2017年04月27日

5DS

0414hakasagasi.jpg



卒業入学のシーズンにはかなりの人を撮影する。

入学記念の写真。
クラス写真。
卒業用、生徒手帳用個人写真。
ざっと1000人くらいは撮影しているんじゃないだろうか。

個人写真、は、まあいい。
数が多いだけ。
問題は集合写真だ。

昔はフィルム。
残念ながら、というか私はフィルム時代に集合写真を撮るオシゴトをしていない。
集合写真はデジタルになってから。
合成という作業が加わった。

大人の集合写真は基本問題ない。

しかし子供は大変だ。
目を開けてない。
これはそれほど問題ない。
そもそもこちらを向いてないのだ。
向かない。
そしてNGポーズ。
これを満足のいく写真に仕上げようとすると大変だ。

画素数も問題。
180人の集合を満足いくものにするには、従来の35mmで2000万画素は物足りない。

どこまでいっても果てがない。

困ったものだ。


しかし、「必要」はまた新しい扉が開く。
見えないと思うけど、今日の写真には中央右に猫が写っている。
これが拡大していくと見えてくるのだ。
くっきりと。

単純に今までの写真の倍の大きさに拡大し鑑賞に堪えられる。
まあ畳一枚くらいにプリントできるということだ。

これはたのしい。



さて何を撮っていこう。

どうやって元を取っていこう。

(^−^)



posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449402277
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック