから〜
なんて言ってる場合じゃないみたいな気がします。







『特捜部Q―Pからのメッセージ』
早くも第三弾登場。
とっても面白い映画。
なんでこれ映画館で見れないのだろう。
東京と大阪で1館づつの上映であったらしい。
こんなに面白いのにオカシイ。
ユッシ・エーズラ・オールスンの原作は一作目を読んで、二作目をばあちゃんに読まし、そこから遠ざかっている。
なにせ登場人物の名まえがややこしくて読めないのだ。
英語名じゃないから。
区別つかないし。
しかし、これが映像となると俄然面白くなる。
何語なんだろう。
英語フランス語イタリア語スペイン語でもないし、ロシア語でもない。
その響きがとってもいいのだ。
ああそうだ!
デンマークだ。
コペンハーゲン警察の窓際部署、未解決事件を取り扱う新設部署の心に傷を持つ刑事カール・マークとシリア系の助手アサドとの凸凹コンビの物語。
この二人がいいのだ。
とくにアサド。
いいやつなのだ。
シリーズはもう5作は翻訳されている。
3作目はカールの心の闇が更に深くなっているようだ。
満身創痍。

4作目から再挑戦してみようかなあ。

(85点)
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447444472
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック